あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

チンドン屋にはまる

f0101679_121553100.jpg 写真は、「筑豊文化体験子ども教室」ちんどん屋ワークショップでお世話になっている安達ひでやさんの本です。ワークショップの前後に聞かせていただいた安達さんのお話(チンドン屋さんになるまでの経歴等)が面白くて、お願いして本を持ってきてもらいました。そしてしっかりサインもいただきました。面白くって一気に読みました。やっぱりチンドン屋さんって奥が深い!

「笑う門にはチンドン屋」 安達ひでや (石風社)
   著者はあのイカ天でブレイクした「たけのうちカルテット」のリーダー。
   現在、日本でも屈指の若手チンドン屋「アダチ宣伝社」の社長さんだよ。
   本書はチンドン屋定番曲集CD「チンドン・グレイテストヒッツ!」も付いて
   たったの1500円+税!買わなきゃ損々。読んで聞かなきゃもっと損!
   ‥チチン・ドンドン‥
[PR]
# by wkikyoko | 2006-09-17 10:06 | 読書(その他) | Trackback | Comments(0)
-教室パート1- ちんどん屋ワークショップ
  飯塚の商店街を昔は練り歩いていたちんどん屋さん。
  プロの指導を受けて、目指せ、筑豊子どもちんどん隊!

☆今日のウォーミングアップ。
    柔軟体操は顔の筋肉も鍛えようとにらめっこを取り入れました。
    楽しく発声練習。高い声・低い声・普通の声で言ってみるとどうかなぁ?
f0101679_1694532.jpg
f0101679_1695657.jpg
☆チンドン太鼓も上手に叩けるようになりました。
    メロディー担当の楽器も揃ってだんだん本格的になっています。
    チンドン太鼓のリズムを聞きながら机で自主トレする熱心さです。
    口上は、来年行う「忍者祭り」の参加呼びかけを練習しました。
f0101679_1623196.jpg
f0101679_16231765.jpg
f0101679_16233175.jpg
f0101679_16354147.jpg
☆南京玉簾も人気の的。みんな交代で練習に励んでいます。
    5種類の形をマスターするのが目標です。
    失敗しても大丈夫。絡まった玉簾をきれいに整えるのも慣れたもの。
    周りの子は手拍子をたたき、口上を一緒に言いながら応援します。
f0101679_1640488.jpg
f0101679_16402165.jpg
f0101679_16403733.jpg

f0101679_16434141.jpg
 最後に南京玉簾と音楽&宣伝口上の発表をしました。お客さん代わりのお母さん達もびっくりするくらいの上達ぶりです。あとは、いつも笑顔を忘れずに!

★講師アダチ宣伝社:安達ひでやさん



        付録:チンドン太鼓をアップで見るの図f0101679_15582468.jpgf0101679_15583619.jpg
f0101679_15584959.jpgf0101679_15585940.jpg
[PR]
# by wkikyoko | 2006-09-16 16:46 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(2)

新聞記事は難しい

f0101679_1523393.jpg
 上は9月16日付け西日本新聞筑豊ワイド版の記事です。記事にしていただくのはありがたいのですが、自分達の行ったものと記事になったもののニュアンスが違っていると、???となります。最初に見出しが目に入り、「曲に合わせ歌や行進って、どこのイベントだったのかしら?」と思ってよく見たら、なんと9月10日の「秋の始めのコンサート」の記事でした。
 えっ、この前のコンサートってこんなふうじゃなかったよ!今回に限らず、私達のことをきちんと書かず「子育て支援グループ」とか「子育て中の母親」とか、何だか通り一遍のイメージだけで記事を書いているのではと疑わずにいられないこともしばしばです。「記者は足で書け」と言われます。現場に出向くのはもちろんのこと、その場に出向いたら心をまっさらにして、そこで行われていることを見て聞いて感じて欲しいものです。
[PR]
# by wkikyoko | 2006-09-16 09:05 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(0)

祭りの晩の怪しい雰囲気

f0101679_142563.jpg そういえばちょうど放生会の季節よね、お祭りの夜はワクワクするよね、ということで、今日のお話会の1冊に「わにわにのおでかけ」を選びました。そして私にとって、放生会といえば見世物小屋。見世物小屋といえば宮沢賢治の「祭りの晩」。写真は3年前の放生会で撮ったもの。見世物小屋とお化け屋敷がありました。入りたいけど入れないそんな世界‥‥

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ガラス絵の宮沢賢治〈1〉「祭りの晩」 児玉房子:絵 (草の根出版会)

 亮二が秋祭りの晩に山男に逢った話。インチキ臭い見世物小屋。掛茶屋で食った団子の代金を払えず、困り果てている山男。亮二は思わず自分の小遣いを差し出した。それから‥‥この季節になるといつも思い出すお話です。
[PR]
# by wkikyoko | 2006-09-15 14:58 | 読書(絵本) | Trackback | Comments(0)
始めの歌 「あたまかたひざぽん」
わらべうた 「ダイドー」「一里二里三里しり」
       「じーじーばー」「にぎりぱっちり」
紙芝居   「おさじさん」 松谷みよ子:作 瀬名恵子:画 (童心社)
絵本    「おつきさまこんばんは」 林明子:作 (福音館書店)
パネル   「こんこん小山の」
絵本    「わにわにのおでかけ
         小風さち:作 山口マオ:絵 (福音館書店)
終りの歌  「さよならあんころもち」


 今月のお話会のテーマは「秋の夜」。朝夕はすっかり涼しくなり、虫の音も聞こえる夜、そっとお出かけするのもいいかもしれません。

 ‘05・12月生まれの女の子と‘06・2月生まれの男の子とママ達、合わせて4人のお客さんです。それぞれ旧穂波町高田と飯塚市柏森から。人見知りの始まった月齢で最初は緊張いていた赤ちゃん達も、だんだんと雰囲気になれて楽しくお話会に参加することができました。「本当にこんな赤ちゃんから楽しめるんですね。」と始めて参加のママの感想です。
 私達がやっているお話会は、0歳児からゆったりと楽しめるよう、また一緒に来たお母さん達にもくつろいだ気持ちで参加してもらえるように心がけています。わらべうたは同じものを何回も繰り返し、ぜひおうちでも赤ちゃんと一緒に口ずさみながら遊んでねと思っています。まだ首の座らない赤ちゃんも一緒に楽しむ事もあります。どうぞ赤ちゃんと一緒に遊びに来てください。
[PR]
# by wkikyoko | 2006-09-15 14:29 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)
おやすみ前に覗いたら‥‥

古いホームページのアクセスが10000を越えてました。
初心者にも扱いやすくて、いっぱい情報載せてます。
ちょっとうれしい!でももう更新不能なの。 ソフトは「ホームページninja8」

新しいホームページはねぇ、入力が面倒で、
思うようにレイアウトやページ間のリンクができないのです。
慣れなくっちゃいけないんだろうけどね。 ソフトは「ホームページビルダー10」
[PR]
# by wkikyoko | 2006-09-13 23:39 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)