あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

カテゴリ:その他の鑑賞( 257 )

秘密と魔法

f0101679_1604294.jpg
 8月1日から始まった「ぼくらの秘密基地とわたしの魔法のお部屋」が楽しいです!会場は田川市美術館。

 絵画、イラスト、写真、造形、切り絵、折り紙、陶芸、インスタレーション…などなど。20人以上のクリエーターの作品がたっぷりと楽しめます。作品の上に寝っころがったり、身に着けたり、その空間に入り込んでぼんやりしたり、はしゃいだり。楽しみ方もたくさんです。美術館へ行くのが好きな人も、ちょっと敷居が高いかなって思ってる人も、大人も子どもも楽しめること請け合い!

f0101679_1612334.jpg
f0101679_16121150.jpg
f0101679_16122067.jpg
f0101679_16122895.jpg
f0101679_16123616.jpg
f0101679_16124343.jpg
f0101679_16125164.jpg
f0101679_16125974.jpg
f0101679_16131548.jpg


私は特にこの人達に会いたくて。小さな村人さんが魔法のドーナツを作ってました♪
f0101679_16163445.jpg
f0101679_16164247.jpg


そして!今回初めて出会って一目惚れの作品。
ボールペンで精密に描かれた生き物達。でもそれだけじゃあないの。実物を間近でじっくり見て欲しい。
f0101679_16205293.jpg


そして、そして!窓の向こうもお見逃しなくね。
f0101679_16223427.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-08-03 23:58 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)

世界一有名な…

世界一有名な少女と池にご対面。九博のビュールレ・コレクション。
f0101679_22302660.jpg
f0101679_22303418.jpg


こちらの池も人気でした。
f0101679_22331387.jpg
f0101679_2233225.jpg


そして、その周りのお散歩コース。
f0101679_22354684.jpg


夏休みになったらこれも見に行こうっと♪
f0101679_2236272.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-06-14 22:28 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)

いのちの花

 原爆の図で有名な画家の丸木俊さん最後の絵本となった「いのちの花」は、福岡の被差別部落に残る寛政義民松原五人衆の伝承を描いたものです。解放子ども会・促進学級の講師として子ども達に勉強を教える先生として20代からその部落に通いつめていた作者のそのだひさこさんが、ぜひとも丸木俊さんに絵を描いて欲しいと直訴し、長年の苦労の末に完成した絵本です。

 その「いのちの花」の原画展がオダビで開催中。作者のそのだひさこさんのギャラリートークもあるというので、その日にあわせて絵を観に行きました。丸木俊さんの絵本といえば、「つつじのむすめ」「おしらさま」「きつねのおきてがみ」の女性像がとても印象的で、「いのちの花」に描かれた娘や母の嘆く姿も心に強く残ります。

 丸木俊さんの絵が好きなのです。そして、そのださんのお話を聞き、その生き方と行動力と思想に感銘を受けました。人はいじめもすれば差別もすれば、人だって殺す。でも人は環境により変わる。そんな環境を作るために学び考え行動する力をつけなくてはいけない…。ペンを忘れてて、そのださんの言葉をきちんとメモできなかったけど、そういうメッセージを感じました。「いのちの花」の原画をぜひ見てください。それから絵本「いのちの花」も読んで語しい。絵本のあとがきも丁寧に読んでいただけたらいいなと思います。

オダビでの原画展は6月24日まで。16日の午後にはギャラリートークと朗読会が予定されています。

f0101679_1424033.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-06-10 23:58 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)
ところで、最近のオダビ周辺では、こんな方達があちこちに出没しているそうです。
その全容はこの秋にも解明されるらしい…とのこと♪
f0101679_22515886.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-04-15 22:52 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)
f0101679_7214384.jpg
飄々とした雰囲気の植木好正さんの個展がオダビで開催中。15日の最終日を前に行ってきました。外国旅行のふとしたきっかけで描き始めた似顔絵がすでに1万人を超え、目指すは3万人?似顔絵は国境を越えてヨーロッパだけでなくとうとう南アフリカのザンビアまで足を延ばすことに。どうしてかっていうと、「暇つぶしに…」って。本当かな?

 そして、家族との日常の生活を描いた作品の数々は、優しくて温かい植木さんの直ちゃん愛が詰まっていました。
[PR]
by wkikyoko | 2018-04-14 23:59 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)
 飯塚市各所で開催中の雛のまつりもいよいよ終盤。メイン会場のひとつになっている嘉穂劇場の今年の目玉は巨大なおきあげ雛です。羽子板に付けられた半立体の押し絵みたいなお雛様。狭い家にも飾れるというので庶民のお雛様とも呼ばれていますが、嘉穂劇場の舞台上にど~んと鎮座しているおきあげ雛は豪華で華やか。作者の正治さんは日本一の大きさで作りたかったんですって。大きいことはいいことだ!
f0101679_971544.jpg
f0101679_972472.jpg

