あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ
子どもも大人もお話会を楽しもう!
夏休みにぴったりの楽しいお話会を行います。
大人にも聞きごたえのあるお話会もどうぞお楽しみに!

日時   2006年8月23日(水) 11:00~15:00
        子ども達へのお話会 11:00~
        大人のためのお話会 13:00~


場所   ちくほ図書館2階 視聴覚室ほか
[PR]
# by wkikyoko | 2006-07-10 12:07 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)
つどいの広場いいづか開所3周年記念イベント

         SUN

                ★ご挨拶★
 つどいの広場いいづか3周年記念のイベントに参加してくださった皆様に感謝申し上げます。普段は毎月の定例会議やそれぞれ独自の活動で広場の運営に関わっている協議会の構成団体が力を出し合って行う毎年1度のお祭りは、地域の方々に喜んでいただくばかりでなく、私たち自身の喜びとなり、これからも広場を盛り立てていこうというエネルギー源になっています。広場に子ども達の遊ぶ声が聞こえ、それを見守り寄り添う大人の輪がこれからも大きく広がっていく事を願っています。
          つどいの広場いいづか運営協議会

f0101679_12443844.jpg
 つどいの広場いいづか鯰田つどいアンビシャス広場が開所して丸3年になりました。子どもに係わる各種団体が協議会を作 り、旧鯰田幼稚園の施設を飯塚市より借り受け、子どもたちや地域の方たちのための施設として活用しています。障害があっても使いやすいようにバリアフリー化も進めています。

 今日は、3周年を記念して、小さな子から年配の方にまで楽しんでいただけるイベントを企画しました。午前中はステージ・お昼をはさんで各種バザー・午後からは遊びと体験の時間と充実のプログラムです。オープニングとお昼のひと時には飯塚市役所の職員さんのバンド「Face to Face」の演奏。ステージのメインは1周年記念にも来ていただいたマジシャン小川さん。軽妙なおしゃべりと鮮やかなマジックに子どもも大人も大喜びでした。他にはあじさい保育園ふじ組さんの踊りと子育てサロンのエプロンシアターなど。バザーも大盛況で、午後の遊びと体験の時間もそれぞれに楽しめましたね。時折強く降る雨も何のその、たくさんの参加者で賑わいました。
 イベントの準備や開催に協力してくださった皆さん、広場を訪れてくださった皆さん、どうもありがとうございました。

f0101679_12483645.jpgf0101679_12485270.jpg

写真はわいわいキッズいいづかで出したお店の様子です。


つどいの広場運営協議会参加団体
 あじさい保育園・嘉飯山子育てを語る会・グリーンコープ
 からすのほんや・子育て環境を良くする会・子育て支援オアシス
 こども大国・肢体不自由児の会・飯塚青年会議所・鯰田フットボールクラブ
 ぽれぽれの会・わいわいキッズいいづか・鯰田地区


つどいの広場いいづかへ行こう! (地図)
[PR]
# by wkikyoko | 2006-07-08 21:40 | つどいの広場いいづか | Trackback | Comments(0)

たなばた

天の川 棚橋渡せ 織女の い渡らさむに 棚橋渡せ  万葉集2081

曇り空の七夕でした。
織女は天の川の橋を渡って牽牛に会いに行くことができたでしょうか?
[PR]
# by wkikyoko | 2006-07-07 21:36 | 読書(その他) | Trackback | Comments(4)
7月例会「牛になったサンヒョン」 JPスタジオ
      7月6日(木) 19:00~ コスモスコモン中ホール


 事前交流会に来ていただいた森亮輔さんと佐藤さき子さんをはじめとする6人のメンバーによる韓国の音楽と踊りと昔話。堪能しました。
[PR]
# by wkikyoko | 2006-07-06 23:11 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)

祖父の愛

「ナゲキバト」 ラリー・バークダル:作 片岡しのぶ:訳 (あすなろ書房)

 両親を交通事故でなくした私(ハニバル)が、一人暮らしの祖父(ポップ)に引き取られたのは9歳の春。両親が死んで3日後のことだった。南部訛りがありいかにも田舎物の祖父と私は気が合った。祖父は優しくてユーモアに富み、独りぼっちになった私に様々な話を聞かせ、時に厳しく生きることの意味を教えてくれた。私が祖父と過ごした1959年3月からクリスマスまでの9ヶ月間の思い出を描いた小品。

 1997年に出版されたものが、今年新装改訂されました。新しい版の表紙カバーは、大きく育ったトウモロコシ畑の上、光の中を飛んでいる1羽のナゲキバト。下半分の茶色は、私と祖父が暮らしたボイジの土の色かもしれない。
[PR]
# by wkikyoko | 2006-07-06 17:26 | 読書(児童書・YA) | Trackback | Comments(0)

何の記念日?

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日 俵万智

 ずっと前は「七夕イヴ」と勝手に呼んでいたのです。この歌が爆発的なブームになってからは「サラダ記念日」で、今年に限って言えば「サンヒョンの日」の今日。我が家の大事な親切な電気屋さんのお誕生日です。お誕生日おめでとう!


★記念日の日★ 今日は記念日の記念日なんだって!
 日本記念日学会が1998年、記念日にもっと関心を持ってもらおうと制定した。当初は「祝日法」が公布施行された7月20日だったが、「記念日」という言葉を一般に定着させた「サラダ記念日」に因み、2000年から7月6日に変更された。

サラダ記念日―俵万智歌集

俵 万智 / 河出書房新社


[PR]
# by wkikyoko | 2006-07-06 05:54 | 読書(その他) | Trackback | Comments(2)