あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

あらしのよるに!(5月高学年例会)

f0101679_6352240.jpg 今回の舞台は、ナラティブシアター土の子が演じる「あらしのよるに」だ。そう、あの有名な「あらしのよるに」なんだけど、ナラティブシアターって何?

 「舞台装置がなくて、衣装もメークも特になし。役者が2人とピアノが1台なんだって」とのこと。素劇なの?朗読劇なの?う~ん、近いようでちょっと違う?例会当番を引き受けたので、早めに会場を見せてもらうと、本当になんにもない会場に、ぐるりと丸くパイプいすが並べてあって、その内側が舞台とのこと。片隅にグランドピアノ1台。役者さんのひとりに「メイ役ですか?」って聞くと「うふふ」と笑って、それは肯定のようなそうでもないような…。

 きむらゆういち作「あらしのよるに」シリーズのうち「あらしのよるに」「あるはれたひに」「きりのなかで」「どしゃぶりのひに」「ふぶきのあした」が演じられました。原文のまま!基本的には男優がオオカミのガブで、女優がヤギのメイなのだけど、そのほかの登場人物も含め、そして地の部分も含め、くるくると入れ替わりながら言葉が紡がれる。

 観客は舞台で演じられる「あらしのよるに」の世界を観ながら、自分の中の「あらしのよる」を膨らませる。そんな感じかな。そして、丸い舞台の向こうに観客の顔が見える。知ってる子達が一心に見入ってる様子とか。舞台の終盤近く、Aちゃんが涙をぬぐいながら一生懸命観ていた。そんな事にも感動。舞台は役者と観客と一体となって創り上げるものとよく言われるが、それがいつもより感じられる舞台でした。
トラックバックURL : https://wkikyoko.exblog.jp/tb/22069186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wkikyoko | 2014-05-16 23:54 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)