人気ブログランキング |

あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

プレーパーク@合同講座

 飯塚市内5か所の子育て支援センターの合同講座、今年度最初の催しは、プレーパークでした。あいにくの雨でしたが、広い会場にテントを張ったり木のおもちゃを出したりして、気分は上々。大量の新聞紙と段ボールも用意しました。室内でも思い切り遊んでね。
f0101679_13184985.jpg

 さて、今日の講師はPLAY FUKUOKAの折居ご夫妻です。まずは子どもの成長と遊びについてのミニ講話から。成功体験を積みあげるのも大切だけど、失敗から学ぶものもたくさんある。失敗を恐れずチャレンジし、失敗にめげずに再挑戦する気持ちを育てることが大事。それができるのが「遊び」です。大人は子どものやってみようという気持ちをサポートしてね。最近は「イクメン」という言葉も珍しくなくなった。父親も育児に参加するのはよいことだ。でも父親が母親的になる必要はない。家庭に二人の母親はいらない。父親は父親として子どもに関わるといい…などなど。
f0101679_1319334.jpg

 段ボールは子ども部屋になったり、お台所になったり。フリーハンドでザクザク作る折居ママ。小さい子も遠慮なく落書きできて楽しそうです。
f0101679_13232095.jpg

 大人は折居パパの指導のもと新聞紙でピストル作り。作り方のコツを丁寧に教えてもらいながら、でも設計図などなくそれぞれの思い通りできたとおりに作りました。作りながら子育て談義あり、工夫する楽しさや醍醐味の話あり。パパやママの手元を見ながら子ども達も自分のできるところをやってみたり、全く違うものを自分で作ってみたり。そんなこともOK。
f0101679_13301526.jpg

 そうそう、こうやっている間も、それぞれ自由に遊ぶ人達もいます。一斉に何かをしましょうと言うのではなく、自分がやりたいことを自由にやりながら遊ぶのがプレーパークの良さです。そんな中で人気のお魚釣り。これは講師の折居さんの作品。折居さんは日田市前津江で木のおもちゃの工房「おひさまとかぜ」の主催者でもあるのです。右下に見えるトラックもそうです。
f0101679_13371940.jpg

 室内での遊びがそうやって進んでいる間、パパとおじいちゃんグループは、地元工務店さんお協力によりおもちゃ箱作り。キャスターと引き綱のついた本格的なおもちゃ箱が出来上がっていました。
f0101679_1338191.jpg

 朝から降っていた雨もお昼前には上がって、外では楽しいシャボン玉あそび。木の枝や割りばしに麺ロープやアクリル毛糸をつけた道具で、大きなシャボン玉を作って遊びました。シャボン玉液も手作りです。界面活性剤40%以上の台所用洗剤とPVA入りの化学合成の洗濯糊とお水。宣材:糊:水=1:1:8の割合で作るのだそうです。材料費約400円で8リットルのシャボン玉液ができるんですって!
f0101679_13435911.jpg
f0101679_1344649.jpg

 そして最後は、やっぱりうれしい昼食タイム。今日のメニューは材料持ち寄りの豚汁でした。みんなで食べるとおいしいね。
f0101679_13453277.jpg

by wkikyoko | 2015-05-09 23:40 | つどいの広場いいづか