あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

タグ:6年生に読んだ本 ( 51 ) タグの人気記事

飯塚東小学校6年生

飯塚東小学校読書祭り 10月11日(火)2・3・4時間目

 はじめの挨拶の詩:谷川俊太郎「ご挨拶」
 ①「いしになりたい」かがくのとも2005年11月号 またきけいこ:作 福音館書店
 ②「きみの家にも牛がいる」小森香折:作 中川洋典:絵 エルくらぶ
 ③「落語絵本4じゅげむ」川端誠:作・絵 クレヨンハウス
 ④「はるにれ」姉崎一馬:写真 福音館書店
 ⑤「ぼんさいじいさま」木葉井悦子 ビリケン出版
 お終いの挨拶の詩:八木重吉「心よ」他




 「ご挨拶」谷川俊太郎
  おれ / 生まれたての赤んぼ / 名前はまだない
  母は杉の木だ / 父はアザラシ / でもおれ / 人間だ
     :
     (略)
     :
  以上 / 生まれたので
  世界中の人間さんに / ちょいと / ご挨拶


 「心よ」八木重吉
  こころよ / では いっておいで
  しかし / また もどっておいでね
  やっぱり / ここが いいのだに
  こころよ / では 行っておいで


 『鞠とぶりきの独楽』より無題 八木重吉
 いいゆうやけだ
 じいっと みていると
 かすかに
 くもはうごいている
 そらがうごいているようだ
 空いちめん
 うすくれないとみどりだ


 「鳩が飛ぶ」八木重吉
 あき空を はとが とぶ
 それで よい
  それで よいのだ

f0101679_20441811.gif

 今日は東小学校でのお話会でした。6年生を担当、学校からいただいていたテーマは【命】です。いつも一緒に活動してるF市さんとA子ちゃんと私で担当することにして、上記のようなプログラムを作りました。たくさんあった読みたい本を取捨選択、あれこれ並べ替え、やっぱり差し替え、最後にちょっと詩を足して…渾身のプログラムです。けっこう大人なプログラムだと思ってます。

 といっても、初めて出会う子ども達。どんなふうに受け止めてくれるかドキドキでした。6年生3クラス、それぞれのクラスごと畳敷きのお作法室に子ども達を迎えて、お話会を持ちました。普段入ることのないお部屋、初めての人達。子ども達も私達もいい緊張感で臨めました。クラスのカラーは違っていても、それぞれによく集中して聴いていました。「じゅげむ」では一緒に声をそろえてくれました。くすくす笑ったり、ふっと息をつめたり。最後のクラスの最後のご挨拶、子ども達は静かな声で「ありがとうございました。」と言いました。小さな声ではありません。静かな声です。ああ、心に残るものがあったのだなと思いました。

f0101679_2152968.gif

きみの家にも牛がいる (エルくらぶ)

小森 香折 / 解放出版社

落語絵本 じゅげむ (落語絵本 (4))

川端 誠 / クレヨンハウス

はるにれ (日本傑作絵本シリーズ)

福音館書店

ぼんさいじいさま

木葉井 悦子 / ビリケン出版



f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2011-10-11 20:46 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(2)
6年1組:
「地球のこどもたちへ」 シム・シメール:作 (小学館)
「どうぶつにふくをきせてはいけません」 ジュディ・バレット:作  ロン・バレット:絵 (朔北社)


 6年1組さん、とても落ち着いて聞いてくれました。
 今年度は高学年には「地球のこどもたちへ」を読みたいなと思っています。

f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2011-06-01 20:56 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
4年生:T瀬・N元
「そっといちどだけ」 なりゆきわかこ
「かいじゅうたちのいるところ」 モーリス・センダック

5年生:H・Y下
「地球のこどもたちへ」 シム・シメール
「あくびばかりしていたおひめさま」 カルメン・ヒル

6年1組:F中・T内
「ラプンツェル」 グリム童話
金子みすヾ「こぶとり~おはなしのうたの一~」他

6年2組:F市・A山
「ラプンツェル」 グリム童話
「ちからたろう」 今江祥智


 今年度、大分小学校朝の読み聞かせに参加するのは8人のメンバーです。第1回目の今日は、こどもの読書週間(4月23日~5月12日)にちなんだスペシャルバージョンです。いつもの15分から30分へと大幅に時間延長をしていただきました。各クラスに2名ずつ入り、全員で取り組みました。大分小学校の皆さん、今年度もどうぞよろしくね。

6年1組F中さんが読んだ「ラプンツェル」

ラプンツェル―グリム童話より

バーバラ・ロガスキー / ほるぷ出版

6年2組でF市さんが読んだ「ラプンツェル」

ラプンツェル―グリム童話 (おはなしのたからばこ 16)

内田 也哉子 / フェリシモ出版



f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2011-04-20 22:56 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
「ドキドキをお届け」
 5年生:11月24日(水)2時間目
 6年生:11月24日(水)4時間目


