人気ブログランキング |

あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2006年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

らも中毒

 帰省中。のんびりと近所のショッピングセンターに行って買った本は中島らも「休みの国」(講談社)です。なんでかなぁ?何気な~く文庫本の棚を順に見ていると、中島らもが「買って、買って」と私を誘うんだもの。

 1年365日のうちに500以上の記念日がある。その記念日についての中島らも的なこじつけ(?)エッセイ。笑っちゃう。薀蓄なんってひとつもなくて、記念日の謂れにも触れてなくって。いかにも中島らも。2004年、(酔った挙句の?)不慮の事故で死んじゃった中島らも。お嬢さんのあとがきがちょっとせつなかった。
by wkikyoko | 2006-12-30 23:56 | 読書(その他)

はや20年

f0101679_10474938.jpg 今頃になって追われるように年賀葉書を書いています。この一年を振りかえり‥振りかえりついでにずっと前のことまで思い出していたら‥そうだ、私達が奈良からこちらへ引っ越してきてもう20年なんだ!と気がつきました。

 1986年12月に夫が関西の某電気産業を退職して、翌87年2月よりこちらで新しい仕事に就くことになって、1月末の寒~い日にお引越ししてきました。雪が積もってました。職場の人事にも不動産屋さんにも近くの商店街の人にも、「よく来たね、怖くないからね。」みたいなことを言われ、どれだけ恐ろしい地にやってきたのかしらと驚きました。でも、実際は人情に厚い土地柄で、少しも怖い目にあわず、友人知人にも恵まれて今までやってきました。今ではすっかり筑豊人です。

 写真は20年前の貧乏旅行のガイドブックとヨーロッパ鉄道の時刻表。無職の間の充電にヨーロッパ巡りをする予定でした。荷物を空港に送って明日は出発!という段になっての突然のアクシデントで幻の旅行となってしまったもの。その冬のフランスは記録的な大寒波で、大規模な停電があったり、交通機関が麻痺したり、凍死者が出たり。「行かなくってよかったね。」と慰められたけれど、それでも行きたかった。行って大変な目に遭ってみたってよかったのに。20年たってもやっぱりぐずぐずとその時のこと思ってる年末の私です。
by wkikyoko | 2006-12-29 11:12 | 日々の事など
f0101679_2148495.jpg 来年1月4日から始まる田川市美術館「ワイワイワールドえほん展」のプレ企画・絵本の登場人物になりきって参加する仮装パーティーに娘2人と一緒に参加しました。

f0101679_115778.jpg



 Mちゃんはコップちゃん&くつしたくんを抱っこして。Nちゃんは長くつしたのピッピ風。私は「おっと合点承知之介」の忍者です。忍者なので写真には写っておりません。Mちゃんたちのお隣は美術館の学芸員Aさんとぼうや。Aさんの御主人は、MちゃんNちゃんがお世話になったALT。いろんなとこで繋がってるのね。

左の写真は、この企画の仕掛け人からすちゃん。「カーニバルのおくりもの」のハーレキン君になりきってます。
f0101679_1151933.jpg
f0101679_1153175.jpg
f0101679_1154287.jpg
f0101679_150266.jpg
f0101679_1514083.jpg

by wkikyoko | 2006-12-27 23:55 | 行事・お出かけ
f0101679_23572770.jpg なりきり仮装パーティの参加者の特典は一足お先に展示作品を見れること。

 マーシャ・ブラウン、モーリス・センダック、トミー・ウンゲラー、ビアトリクス・ポター、マリー・ホール・エッツ、あべ弘士、長新太、和田誠、スズキコージ、田島征三、100%ORENGEなどなど。たくさんの原画に圧倒されそうでした。

 1/20:あべ弘士さんお絵かきワーク1/28:100%ORENGE講演会も楽しみ!応募者多数の場合は抽選です。最近、くじ運はどうだったけ?
by wkikyoko | 2006-12-27 23:50 | その他の鑑賞

「のだめ」三昧

f0101679_0442515.jpg

「のだめカンタービレ」
1~16巻一挙に勢ぞろい!
Nちゃんが借りてきました。
ありがと~♪ありがと~♪
by wkikyoko | 2006-12-27 23:38 | 読書(その他)

