あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

カテゴリ:図書V(交流・学習etc)( 192 )

高校生と絵本

 高校3年生の授業で絵本のお話と実際の本読みの指導をすることになりました。子どもの文化についての授業だそうです。近くの保育園へ絵本を読みに行ったりする前の事前学習です。あっという間の2時間。少しはお役に立てたでしょうか。生徒さん達が選んだ絵本と一緒に記念撮影♪

 高校生がそれぞれ手にしてる本は、ほぼ学校の図書館で選んだのですって。絵本も色々揃ってるんですね。左から順に…「うんこ」・「たまごにいちゃん」・「もったいないばあさん」・「こわくなんかないっ!」・「もうぬげない」・「11ぴきとあほうどり」・「わにさんどきっ はいしゃさんどきっ」・「ちいさなうさこちゃん」・「まてまてタクシー」です。

f0101679_282066.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-06-13 23:53 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)
 にこやかな笑顔で登場! ロッカーで、シブヤ読書大学の学長さんで、NPO読書普及協会の専任講師で、文部科学省の青少年のためのオーサービジット講師。そんでもって飯塚市小中学校読書活動スーパーバイザーの本のソムリエ・団長さんです。40組近い親子さんを前に読書の楽しさ、絵本の奥深さなど語っていただきました♪

f0101679_323313.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-06-06 23:53 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)
f0101679_5464622.jpg 元野木書店に集まって団長さんと遊ぶ企画!ボードゲームと、本と、団長さんと…どうやって遊ぶのかな?

 元野木さんが最初に取り出したのはかたろーぐというゲームです。カタログやファッション雑誌のページをめくりながら、このページの中でどれが一番好きかって遊びに似ています。おしゃべりしながら好きなもののをあてっこするゲームです。そんな遊びのルールと道具を整えたのが「かたろーぐ」です。でもって、「かたろーぐ」の道具を使い、ルールはその場で少し変えて、参加者が5冊ずつ選んだ本のランキングをあてっこしました。写真は得点ボードを撮影する優勝の団長さんと、遅刻してひとり分のランキングに不参加ながらも高得点をマークしたF原さんです♪

①約15分で書店内にある本の中から各々のランキングテーマに沿った5冊の本を選ぶ。
②ランキング発表者は5冊の本をランダムに並べ、テーマを発表。
③その他の参加者は、発表者に質問しながらランキングを推測する。
④1位から順にランキングをひとつずつ当てていく。
⑤発表者ひとりにつき5回の得点獲得チャンスがあり、ランキングを当てた人はそれぞれに得点。
⑥誰も当てることができなかった場合は発表者に得点。発表者も自分の番で5回の得点チャンス。
⑦参加者全員のランキング発表が終わった時点での総得点で優勝者決定。

 最年少は中学2年生で最年長は60代?「あっと驚く結末」「特殊能力の主人公」「続きが気になる」「参加者が読まないだろうと思われる」「出合った年代順」「今、興味があるもの」「人生を振り返ってみるときに」「まとめて読みたい」など、ランキングのテーマも色々でした。質問で得た情報を元にランキングを推測するのだけど、素直に信じていい場合と情報がかえって邪魔になる場合とあって、けっこう悩みます。発表者のことをよく知ってるかどうかもポイントになりました。

 ランキングを当てて大喜びしたり、誰も当てることができないで発表者がほくそ笑んだり。表紙を見たり説明を聞いて読みたくなった本もあって、なかなか楽しいゲームとなりました。そして!なんと団長さんが優勝です。みんなで拍手。最後に記念撮影して、気になる本を購入して、本屋さんで団長さんと楽しく過ごしましたとさ。

f0101679_5514967.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-06-05 23:55 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(2)

30人の一冊は…

 毎週水曜日限定でお勧めの本を紹介する「水曜日の5冊」。通常はひとりの人が5冊の本を選ぶ企画で、その5冊からその人となりが垣間見えてなかなかに興味深いものです。本をチョイスする方々がまず個性的で面白いからね。でもって、今回はそのスペシャルバージョンで、30人が各々お勧めの1冊を持ち寄る企画です。会場はお馴染みの宮ノ上げんき!16日から始まってて、会期はもうあと2日しかないけれど、お時間ある方はぜひ。

 げんきの周りでいろんな事やってる人達の選ぶお勧め本は、その顔ぶれ同様にバラエティに富んでいます。展示の本には、その本を選んだ人のお名前と職業とともに「無人島に持っていくもの」が書いてあって、それを読むのも楽しいです。私の1冊も紛れ込んでいます。探してね♪

f0101679_9515217.jpg
けど、どう数えても29冊しかなかったの。
残りの1冊はオーナーが隠し持っているのか?それともあなたの選ぶ1冊で30冊が完成するという示唆なのか?

f0101679_9535053.jpg
久しぶりに屋根裏に上がったらレイアウトが変わってて、よりすっきりのおしゃれ空間になってました。

[PR]
by wkikyoko | 2018-05-22 09:56 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(3)

今年の絵本もよい絵本♪

 先日、4ヶ月健診にちょっとお邪魔しました。会場にはブックスタートのコーナーもあります。年度が替わってどんな絵本がプレゼントされるのか見せてもらいました。「しろくまちゃんのほっとけーき」と「まるてんいろてん」の2冊です。プレゼントの絵本はほぼ2年ごとに変更されるのですって。飯塚市でブックスタート事業が始まって10年です。

f0101679_13245878.jpg
f0101679_13251288.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-05-12 13:25 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(3)

