あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

大分小学校読み聞かせ 11/2

3年生:
「ねずみじょうど」 瀬田貞二:作 丸木位里:絵 (福音館書店)
「かにのニカ」 野坂勇:作 (福音館書店)


 予定が変わっての3年生でしたので、先生がうっかりしてプリントを始めようとしてるところでした。でも、先生はじめ3年生のみんなに歓迎してもらっての朝読。1年生の教室でも2日続けて登場のF市さんに歓声が上がってました。大分小のみんな、ありがとうございます。

 さて、「ねずみじょうど」です。浄土って言葉わかるかなぁと思っていましたが、「人が死んだときに行くところ」と答えた子がいました。極楽とか天国とか、楽園って感じかしらね。題名を聞いたときは「?」ってお顔でしたが、そうそうみんなのよく知ってるおはなしですよ。いろんなバージョンがありますね。「おむすびころりん」が一番身近だったようです。「かにのニカ」は、最後のページで「ええ~っ!」と叫ぶ子が何人もいて、面白かったね。

 朝読が終わったら図書室でミーティング。先生が選んだ本を読んで、自分も6年生もちょっと泣いちゃったという本を、T内さんに読んでもらいました。6年生は自分に向き合う時期ですものね。

6年生:
「ひとりひとりのやさしさ」 ジャクリーン・ウッドソン:作 E.B.ルイス:絵 (BL出版)
「ひとりぼっち?」 フィリップ・ヴェヒター (徳間書店)

[PR]
トラックバックURL : https://wkikyoko.exblog.jp/tb/26693309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wkikyoko | 2016-11-02 10:31 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)