あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

三度のごはん きちんと食べて 火の用心 元気で生きよう きっとね

f0101679_7584233.jpg
 今夜の飯塚市民劇場第290回例会は、こまつ座「兄おとうと」でした。

 兄は「国民あっての国家」と人々の利福を説いた大正デモクラシーの先駆者・吉野作造。弟は「国家あっての国民」との信念から官僚となり大臣にまで上り詰めた吉野信次。お互いに兄弟のことを思いやっているのに、会えば議論の末に喧嘩別れの繰り返し。

 「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをゆかいに、ゆかいなことをまじめに…」という井上ひさしの言葉通りに、吉野作造の国家論が楽しく舞台上に繰り広げられました。ふたりの兄弟の妻は奇しくも仲の良い姉妹。彼女たちがそれぞれの夫を支え、兄弟の間を取り持っている様子や、5場それぞれの事件に登場する人々の人生も。

 3時間の舞台、ちっとも長く感じません。さすが井上ひさし。さすがこまつ座。
トラックバックURL : https://wkikyoko.exblog.jp/tb/22165351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wkikyoko | 2014-05-29 23:59 | その他鑑賞(舞台等) | Trackback | Comments(0)