あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ
 イリエトシユキさんの個展へ。衣食住…普段の生活に彩りを加えませんかというコンセプトです。お部屋に花を飾るような気持ちで、1枚の絵を飾ってみる。Tシャツやトートバッグなど普段使いのものに、手描きの絵の贅沢さを楽しむ。そして、食いしん坊画伯のスペシャルたこ焼きも食べられます。たこ焼き!?そう、「イリエトシユキ 2017 初夏展 ~彩りプラス衣食住~」の会場は、たこ道楽さん。たこ焼き屋さんに併設のギャラリーです。

f0101679_0505642.jpg
どんな彩りかは、ギャラリーでお確かめください。今日は、芸術論以外にも話が弾みましたね。

[PR]
# by wkikyoko | 2017-06-14 23:57 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)
 我が家の家庭菜園担当はHですが、図書館でお野菜作りの講座に私も着いて行きました。先生は月刊誌「現代農業」を出版してる農文協の方でした。農家の方への取材や営業のために、入社後すぐにカブの乗り方を徹底的に叩き込まれる…という「農文協あるある」からお話が始まり、いろいろお話があったけど、覚えてることを少しだけ書いておきましょうね。

 さて、畑仕事でうっとうしいのは、すぐに寄ってくる虫達。虫除けスプレーや蚊取り線香などもいいのですが、農家の間でひそかにブームになってるのが、日よけの帽子にサロンパス。ハッカの匂いを嫌がって顔の周りに虫が寄らなくなるのだそうです。でも、サロンパスだと、はがした後の帽子にべたべたが残って汚れがつくのが難点です。で!最新の情報では、メンソレータムがいいとのこと。帽子だけでなく腕カバーや靴下にも塗れるし、洗えば後が残りません。お勧めだそうです。

 雑草を防ぐには雑草を使えってことで、刈った草を地面にあつめに敷いておくと以後の雑草に悩まされません。その上に土壌を豊かにする肥料にもなります。あと、石灰は土壌を作るときに使うだけでなく、病気や害虫に効くとか、天気のいい日の朝に直接雑草に振りかけて枯らすとか、聞きました。うろ覚え…です。

 納豆菌や乳酸菌を使ってできる魔法の液のこと。納豆1粒・もしくは納豆のパックに入っているフィルム1枚を500mlのペットボトルに入れる。そこに大匙1杯のお砂糖。約60度のぬるま湯を注いで1日置いておく。うどん粉病の予防にも効きめがあるんですって。乳酸菌の液は、米のとぎ汁8に対して牛乳2の割合で作ります。最初白く濁った液が1週間くらいで透明になるのでそれを使います。えっと、何だったっけ?どちらも適宜薄めて使ってくださいだそうです。

 専門的な本もあるけど、初心者にはこれもお勧めですと、農文協の園芸絵本シリーズの紹介もありました。さ、今年は例年以上のオクラが収穫できるはず!

f0101679_22463491.jpg

[PR]
# by wkikyoko | 2017-06-10 22:06 | その他の活動 | Trackback | Comments(0)

八木山いろいろ

八木山花木園に行って…(ここにたどり着くまで、けっこう道が細くってドキドキ)
f0101679_0223318.jpg
f0101679_0224410.jpg
f0101679_0234148.jpg

ピクニカ共和国のゲートを見て…(時間がなかったので、今もやってるんだなって確認だけね)
f0101679_0254163.jpg

クイーンクックカフェでお昼ご飯。時間がゆっくり流れます。その後、峠を下りてお仕事頑張りましたとさ♪
f0101679_0264696.jpg
f0101679_0305774.jpg
f0101679_0313141.jpg

[PR]
# by wkikyoko | 2017-06-09 23:58 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(4)

地元情報(生目神社)

祈願の歌が間違っていたと改めて工法が来ました。こちらでどうぞよろしくお願いします。6月20日に訂正しました。

かげ清く 照らす生目の 水かがみ 末の世までも かもらざりけり

f0101679_1915834.jpg

 月に2回来る回覧板には、市からの情報だけでなく地元自治会発のお知らせ等があって、なかなか面白い。今回の注目は、大分八幡宮にある末社のひとつ。そうなんだ、知らなかったなぁってことを、教えてもらえるのです。眼病祈願の際には、以下の言葉を3回唱えるとのこと。

かげ清く 照らす生目の 水かがみ 世の末までも かもらざりけり

f0101679_22271939.jpg

[PR]
# by wkikyoko | 2017-06-07 22:33 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)

大分小学校朝読 6/7

6年生:
「カエルのおよめさん」 清水たま子:文 武田鎮三郎:絵 (福音館書店)
「だれのかお?」 星川ふろ子:作 (福音館書店)
「月人石」 乾千恵:書 谷川俊太郎:文 川島敏生:写真 (福音館書店)


 「カエルのおよめさん」はメキシコ・ミヘ族の民話です。3人兄弟の末っ子が成功を収めるという、昔話による末子成功譚のひとつです。お嫁さんの代わりに連れてきた蛙が、王様の求めを見事にこなし、最後は人間の娘に変ります。蛙が実は魔法を掛けられていたお姫様…なんて種明かしなどないところが、昔話のよさですね。おまけの2冊は、6年生も喜んでくれました。
[PR]
# by wkikyoko | 2017-06-07 16:09 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)

枇杷もね♪

6月といえば枇杷の季節でもありますね。
そして、枇杷といえばやっぱり茂木枇杷!届いたとたん、パクパク食べてます。
f0101679_1092097.jpg

[PR]
# by wkikyoko | 2017-06-04 10:10 | 日々の事など | Trackback | Comments(3)