 今回5・6年生には絵本ではないものをと計画しました。最初は「ひみつ」をテーマにしようかと思ったのですが、そうなると範囲が狭まるので、「ドキドキ」。ちょっぴり恋心のお話です。それに声を出す「ドキドキ」も加えたかったのですが、きちんと時間配分を詰めてなかったのがちょっと失敗。よく聞いてくれましたが、「雪女」はもう少し短いバージョンにした方がよかったかもしれません。「消しゴムころりん」は、身近なこととして興味深いお話です。岡田淳「ふしぎの時間割」に入ってます。2時間目、作文の時間の出来事。

朗読「雪女」
朗読「消しゴムころりん」
一緒に声を出しましょう「きりなしうた」


ふしぎの時間割 (偕成社おたのしみクラブ)

岡田 淳 / 偕成社



f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2010-11-25 23:57 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)
6年生:
ロンポポ」 エド・ヤング:作 (古今社)


 6年生にもこの本で。よく聞いてくれました。おまけの1冊は読まずに、似たようなお話として福岡県の民話「天道さん金の鎖」を紹介しました。

 2学期の朝読での読み聞かせは今日でお仕舞い。10月の運動会後から始まって11月で終了なのでちょっと寂しいですが、今学期もありがとうございました。朝読はこれでお仕舞いですが、今日と明日は「秋の読書ミニフェスタ」を企画しています。

f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2010-11-24 20:11 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
 4月23日からの「こどもの読書週間」にちなみ、今日は大分小学校でのスペシャルデーです。朝読の時間は、いつもの読み聞かせより長い25分をいただいて高学年への読み聞かせをしました。低学年はお勉強の時間を1コマ頂いてのスペシャルお話会です。この企画は、前年度に始めたもの。今年も引き続きの企画で、私たちにとってもうれしい取り組みです。低学年の様子は‥ ここで!

4年生:Aちゃん・A山サン
f0101679_845284.gif絵本『あくび』 中川ひろたか
絵本『ねんね』 さえぐさひろこ
絵本『ふしぎなしろねずみ』 チャン・チョルムン
絵本『ねこガム』 きむらよしお


 4年生は「春はねむいねむい」というので選んだ絵本。Aちゃんが大好きな「あくび」から始まり、でも最後はびっくりして、しっかり目の覚めるプログラムです。

5年生:F市さん
f0101679_8481432.gif絵本『よかったね ネッドくん』 シャーリップ
詩「カバのうどんこ」 まどみちお『家族と友だち』より
絵本『ストライプ~たいへん!しまもようになっちゃった~』 デヴィッド・シャノン


 5年生は、今年新しく図書室にやってきた先生も一緒にと思って、まず「ネッドくん」を決めました。そこから思いついたのが「ハプニング」というキーワード。結構行け行けの男の子ネッドくんと、周りを気にしすぎて大変なことになってしまった女の子カミラの対比が面白いと思います。当日、急に先生の参加ができなくなってしまって、実際にもハプニング!


6年生:T瀬さん・私
f0101679_857567.gif絵本『ペツェッティーノ』 レオ・レオニ
紙芝居『のばら』 小川未明
絵本『だるまさんの』 かがくいひろし


 6年生は、修学旅行を控えていたので、自分探しと平和についての作品を選んでみました。どうだったのかなぁ。ちょっと硬いテーマだったので、おまけの1冊ではじけてみました。笑うとまだまだ幼くって、笑顔の可愛い6年生です。いい修学旅行になりますように。
[PR]
by wkikyoko | 2010-04-21 23:50 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
 4月23日からの「こどもの読書週間」にちなみ、今日と明日はスペシャルバージョンです。今日は高学年に向けていつもの読み聞かせより長い25分をいただいて各クラスに入りました。この企画は、前年度に教頭先生が思い立って立案してくださいました。私たちにとってもうれしい取り組みです。それぞれにこの本!というのを選んで読ませてもらいました。

4年1組:(担当 A山)
紙芝居「あひるのおうさま」 堀尾青史:作 田島征:絵 (童心社)
「こどもの読書週間」についてのお話
絵本「マリールイズいえでする」 N・S・カールソン:作 ホセ・アルエゴ:絵 (童話館出版)

4年2組:(担当 F市)
「こどもの読書週間」についてのお話
絵本「はるだ!!もんね。」 木曽秀夫:作 (文溪堂)
「絵本「めうしのジャスミン」 ロジャー デュボアザン:作 (童話館出版)

5年1組:(担当 H)
「こどもの読書週間」についてのお話
絵本「時計つくりのジョニー」 エドワード・アーディゾーニ:作 (こぐま社)
絵本「うそうさぎ」 谷川晃一:作 (福音館書店)

