あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2018年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

going our way

ちょっと青春映画っぽくないですか?
登場人物はあれからずいぶん年をとりましたが、まだまだ続く私達の道。
f0101679_0202868.jpg

若い世代にもつないでいきたいな。
f0101679_0245952.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-03-31 00:21 | つどいの広場いいづか | Trackback | Comments(0)

内野の春

小さな駅にも山のお寺にも春が来ていました。静かな春です。
f0101679_232195.jpg
f0101679_233481.jpg
f0101679_234580.jpg
f0101679_235582.jpg

そして3月の忘れ物。
f0101679_243942.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-03-29 23:58 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(0)

小人のお花見

小人さんになってお花見して来ました。
f0101679_16302853.jpg
f0101679_16303946.jpg
f0101679_16304923.jpg
f0101679_16355093.jpg

こんな方にも逢いました♪
f0101679_1637561.jpg
f0101679_1645018.jpg



どこかというと、向こうに見えるあの建物が目印です。「めくばーる」で探してね。
f0101679_16402429.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-03-26 16:41 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(0)

朝倉へ行こう♪

 年末のニュースで復興応援券のことを知り、お正月開けたら求めるつもりにしていました。うっかりして1月15日の締切日を逃してしまったのだけど、第2時募集に応募して手に入れました。朝倉市内のお店で使えます。甘木駅に併設の観光協会で買ったので、まずは近くの和風レストラン大番でお昼ご飯。その後、近くの商店街をお散歩して秋月まで足を延ばしてみました。桜もあちこちで咲き始めています。
f0101679_1133932.jpg
f0101679_11353944.jpg

消火栓の蓋は郷土玩具の豆太鼓バタバタです。
f0101679_11383640.jpg

矢野飲料工業所って何だか懐かしい名前。中をのぞくとラムネやサイダーのケースがありました。
f0101679_11405279.jpg

確かな品をお届けする…って看板に惹かれてお買い物。上村里屋、こだわりの品揃えです。
f0101679_11433511.jpg

秋月の入り口近くに新しくできた直売所の名前はあきづき市場です。
f0101679_11461146.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-03-24 23:25 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(3)

モリモト製パンとAsiac

 川のそばにかわいいパン屋さんがオープンしました。お友達の間で話題になってたので、遅ればせながら行ってみました。天然酵母のパンだそうです。お昼用には小ぶりのフランスパンに野菜たっぷりのサンドイッチ。それから食パンとラスク。食パンはふんわりで、袋から出したすぐは天然酵母の匂いがしますが、焼きあがりはパリッと&もっちりでいい香り。ラスクは…お友達に上げました♪ 美味しかった?
f0101679_172070.jpg
f0101679_173268.jpg



ラスクをあげたお友達は、ここここ、ここにいま~す。久しぶりのAsiacは、春爛漫!
f0101679_115736.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-03-23 23:58 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
 飯塚市各所で開催中の雛のまつりもいよいよ終盤。メイン会場のひとつになっている嘉穂劇場の今年の目玉は巨大なおきあげ雛です。羽子板に付けられた半立体の押し絵みたいなお雛様。狭い家にも飾れるというので庶民のお雛様とも呼ばれていますが、嘉穂劇場の舞台上にど~んと鎮座しているおきあげ雛は豪華で華やか。作者の正治さんは日本一の大きさで作りたかったんですって。大きいことはいいことだ!
f0101679_971544.jpg
f0101679_972472.jpg

 お雛様に使える左大臣・右大臣・三人官女・五人囃子・仕丁は、歌舞伎の浮世絵をモチーフにした、こちらも巨大な絵。よく見かける浮世絵なのにちょっと違う雰囲気なのは、それぞれに雛人形のお道具などを身に着けたり手に持ったりしているからです。たとえばこの左大臣、何がお雛様グッズかわかりますか?ちょうどお客さんの波の引いたときに行き合わせたので、浮世絵の人物を描きながら発見したことなどを正治さんに色々と聞きながら見学することができました。正治さんは会期中ほぼ会場にいらっしゃるそうなので、浮世絵トリビアはぜひご本人からお聞きください。 
f0101679_9164193.jpg

さてさて、もう一度おきあげ雛を見て見ましょうか。斜め後ろから…真横から…大きいね!
f0101679_924687.jpg

 ところで嘉穂劇場には、正治さんのアート作品ばかりでなく、嘉穂劇場の女将さんコレクションの雛人形や古い時代の歌舞伎人形も飾られていて、こちらも大変興味深い展示です。でもって今回注目したのはこちら。江戸時代は贅沢禁止令の出たころのものなんですって。小さな小さな和風ジオラマ!比較対象を入れてないので大きさわかりにくいと思いますが、スマホくらいかなぁ?お人形にいたってはマッチ棒より小さいです。これは休憩処、とろろ汁が名物なのかな。他にもいろんな風景場面のものがあり、どれも精密にできています。お見逃しされませんように♪
f0101679_940235.jpg

 そしてそして!小さいといえばこれ!久々のrien村の村民さん方。一番小さい人をお家につれて帰りました。rien村のお母さんにも久しぶりにお会いできて嬉しいな。第18回いいづか雛(ひいな)のまつりは3月27日までです。
f0101679_9424927.jpg
f0101679_950142.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-03-21 23:46 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)

川辺に立つ

素敵と…
f0101679_7491114.jpg



可愛い♪
f0101679_7494211.jpg



そんでもって、次の日の朝ごはん
f0101679_8541534.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-03-19 20:59 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(0)

森のお雛様と金太郎

f0101679_842689.jpg お雛様を見に行きました。というより、お雛様が飾ってある小さな通りを歩きに行きました。久留島武彦記念館にもまた行きたかったし。記念館は2回目なので案内はいりませんと言ったのですが、案内員さんがいつの間にかそばに来られて、ついついおしゃべり。話に花が咲きました。

 森町の小さな通りは日曜日でもひっそり静かでした。それがまたいいのです。数少ない営業中のお店の名前は「金太郎」で、名前のとおりに店内は金太郎コレクションがたくさん。中でも立派だったのが陶製のこの方です。とり天とだんご汁が一度に楽しめるかぐや姫セットをいただきました。そうそう、店内の土間には360ccの可愛いレトロ車が鎮座していて、走れるように整備はされているそうですが、やっぱり走るのは大変なのですって。

f0101679_8454253.jpg
f0101679_846888.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-03-18 23:29 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(0)

ポチっとな♪

初夏を思わせるような日もあれば、寒さに震える日もある3月。今朝は三郡山のてっぺんに雪。
f0101679_8452461.jpg



それでも春のスイッチはあちこちでポチっとな。
f0101679_8473636.jpg
f0101679_8474558.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-03-17 08:51 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
f0101679_1344838.jpg  072.gif プログラム 072.gif
お名前を呼ぶわらべうた「ぼうずぼうず」
わらべうた「ずくぼんじょ」
絵本「どのはないちばんすきなはな?」
    いしげまりこ:作 わきさかかつじ:絵 (福音館書店)
絵本「ありさんどうぞ」 中村牧江:作 林建造:絵 (大日本図書)
わらべうた(布)「じーじーばー」「にぎりぱっちり」
紙芝居「いもむしころころ」 長野ヒデ子:作 (童心社)
わらべうた「いもむしごろごろ」
おしまいのわらべうた「さよならあんころもち」


 今日のおはなし会のテーマは「お花と虫」。
 うふふ、ジャバラのボディのいもむしさんは、大分小学校の図書室で見つけたものです♪
[PR]
by wkikyoko | 2018-03-16 13:04 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)