あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

タグ:6年生に読んだ本 ( 51 ) タグの人気記事

f0101679_21493121.jpg朗読「ネコ」 星新一
絵本「うきわねこ」 蜂飼耳・牧村千穂
絵本「ねこガム」 きむらよしお
わらべうた「おくやまに
群読「注文の多い料理店」 宮沢賢治


 飯塚東小学校の読書フェスタに参加。去年のプログラムを喜んでいただいていたので…というか、自分達が大好きなので、やっぱり「注文の多い料理店」を持って行きました。今回は3人バージョンで読みました。

 途中のブレイクに「ねこガム」とわらべうたでの手遊び。とっても素直に喜んでもらって、手遊びも積極的にやってくれて、こちらも嬉しくなりました。「ねこガム」は、こどものとも年少版ですが、どこに持って行っても喜ばれます。ゆっくり絵を見せてくださいね。

ねこガム (幼児絵本シリーズ)

きむら よしお / 福音館書店


[PR]
by wkikyoko | 2013-11-22 21:53 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(1)
6年生のプログラム
   ストーリーテリング「エパミナンダス」
   ストーリーティング「くわずにょうぼう」
   ストーリーテリング「石になった狩人」
    …担当は苅田町のF井さんです。(5時間目)

f0101679_23381559.jpg
大分小学校恒例、秋の読書フェスタです。今年もたくさんの方にご協力いただきました。

[PR]
by wkikyoko | 2013-11-06 23:29 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)
6年生:
「イカはいかようにしてもイカだ」 ジョン・シェスカ:作 レイン・スミス:絵 (ほるぷ出版)


 6年生にも「イカ…」本を。クスクスではなく、ニヤリといった反応でしょうか。5年生よりも少し薄い反応というか、大人な対応。でも、読み終わった後にはやっぱり絵本のところにやってきて、読んでない話をチェックしている6年生でした。

 まず題名が「?」だったりするのですが、イカやタコって欧米でのイメージは悪いんですね。海底に潜む不気味な生き物ってことで、タコなんてデビルフィッシュとも呼ばれてるでしょう。なので、「イカはいかようにしてもイカだ」とは「嫌な奴はどうしたって嫌な奴」といったところでしょうか。
[PR]
by wkikyoko | 2013-05-22 09:33 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
毎年恒例「こどもの読書週間」にちなんだスペシャル企画です。
今年は、初日の4月23日に実施。高学年は朝読の時間を延長して行います。

4年生:テーマは「おっとびっくり」 Y下・H
 「はらぺこねこ」・「おおきなおとしもの」
 「月火水木金銀土日 銀曜日になにしよう?」・「びっくり水族館」

5年生:テーマは「ちょっとむずかゆい」 F中・E市・A山
 詩「初恋」・「小さな愛のうた」
 「からだがかゆい」・「がちょうときつね」

6年生:テーマは、「くよくよしないで」 E藤・M浦・T内
 「ほら、いしころがおっこちたよ、ね、わすれようよ」
 「おはよう、ぼくだよ」・詩「つけもののおもし」


f0101679_19263263.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2013-04-23 19:27 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
f0101679_10131532.jpg6年生:
群読「注文の多い料理店」 宮沢賢治


 昨秋取り組んだ「注文の多い料理店」を、ぜひ6年生にも聞いてもらいたくて、朝読の時間を延長して頂いて読みました。群読は迫力もあり、聞き手はもちろん読み手もとても楽しいです。あっこちゃんの扉がとてもいい感じに雰囲気を盛り上げています。6年生よ~く聞いてくれました。ありがとう!