大先輩の表彰

 嘉麻市で読書ボランティア活動をなさっている伊藤恵美香さんが、長年の功績により文部科学大臣表彰を受賞されました。おめでとうございます!伊藤さんは福岡「子どもの読書」関連団体連絡協議会筑豊地区の代表も長年務めてくださってもいます。伊藤さんの受賞、本当に嬉しいです。

f0101679_0225090.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-05-09 23:59 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)
 福智町での子どもの読書関連の会議終了後、あまりにいいお天気だったので…いつもの場所で今年初めての土筆採り。何分もしないうちにこれだけになりました。16:30過ぎなのに車外の気温24℃です。小鳥のさえずりもたくさん聞こえました。そうそう、次年度の学習交流会は12月2日の予定です。

f0101679_17112461.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-03-14 17:12 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)

赤ちゃんと過ごす喜び

f0101679_14182111.jpg
  ❤ ❤ ブックスタートボランティア養成講座 ❤ ❤ 
1・ブックスタートについて (ブックスタートとは 当市の取組み)
2・講師紹介 (15年来のボランティア仲間です♪)
3・参加者自己紹介 (参加者6名 図書館スタッフ4名)
4・おはなし会 (赤ちゃん向きのおはなし会です)
5・絵本について (赤ちゃんと絵本 読み方のコツ)
6・わらべうたで遊ぼう (みんなで楽しみましょう)
7・ティータイムでおしゃべり (小さな人形劇 感想や質問)
8・図書館からのお知らせ (まず見学から始めてはいかが?)

 なによりF井さんと久しぶりにご一緒できて、とっても嬉しい私です。ご参加の皆さんも何かしら繋がりのある方たちで、和やかな雰囲気での講座となりました。F井さんも私も赤ちゃんと接するの大好き。赤ちゃんがふわっと笑ったときの嬉しさは格別です。絵本やわらべうたを通して赤ちゃんと仲良くなってもらいたいなと思って講座を進めました。スペシャルお楽しみは、10年ぶりくらいにお目見えの小さな人形劇です。心構えやちょっとしたコツもお伝えできたと思うので、まずは4ヶ月検診時でのブックスタートの様子を見に行かれてくださいね。

f0101679_1443179.jpg
 おはなし会プログラム 
  わらべうた「ぼうずぼうず」
  わらべうた「おすわりやすいすどっせ」
  絵本「だるまさんが」
  絵本「ごぶごぶごぼごぼ」
  わらべうた「ダイドーダイドー」
  わらべうた「メンメンスースー」
  絵本「のせてのせて」
  わらべうた「さよならあんころもち」

 わらべうたで遊びました 
  「おちゃをのみに」「いっぴきちゅう」
  「こめこめ」「ちゅちゅこっこ」
  「ぺったらぺったん」「あんたがたどこさ」
  「おらうちのどてかぼちゃ」


f0101679_1752230.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-03-02 14:46 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)
この記事は、3月2日まで上に来るようにしています。
最新の記事はこの下からです。


 ブックスタートとは、0歳児健診などの機会に、赤ちゃんと一緒に絵本を開き、その楽しさを体験していただく活動です。 赤ちゃんと保護者へ、絵本を介して心ふれあうひとときを持つきっかけを届けます。自治体からプレゼントされるブックスタートのバッグの中には、絵本の他に子育てに関する情報もたくさん入れられています。

 飯塚市でのブックスタートは、4ヶ月検診のときに行われています。絵本の楽しい体験を届けるボランティアに興味ありませんか?「ブックスタートボランティア養成講座」なんて、ちょっとお堅い感じですが、まずは参加の皆さんに絵本の楽しさや赤ちゃんと触れ合う楽しさを体験していただけたらと思っています。講座のお申込みは、ちくほ図書館まで。佐代子さんと京子さんが講師です♪

f0101679_8455422.jpg
1. と き : 3月2日(金) 10:00~12:00
2. ところ : ちくほ図書館 2階 視聴覚室
3. 講 師 : 佐代子さん・京子さん (図書館ボランティア)
4. 対 象 : ブックスタートボランティアに興味のある方・ブックスタートボランティアをされている方
5. 定 員 : 15名程度(事前申込み・先着順)
6. 申 込 : 2月10日(土)9:30~ ※定員になり次第終了
7. 問合せ : ちくほ図書館 0948-72-3849

[PR]
by wkikyoko | 2018-03-02 10:00 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)
 ふくちのち2017・大人のための朗読講座。先月の特別版で講師の野口和夫さんとゲストの萬田陽子さんの朗読を聞きました。4月から始まったこの講座は毎月第4日曜日に開催されていて、希望の日程のみの参加OK、当日ぶらりと立ち寄ってもOK。というわけで、今回のテーマが群読ということもあり参加しました。「事前に申し込まなくても毎回定員に達したことないので大丈夫ですよ」とおっしゃってましたが、今日は定員を超す参加者でした。私と同じように特別版での朗読を聞いて参加した人もいるかもしれません。音読と朗読の違い、朗読に必要なものについて等のレクチャーの後、沢村貞子著「猫年の女房」を読みあいました。

 文章を声に出して読むのが音読。朗読は、物語を一度自分の中に落としてしっかりとイメージを作り、それを聞き手に届けること。読み手と聞き手がイメージを共有すること。読み手の責任として冒頭できちんとその物語の情報とイメージを届けることができたなら、後は聞き手がそれを引き受けて物語を楽しめるようになる…など、本当にそうだなぁと思うことばかりでした。いろんな方の朗読を聞くのも楽しく、また役割を決めて読みあうのも面白く参加できました。今日は朗読三昧♪
[PR]
by wkikyoko | 2017-11-26 23:59 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)