あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

カテゴリ:わいわいキッズ(鑑賞)( 165 )

地域公演、盛況でした。

【子どものための地域舞台公演!】
○△□とたまご型でつくる みにくいあひるのこ (くわえ・ぱぺっとステージ)

 6月23日㈯①11:00 ②15:00 飯塚市役所 多目的ホール
 6月24日㈰③11:00 ④15:00 桂川町住民センター 2階会議室

 参加費:ひとり1000円(3歳以上)※当日200円up

 地域公演で一番嬉しいのは、顔見知りの子達が揃ってやって来て、舞台を見て笑い転げたり、しんみりしたり、熱く応援したりしてるその場に、みんなで一緒にいれるってことかな。2日間で4回あったステージは、どの会も満員御礼。いつもの顔、お久しぶりの顔、新しい顔…たくさん集まりました!これを機会に、1回限りでなく続けて生の舞台に触れていって欲しいな。写真は私達の担当回の様子です。

f0101679_232714.jpg
f0101679_2315532.jpg
f0101679_2321751.jpg
わいわいキッズいいづかでは、随時会員募集中!

[PR]
by wkikyoko | 2018-06-24 22:52 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)
この記事は、6月24日まで上に来るようにしています。最新の記事は次からです。

 一度観たらとりこになっちゃうつげくわえさんの人形劇がやってきます。前回は2016年3月の「じくろうぼうや月夜のぼうけん」でしたね。生の舞台を観ることは、子どもの心の成長や感性をはぐくむ貴重な体験です。くわえ・パペットステージの人形劇は、可愛くて楽しくて本当にお勧めなのです。ぜひ足をお運びください。

f0101679_1074824.jpg
日時   2018年6月24日(日) 14:45 開場 15:00 開演
場所   桂川町住民センター2階会議室
主催   飯塚南ブロック地域舞台公演実行委員会
     (特)こどもと文化のひろば わいわいキッズいいづか

チケット   3歳以上ひとり1000円(当日200円UP)
       (3歳未満のお子さんも参加できます)

[PR]
by wkikyoko | 2018-06-24 15:00 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)
久々のひとみ座人形劇でした。舞台を観る前も観た後も思い切り楽しめました♪
f0101679_73486.jpg
f0101679_735764.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-05-16 23:59 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)
f0101679_23512280.jpg

人形劇団プークのロングラン作品。マリオネットのマルーシャが可憐でした。マルシャーク作の戯曲「森は生きている」でよく知られているスロバキア民話を元に、自然の厳しさと人間の尊厳の大切さを伝えています。絵本だと丸木俊さんの絵の「12のつきのおくりもの」が好き。
[PR]
by wkikyoko | 2017-12-01 23:49 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)
f0101679_7235797.jpg

 10月5日にあった低学年部の鑑賞作品は、人形劇団むすび座「地獄八景亡者戯Ⅱ~じんたろうと眠り竜の巻~」でした。上方落語の「地獄八景亡者戯」とは違い、主人公の少年じんたろうの見た地獄はタイムスリップで行った第二次世界大戦時の惨禍でした。村を守るという言い伝えの竜は、空襲に遭った町に雨を降らせ、燃え盛る火を消し止めました。村を守る竜なら、それだけじゃなくて敵をやっつけてよ、何故そうしないの?と、最初は思っていたじんたろうですが…というお話。

 明日は衆議院の総選挙の日です。戦前に近づくことのないように!
[PR]
by wkikyoko | 2017-10-21 23:49 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)
 人形劇団「ののはな」さんの乳幼児向け作品。最年少は2ヶ月のお譲ちゃんで、0~3歳の子ども達がママに抱っこされながらほのぼのと楽しい時間を過ごしました。ののはなさんの穏やかな語りかけ、お人形のしぐさや反応は本当にちっちゃな子どもそのものです。短い時間の中にお楽しみがぎゅっと詰まっていて、少し大きな子達は舞台に一生懸命声をかけ、ママ達の笑い声もあちこちから沸きあがります。終演後は、撮影大会。さっきまで舞台の上で動いてたお人形によりそってもらって、みんなにこにこご機嫌でした。よかったね。

f0101679_17113339.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-09-09 16:48 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)
 待ちに待った「ねずみくんのチョッキ」でした。併演の「スカーフのファンタジー」も素敵。わいわいキッズでは、お芝居や人形劇を観るだけでなく、それを観るまでの間も観た後もワクワク詩ながら楽しみます。今回はスカーフ人形を作って遊びました。ねずみくんの折り紙も折ってみました。なりきりコーナーも楽しかったね。

人形劇が終わったところ。お人形さんたちとの撮影タイムが始まります。
f0101679_12205949.jpg

みんなの作ったスカーフ人形。会場にたくさん飾ってありました。
f0101679_12204633.jpg

「ねずみくんのチョッキ」の絵本そのままに。ねずみくんやねみちゃんになってみました。
f0101679_12233346.jpg

今回も素敵な手作り看板でしたね。
f0101679_12252773.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-05-26 23:56 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)
この記事は、5月26日まで上に来るようにしています。最新の記事はこの下です。