6年1組:(担当 O川・T瀬)
「こどもの読書週間」についてのお話
絵本「しりとりあそび しろとくろ」 星川ひろ子・星川治雄:作 (小学館)
絵本「ゾウの長い鼻には、おどろきのわけがある!」 山本省三:作 喜多村武:絵 (くもん出版)
絵本「フリッチス ふしぎな色の旅」 ジラルド:作 (セイイエス)

6年2組:(担当 F中・A子)
「こどもの読書週間」についてのお話
絵本「がちょうときつね」 ジャック・ケント:作 (リブリオ出版)
絵本「ねえ、ほんよんで!」 レイン・マーロウ:作 (徳間書店)
絵本「ねえだっこして」 竹下文子:作 田中清代:作 (金の星社)
素話「小さな赤いおうち」 アメリカのお話


あひるのおうさま (紙芝居ベストセレクション)

堀尾 青史 / 童心社


マリールイズいえでする

ナタリー・サヴィッジ カールソン / 童話館出版


はるだ!!もんね

木曽 秀夫 / 文溪堂


めうしのジャスミン

ロジャー デュボアザン / 童話館出版


時計つくりのジョニー

エドワード アーディゾーニ / こぐま社


しゃしんであそぼ1 しりとりあそび「しろとくろ」 (しゃしんであそぼ 1)

星川 ひろ子 / 小学館


ゾウの長い鼻には、おどろきのわけがある! (動物ふしぎ発見)

山本 省三 / くもん出版


フリッチス ふしぎな色の旅

ジラルド / セイイエス (発行元 桜風舎)


がちょうときつね (復刊みんなで読みたい絵本)

ジャック ケント / リブリオ出版


ねえ、ほんよんで!

レイン マーロウ / 徳間書店


ねえだっこして

竹下 文子 / 金の星社


[PR]
by wkikyoko | 2009-04-22 10:39 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(2)

6年2組:
「ロンポポ」 エド・ヤング:再話/絵 (古今社)
たまのりひめ」 牡丹靖佳:作 (福音館書店)


6年2組さんにおられたのは教育実習の先生かな?一緒に熱心に聞いてくださいました。が、1組さんでは喜んでくれた「たまのりひめ」は、2組さんはあまりお好みではないようでした。残念。
[PR]
by wkikyoko | 2008-10-15 20:12 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
6年1組:
「ロンポポ」 エド・ヤング:再話/絵 (古今社)
たまのりひめ」 牡丹靖佳:作 (福音館書店)


 「ロンポポ~オオカミと三にんのむすめ~」は中国の昔話をもとに作られた絵本。赤い色を背景にして立つオオカミ。じっとこちらを見つめる厳しい表情。ページをめくると、「世界中のすべてのオオカミに捧ぐ / 汝、人間(ひと)の世の闇を示す徴として / その名を貸し与えしゆえ」という献辞。運動会の代休が開けた日の朝一番で、教室は少しざわついていたけれど、だんだんと集中してくれた。子どもをだまして母親の居ない家に入り込むのは「オオカミと七ひきのこやぎ」に似ているが、オオカミと娘のやりとりは「赤ずきんちゃん」を思わせる。しかし、中国の赤ずきんちゃんたちは、自分の才覚で危機を乗り越えるのだ。神秘的な絵にも惹きつけられる。

 「たまのりひめ」は、こどものとも年少版だけれど、独特の絵とリズムのよいテキストを、6年生も受け入れてくれた。「だから、何?」なんて考えちゃいけない。ただその世界を楽しんで欲しい。
f0101679_1437100.gif
 今日から、2学期の読み聞かせの始まり。7人のメンバーのうち6人参加で各クラスに入った。読み聞かせ終了後、図書館で読んだ本の見せあいっこ。まいごのどんぐり」「うえにはなあにしたにはなあに」「ててちゃんなど、私も気になっていた本が揃った。「まいごのどんぐり」は、何だか泣きそうだった。としょかんライオンもあった。「新しい本ばかりじゃなくって、20歳を過ぎた基本的なものも大事だとよく分かった。」とぐりとぐらを持ってきたのはTさんだった。
[PR]
by wkikyoko | 2008-10-08 14:00 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(4)
6年1組:
からだのみなさん」 五味太郎:作 (福音館書店)
「トンちゃんってそういうネコ」 MAYA MAXX:作 (角川書店)


みんなの前で読みながら気付いたんだけど、2冊とも男の子の本でした。おちんちんばかりでごめんなさい。でも、6年生の男の子がニコニコしながら聞いてくれたのでうれしかったです。もちろん女の子もよく聞いてくれましたが、こういう時ってなんとなく、女の子の方がお姉さんに感じちゃうね。「トンちゃん‥」は低学年でも読みます。今日は6年生だったので、作者からのメッセージまで読んでみました。でも、どうだったんでしょう。本当に必要だったかしら?
[PR]
by wkikyoko | 2008-06-04 18:33 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)