人気ブログランキング |

あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

川上弘美のファンタジー

 表紙買いです。あ、買ったんじゃなくて図書館で借りたのだけど。川上弘美初の長編ファンタジー、表紙は酒井駒子、上下2巻。そりゃ読みたくなるでしょう。

 物語の主人公は小学4年生のさよ。ちょっと変わったお母さんと二人暮らし。母としてより私自身として生きている母なのね。両親の離婚後に今の団地に引っ越してきたんだけど、離婚後の父とは会ったことがない。4年生になって初めで出かけた図書館で不思議な本に出合う。

 それは「いつの時代のものなのかどこの言葉で語られたものなのか」誰も知らないんだけど、「いつからか、この物語ははじまり、つづいていき、そしてしまいに、この本に書きとめられた」という本で、何が不思議かというと、読んでいる途中に今日はここまでと読み止めて本を閉じた途端に本の内容をすっかり忘れているのだ。

 時代設定は「ふくだたけお」という人が総理大臣だったころ。同じクラスの仄田くんと一緒に、そんな本の不思議な力に引きずられるように不思議な世界に迷い込んでいく。現実なのか夢なのか。でもそれらの夜を過ごすうちに現実の二人も少しずつ変わっていく…

 まず松谷みよ子の「モモちゃんシリーズ」、それから「おしいれのぼうけん」、そして「ナルニア」に「ゲド戦記」、ちょっとだけ「オズの魔法使い」「不思議の国のアリス」。読んでいくうちに今まで読んだいろいろを思い浮かべちゃった。

七夜物語(上)

川上 弘美 / 朝日新聞出版

七夜物語(下)

川上 弘美 / 朝日新聞出版


by wkikyoko | 2013-02-05 22:47 | 読書(児童書・YA)