わいわいキッズいいづか5月の舞台鑑賞例会は、人形劇団プークの「ねずみくんのチョッキ」です。
5月26日(金)19:00~ イイヅカコスモスコモン展示ホール 対象は乳幼児~小学校低学年・おとな

f0101679_0183347.jpg

★★★会費等★★★
入会金:200円 会費:1300円/月 保険料:100円/年 その他、別途参加費がかかる場合も

ひとりひとりが会費を出し合い、みんなの手で運営しています。
0歳のお子さんも入会できます。会費は1歳の誕生月より発生します。
入会したら、4ヶ月以上の会員継続をお願いします。

★★★ 問い合わせ先 ★★★
NPO法人こどもと文化のひろば わいわいキッズいいづか 0948-28-7319(開局日…月・木・金)

[PR]
by wkikyoko | 2017-05-26 19:00 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)
f0101679_2262796.jpg

f0101679_22474762.jpg わいわいキッズいいづか4・5月の高学年舞台鑑賞例会は、演劇企画二人の会の作品でした。二人の会の濱崎けい子さんは宮崎在住の女優さんで、長年に亘り舞台で活躍されるかたわら、朗読勉強会の指導もなさっています。現在上映中の映画「しゃぼん玉」にも出演中。

 「人を喰った話」は、昭和30年代の東北が舞台。公務執行妨害や名誉毀損や爆発物取締罰則違反など諸々の容疑で取調べを受ける老婆。何とか罪を認めさせようとする検察官や書記とのやり取りが笑いを誘う舞台です。話が進むうちにいったい本当の悪者は誰なんだと。したたかに生きる老婆にばんざい!

 小学4年生以上から参加できる高学年例会。最初は「あれ?どんな話?」と戸惑った子もいましたが、だんだんに舞台に引き込まれていくのがわかりました。併演の「のはらうた」は、みんな大好きな作品。今回はたくさんの打楽器によって、のはらうたの世界をより楽しく表現されていました。
f0101679_22505014.jpg
f0101679_11233323.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-04-29 23:59 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)

言葉遊びワークショップ

 わいわいキッズいいづか、次回の高学年舞台鑑賞例会は舞台劇『人を食った話』です。濱崎けい子さんと男優二人が登場して繰り広げられる物語です。公務執行妨害と名誉棄損と脅迫及び爆発物取締法違反の疑いで取調べを受ける婆っこ。嘘は何にもついてないのに、話せば話すほど凶悪犯と思われていく。田舎の婆っこと東京からやってきた年若い検事さぁ。間を取り持つのは地元採用の年配書記…。2年前の「濱崎けい子の泣いて笑って70年!」での上演も大好評でした。乞うご期待!

 という訳で、えっ、濱崎さん?そう、濱崎さんです。朗読勉強会で長年お世話になっています。次回の鑑賞例会では『人を食った話』の他に、リクエストを受けて『のはらうた』の世界も楽しんでいただく予定。そこで、例会の事前活動として、小学4年生以上を対象にした言葉遊びのワークショップに取り組みました。

 参加者全員での発声練習のあと、グループに分かれての詩の朗読。自分の気持ちにぴったりの詩を選んでひとりずつの発表。身体いっぱいで表現。どんどん動いてみる。約1時間半をたっぷり楽しみました。ハアハア、ぜいぜい、動きすぎて途中で息切れする大人チーム。わいわいキッズの特徴は、子どもも大人も本気で取り組むこと。そして、自分なりの参加の仕方を見つけて参加できること。気持ちを出すことを恥ずかしがらないこと。それをみんなが自然な形で受け入れられること。

 『のはらうた』の中の詩を作ったのは、のはらに住むみんな。小さな虫や動物や草や木や風や月や星…。女の子も男の子も、子どもも大人もお年よりもいます。女の子だから女の子の作った詩を選ぶわけでなく、大人だって可愛らしい詩を選んで読むし、世間一般的な常識に縛られないのもいいところだなぁと思いました。でもね、中高生。そんな中でも自分を見つめる詩を選んでいた子が多かったように感じました。思春期の琴線に触れたのね。

 次回の高学年舞台鑑賞例会『人を食った話』&『のはらうた』は、4月29日です。どうぞよろしくお願いします。

f0101679_17433548.jpg

濱崎けい子さんも登場する映画「しゃぼん玉」は3月4日より公開中で、各方面より好評を頂いています。
お近くの劇場で上映の際はぜひご覧くださいね。主演は、林遣都さん×市原悦子さん!


濱崎さんの活動を紹介するブログ二人の会・濱崎けい子を作りました。どうぞご覧ください。

[PR]
by wkikyoko | 2017-03-15 23:59 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)