 指折って数えたら、飯塚東小学校お話会スペシャルで6年生のクラス毎に3回。大分小読書フェスタで5年生に。ちくほ図書館まつり大人のためのお話会。そして今日。6回読んだことになります。

 写真は、東小の作法室です。最初は本当にもうドキドキでした。回を重ねてもドキドキですが、「またどこかでやってもいいよね~っ♪」「違う作品の群読もやってみようよ!」と盛り上がってます。呼んでいただければ行きますよ。ホントかな?
[PR]
by wkikyoko | 2013-01-16 10:20 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
4年生【ブックトーク:みあげてごらんおつきさま】おはなしポッケ:2時間目
 「ぼくお月さまとはなしたよ」フランク・アッシュ:作 (評論社)
 「月のかがく」えびなみつる:作 中西昭雄 (旬報社)
 「こんにちはウーフ」神沢利子:作 井上洋介:絵 (ポプラ社)
 「うそつきのつき」内田麟太郎:作 荒井良二:絵 (文渓社)
 「火よう日のごちそうはひきがえる」R・エリクソン:作 L・フィオリ:絵 (評論社


ぼく、お月さまとはなしたよ (児童図書館・絵本の部屋)

フランク・アッシュ / 評論社

月のかがく

えびな みつる / 旬報社

こんにちはウーフ (くまの子ウーフの童話集)

神沢 利子 / ポプラ社

うそつきのつき

内田 麟太郎 / 文溪堂

火よう日のごちそうはひきがえる (児童図書館・文学の部屋―ひきがえるとんだ大冒険シリーズ 1)

ラッセル・エリクソン / 評論社




5年生【不思議な世界へ】あそびっこ(F市・F中・H・M浦・Y下):4時間目
 素話「空をあげて」ポール・ワグナーが語るネイティブ・アメリカンの昔ばなし
 絵本「がいこつさん」五味太郎:作 (文化出版局)
 朗読劇「注文の多い料理店」宮沢賢治:作
 詩「お経」阪田寛夫 & 「遊びっこ版・お経」


がいこつさん (日本の創作絵本)

五味 太郎 / 文化出版局

注文の多い料理店―画本宮沢賢治 (画本宮澤賢治)

宮沢 賢治 / エフ企画




6年生【ねむいねむいのお話会】あそびっこ(A山・F中・N元・O塚):5時間目
 絵本「はやくはやくっていわないで」益田ミリ:作  平澤一平:絵 (ミシマ社)
 朗読「木の生えた花嫁」ノルウェー民話 セイモア・チュウエスト:絵 (福音館書店)
 朗読「きりなしばなし」梶山俊夫:作「きりなしばなし」より(福音館書店)
 絵本「ことろのばんば」長谷川摂子:作 川上越子:絵(福音館書店)
 絵本「よあけ」ユリ・シュルヴィッツ:作 (福音館書店)
 朗読「狼と飛脚」梶山俊夫:作「きりなしばなし」より(福音館書店)


はやくはやくっていわないで

益田ミリ / ミシマ社

木のはえた花嫁―ノルウェーのむかしばなし (ワンス・アポンナ・タイム・シリーズ)

西村書店

絵本きりなしばなし (日本傑作絵本シリーズ)

梶山 俊夫 / 福音館書店

ことろのばんば (こどものともコレクション2009)

長谷川 摂子 / 福音館書店

よあけ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

ユリー・シュルヴィッツ / 福音館書店


[PR]
by wkikyoko | 2012-11-06 23:59 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)
f0101679_785841.jpg 昨年に引き続き、今年も6年生へのお話会を担当しました。1学年3クラスなので、1組から順に3回頑張りました。最初のクラスは私達の緊張が伝わったのか、子ども達も緊張の面持ちでしたが本当によく聞いてくれました。他のクラスも、よく集中して楽しんでくれたと思います。PTA担当のFさん達にも、今年もまたお世話になりました。

 テーマは、「不思議な世界へ…」です。宮沢賢治の「注文の多い料理店」の群読に挑戦。A子ちゃんがとても素敵な看板とドアを作りました。


プログラム:
詩「きみはねこのともだちですか」 長田弘
絵本「ふしぎなナイフ」中村牧江・林健造:作 福田隆義:絵
朗読「ネコ」 星新一「きまぐれロボット」より
絵本「海は広いね、おじいちゃん」 五味太郎:作・絵
群読「注文の多い料理店」 宮沢賢治
絵本「つきよ」 長新太:作・絵


f0101679_7212069.jpg
f0101679_7232239.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2012-11-02 23:50 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)
6年生:
「空をあげて」 ポール・チェ オクテン・ワグナーが伝える民話