 お雛様に使える左大臣・右大臣・三人官女・五人囃子・仕丁は、歌舞伎の浮世絵をモチーフにした、こちらも巨大な絵。よく見かける浮世絵なのにちょっと違う雰囲気なのは、それぞれに雛人形のお道具などを身に着けたり手に持ったりしているからです。たとえばこの左大臣、何がお雛様グッズかわかりますか?ちょうどお客さんの波の引いたときに行き合わせたので、浮世絵の人物を描きながら発見したことなどを正治さんに色々と聞きながら見学することができました。正治さんは会期中ほぼ会場にいらっしゃるそうなので、浮世絵トリビアはぜひご本人からお聞きください。 
f0101679_9164193.jpg

さてさて、もう一度おきあげ雛を見て見ましょうか。斜め後ろから…真横から…大きいね!
f0101679_924687.jpg

 ところで嘉穂劇場には、正治さんのアート作品ばかりでなく、嘉穂劇場の女将さんコレクションの雛人形や古い時代の歌舞伎人形も飾られていて、こちらも大変興味深い展示です。でもって今回注目したのはこちら。江戸時代は贅沢禁止令の出たころのものなんですって。小さな小さな和風ジオラマ!比較対象を入れてないので大きさわかりにくいと思いますが、スマホくらいかなぁ?お人形にいたってはマッチ棒より小さいです。これは休憩処、とろろ汁が名物なのかな。他にもいろんな風景場面のものがあり、どれも精密にできています。お見逃しされませんように♪
f0101679_940235.jpg

 そしてそして!小さいといえばこれ!久々のrien村の村民さん方。一番小さい人をお家につれて帰りました。rien村のお母さんにも久しぶりにお会いできて嬉しいな。第18回いいづか雛(ひいな)のまつりは3月27日までです。
f0101679_9424927.jpg
f0101679_950142.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-03-21 23:46 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)

密やかな部屋

 なんとも艶かしい名前の展示会は三菱地所アルティアム開催中です。密やかな部屋に集められているのは、色とりどりの昆虫達。さすがに蝶は華やかだし、宝石の輝きを持つ甲虫類はそのままブローチにしたいくらい。花や葉っぱ、枝などに擬態した虫達も面白い精密な昆虫や植物の絵、ミクロの世界まで拡大して写した写真など。。興味津々で見て回るのだけど、標本箱にぎっしりと貼り付けられた虫達の数にぞくっと背中が寒くなったりもしました。会期は3月11日まで。あと2回は見に行きたいかな。
f0101679_13582859.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-01-28 23:40 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)

初天神

 今年最初の太宰府です。寒さもそれほどでなく、今日の参道は修学旅行生がたくさんでした。そんな頃なんだぁ。天神様にお参りをして、飛梅の蕾の様子を観察して、お昼はいつもの松島茶屋で。九博の『白隠さんと仙崖さん』の禅画に逢うのが主目的でした。ゆっくり楽しめました。4階文化交流展示室(第11室)で2月12日まで。そうそう、お土産は梅が枝餅…じゃなくて、揚子江の肉まんにしました。

f0101679_0552375.jpg


f0101679_0581194.jpg
f0101679_0581991.jpg
f0101679_0582539.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2018-01-18 23:46 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)

ゲゲゲの人生

f0101679_23591488.jpg
f0101679_01352.jpg

 2015年11月30日、93歳で人間の世界から旅立たれた水木しげるさんを追悼する作品展。福岡県立美術館で開催中です。日曜日午前中の小さな蚤の市を終えた後、大名からトコトコ歩いて行きました。「ゲゲゲの鬼太郎」をはじめとする人気漫画の原画だけでなく、子どもの頃から天才といわれたほどの腕前の絵の数々、戦地で描いたスケッチ、紙芝居や貸本時代に描かれた漫画、エッセイ、それに加えて世界の妖怪や精霊の像やお面のコレクション、愛用の私物色々…と充実の展示でした。数の多さばかりでなく、そのひとつひとつに込められたメッセージに圧倒されてしまいました。戦地で味わった地獄や戦後の赤貧時代を経ても失われなかった人間性とユーモアに、ほっとする部分もありました。晩年、南の島で現地の人たちと楽しそうに踊る水木さんの映像が一番好きでした。

f0101679_045518.jpg
1階のレストランではゲゲゲ展にあわせての特別メニューが提供されています。
鬼太郎のちゃんちゃんこ色のパスタなんだけど…ソースのセレクトを間違えちゃったかもしれません。



 
[PR]
by wkikyoko | 2017-11-12 23:59 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)
 Asiacで11月9日から始まった「我輩はアジア人だ!Michio展」をどうぞお見逃しなく!オーナーから一刻も早く観に来てねとお誘いを受けていました。作者のMichioさんは、昭和8年生まれの84歳。長年のお勤めを終えて70歳から始めた木彫は、独自の世界をつむいでいます。旧家の土蔵や古い神社の隅に長いこと忘れられたままになってたような達磨やお福があるかと思えば、アジアやアフリカの土着の信仰から生まれたような像の数々もあれば、ゾウやカバやサイやキリンなどの動物もあれば、とてもリアルな昆虫も空想の産物あって、どれもこれも味のあるものばかり。お気に入りを見つけた人はどんどん買って持ち帰るシステムなので、早く行かないと面白いもの見逃しちゃいますよ。会期は11月9日~11月23日の木・金・土。あ~この写真じゃ、Michioの世界は全然現しきれてません。

f0101679_23443628.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-11-10 23:45 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)