「のだめ」最終回

 のだめカンタービレ終わっちゃいましたね。原作は知らなかったけど、個性的で濃ゆ~い登場人物がたくさん出てきて、それぞれにぴったりのはまり役の役者さんで、それが一番面白かった。主役の2人はもちろんだけど、ミルヒーも真澄ちゃんもよかったよね。谷岡先生もハリセンも好きだった。龍太郎の親父も。佐久間学役のミッチーの演技がちっともわざとらしく感じない程みんなべたべたになりきってるんだもの。いっそ気持ちよくはまれました。毎回の音楽も楽しかった♪ま、最終回は最終回って感じではありましたけど。それに、これで終わっちゃうのは、留学後の話になると制作大変だからかなと思ったり。けど、スペシャルでヨーロッパ編も見てみたいなぁ。
 ところで、Nちゃんと話してて気づいたんだけど、我が家で見るテレビドラマは、コメディーというか極端な設定のものが多いです。「西遊記」とか「奥様は魔女」だとか、ちょっと古くて「ショムニ」とか。ここまで極端だとつっ込みも入れながら思いっきり楽しめるものね。あ~、「のだめ」終わっちゃってやっぱり寂しいなぁ。Nちゃんがお友達からコミック借りてくるといっているので、今はそれが楽しみです。
by wkikyoko | 2006-12-25 23:46 | 日々の事など

Merry Christmas!

Merry Christmas!
 明日の朝、この大きなくつしたくんにどんなプレゼントが入っているかな?
 ブログをお訪ね下さった皆様も、よいクリスマスを!
f0101679_20101864.jpg

by wkikyoko | 2006-12-24 20:12 | 日々の事など

岸田今日子さん逝く

 岸田今日子さんの訃報が昨日報じられた。12月17日逝去、享年76歳。
 私にとって岸田さんといえば「ムーミン」かな。他にリアルタイムで楽しんだのは、「傷だらけの天使 」「犬神家の一族」「八つ墓村」など。「大奥」は大人の番組!だったので見てないと思うけど、独特のナレーションが一世を風靡したことは覚えている。最近では、「奥様は魔女」での「さくらおばさま」が可愛かったね。独特の雰囲気と存在感のある女優さんだった。一度舞台を観たかった。
 岸田さんには他に作家・エッセイスト・俳人としての顔もある。父岸田國士、姉岸田衿子。谷川俊太郎を「俊太郎ちゃん」と呼ぶ仲だし、吉行和子・冨士眞奈美が俳句のお友達だし。すごいなぁ。恵まれた環境に才能を思う存分開花させたという印象だ。いつまでもお元気でますます独自の世界を展開されるものと思っていただけに、惜しまれてならない。だって岸田今日子さんなら、「126歳で現役」と聞いてもちっとも不思議じゃない気がするでしょう。

大人にしてあげた小さなお話

岸田 今日子 / 大和書房

子供にしてあげたお話 してあげなかったお話

岸田 今日子 / 大和書房


by wkikyoko | 2006-12-21 10:45 | 読書(その他)

岸田今日子さんの絵本

ちょっとまって」 佐野洋子:絵 (福音館書店)

f0101679_1113271.jpg ネズミのシムくんは、お母さんのお使いで仲良しのまゆさんの家へ。途中、タンポポ・リス・キツネ・カメたちに次々とまゆさんへの用を頼まれて、忘れないようにと色とりどりのリボンを体に結んでもらうのだが‥‥。お嬢さんの持っていたしましまネズミが主人公。岸田さんが愛娘まゆさんに語ったそのお話を絵本にしたもの。まるでミルンとクリストファー・ロビンと「クマのプーさん」みたい。

 写真は、以前、シムくんをイメージして作った編みぐるみ。絵本の裏表紙にはちゃんと本物のしましまシムくんが描かれています。まあ似てはないんだけど、縞の色にはこだわってみました。
by wkikyoko | 2006-12-21 10:28 | 読書(絵本)

岸田今日子さんのCD

「おはなししてよ かあさん~小さな娘のために」 (コロムビア)

 岸田さんが当時3歳だった愛娘まゆさんとのやり取りを録音したもののCD。岸田さんが語るお話にまゆさんの幼い声が楽しそうに応える。歌も素敵。本当にお家の中で親子で楽しく過ごしている雰囲気がとてもよく伝わってくる。聞いているととても幸せな気持ちになるの。
by wkikyoko | 2006-12-21 10:23 | その他鑑賞(映画等)