 ちょうど1か月前ほど聞いたポールさんのお話が面白くって、6年生のみんなの前で語ってみました。ちょっとだけ参加型の要素もあります。なかなか素直に参加できないお年頃ではありますが、興味深く聞いてくれたと思います。「ハイチカ!」というご挨拶も最後にしあいました。

 人間が暮らし始めるよりもっとずっと前のお話。空はとっても低くって、みんなの頭のちょっと上ぐらいしかありませんでした。それで動物たちは困っていました。何とかして空をもっと高く上げようと考えました。動物みんなの協力のもと、無事に空は上がるんだけど、空だけでなく地上にあった歌までが空の上に上がってしまいました。何とか歌を取り戻そうと…

 というお話。面白いのは繰り返しの回数です。日本の昔話をはじめ、世界のお話での繰り返しは3回と思い込んでいたのですが、ネイティブ・アメリカンのお話では繰り返しの回数は4回です。4というのが彼らにとっては神聖な数字であり、世界を統べる数ということなのでしょう。このお話も4回の繰り返しが登場します。
[PR]
by wkikyoko | 2012-10-31 13:04 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
 こどもたちにもっと本を!との願いから、「こどもの読書週間」​は1959年(昭和34年)にはじまりました。もともとは、5月​5日の「こどもの日」を中心とした2週間(5月1日~14日)で​したが、2000年より、今の4月23日(世界本の日・子ども読​書の日)~5月12日になりました。

 ってことで、今日は、大分小学校で「こどもの読書週間」にちな​んだお話会スペシャルです。1~3年生は授業時間を1コマ頂いてのお話会。4~6年生は朝読の時間を延長してのお話会。マルサンファクトリーで作ったおそろ​いTシャツで頑張ります!

4年生:T内・H
「りゅうのめのなみだ」 浜田広介
「しろいうさぎとくろいうさぎ」 ガース・ウイリアムズ
「雨ニモ負ケズ」 宮沢賢治

5年生:M浦・F中
「虔十公園林」 宮沢賢治
「雨ニモ負ケズ」 宮沢賢治

6年生:Y下・F市
「おじいさんの旅」 アレン・セイ
「ストライプ」 デヴィッド・シャノン
「雨ニモ負ケズ」 宮沢賢治


f0101679_2344785.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2012-04-25 22:09 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
はじめの挨拶の詩:谷川俊太郎「ご挨拶」
①「いしになりたい」かがくのとも2005年11月号 またきけいこ:作 福音館書店
②「きみの家にも牛がいる」小森香折:作 中川洋典:絵 エルくらぶ
③「落語絵本4じゅげむ」川端誠:作・絵 クレヨンハウス
④「はるにれ」姉崎一馬:写真 福音館書店
⑤「ぼんさいじいさま」木葉井悦子 ビリケン出版
お終いの挨拶の詩:八木重吉「心よ」他


 私達が担当した6年生は、先月の飯塚東小学校と同じプログラムです。(ただ、八木重吉の詩は、私は前回と違う詩を読みました。)大分小学校の6年生もとても熱心に聞いてくれました。この日は校長先生もずっとお部屋にいて一緒にお話会を楽しんでくださいました。
f0101679_21361592.jpg


     「貫ぬく 光」 八木重吉

    はじめに ひかりがありました
    ひかりは 哀しかったのです

    ひかりは
    ありと あらゆるものを
    つらぬいて ながれました
    あらゆるものに 息を あたえました
    にんげんのこころも
    ひかりのなかに うまれました
    いつまでも いつまでも
    かなしかれと 祝福(いわわ)れながら

[PR]
by wkikyoko | 2011-11-09 23:42 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(2)