人気ブログランキング |

あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

こどくな人いませんか?

「ぼくたち、ロンリーハート・クラブ」
          ウルフ・スタルク:作 菱木晃子:訳 (小峰書店)


 小学校中学年から読めるウルフ・スタルクのお話。
 ママの勤める郵便局で、孤独な人の存在について気づいたトール。何とか慰めてあげることはできないかと、仲間4人で「ロンリーハート・クラブ」を結成し活動を始めます。「孤独っていうのもたまにはいいものよ。考え事をしたり夢を描いたり、ひとりなら好きなことができるし。」っていうおばあちゃんの言葉に頷きながら、でもやっぱり、孤独な人を喜ばせたい。子どもたちの無邪気な善意は思うだけに留まらず、着々と実行に移されていきます。
 ほのぼのとしたストリー。北欧の学校生活や子どもの時間はなんて贅沢なんでしょう。子ども達の生き生きとした活躍と、年をとってもしなやかな心を持ち続けるお年寄りの姿がほほえましく描かれています。ちょうど同じくらいの子が読んだら、自分達もやってみたいと思うかな?
by wkikyoko | 2006-12-19 23:58 | 読書(児童書・YA)