あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2017年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

窓と紅葉

f0101679_059253.jpg
f0101679_0591116.jpg
f0101679_0592840.jpg
…はい、紅葉の時期の麻生大浦荘はただ今公開中。窓越しに見る紅葉も素敵です。

f0101679_142830.jpg
お庭からの眺めももちろんいいのだけれど♪

[PR]
by wkikyoko | 2017-11-27 23:57 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(0)
 ふくちのち2017・大人のための朗読講座。先月の特別版で講師の野口和夫さんとゲストの萬田陽子さんの朗読を聞きました。4月から始まったこの講座は毎月第4日曜日に開催されていて、希望の日程のみの参加OK、当日ぶらりと立ち寄ってもOK。というわけで、今回のテーマが群読ということもあり参加しました。「事前に申し込まなくても毎回定員に達したことないので大丈夫ですよ」とおっしゃってましたが、今日は定員を超す参加者でした。私と同じように特別版での朗読を聞いて参加した人もいるかもしれません。音読と朗読の違い、朗読に必要なものについて等のレクチャーの後、沢村貞子著「猫年の女房」を読みあいました。

 文章を声に出して読むのが音読。朗読は、物語を一度自分の中に落としてしっかりとイメージを作り、それを聞き手に届けること。読み手と聞き手がイメージを共有すること。読み手の責任として冒頭できちんとその物語の情報とイメージを届けることができたなら、後は聞き手がそれを引き受けて物語を楽しめるようになる…など、本当にそうだなぁと思うことばかりでした。いろんな方の朗読を聞くのも楽しく、また役割を決めて読みあうのも面白く参加できました。今日は朗読三昧♪
[PR]
by wkikyoko | 2017-11-26 23:59 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)
11月26日(日) 10:00~12:00
    飯塚市鯰田「つどいの広場いいづか」にて
    参加費:2000円 講師:濱崎けい子さん(二人の会)

今日のメニュー:発声練習いろいろ
       「しずかなじめん」藤田圭雄
       「秋の夜の会話」草野心平
       「戦場」花森安治
       詩集「イソップ詩」谷川俊太郎より数編
       詩集「のはらうたわっはっは」工藤直子より数編
       

 今日の参加は、KさんとFさんと私。先日の西川さんの舞台の最後に読まれた花森安治の「戦場」をもう一度しっかりと味わいたくて読みました。Kさんは西川さんと同年代。中国で生まれて引き上げの経験もされました。私とFさんの読むのを聞いて、「そんな読み方では伝わらない。もっともっと過酷だった」とおっしゃいました。小学校の教師もされていたKさん。退職の前、6年生へ送る言葉の中に「いま世界中には地球を何十回と破壊できるだけの原爆が作られています。たった一度壊しただけでも取り返しがつかないものを!」ということをお話になったそうです。「45回だったかな?それがもう20年も前の話ですよ」と。朗読の合間にそういうお話を聞くのも大切な時間です。


        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

他にも、
朗読の会「どんぐり」は経験者中心で長年続いている会です。練習は夜間。
  濱崎けい子さん指導の下、朗読を通したいろいろな表現を楽しんでいます。
  絵本はもとより、エッセーやショートストーリー、長編を読むこともあります。
  毎回あっという間に時間が経ち充実した内容になっています。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

濱崎さんの活動を紹介するブログ二人の会・濱崎けい子を作りました。どうぞご覧ください。
次回は、来年2月上旬の予定です。

[PR]
by wkikyoko | 2017-11-26 23:46 | 朗読勉強会「みみずく」 | Trackback | Comments(0)

いつまでも戦後のままで

 人形劇一筋60余年の西川禎一さんをいおりへお迎えしての「ひょっこりこのころ」は、盛況のうちに終了しました。もうすぐ82歳という歳をちっとも感じさせない西川さんの舞台にお客さん一同大満足。西川さん自身が桐の木を削りだして創ったお母さんの人形は、生前のお母さんを知ってる人によると本当によく似ているのだそうです。

 舞台の上にぽつんと置かれた人形が、西川さんの手で操られたとたんに活き活きと動き始めます。明治45年に生まれ、貧しさの中で育ち、戦争を経験し、家庭を築き子育てをし、そして50代の若さで亡くなったお母さんの人生を「ばあさんの一人語り」として、世相と歌の数々を交えながらとことん庶民の目線から演じられました。飄々とした京都弁での語りが、つらさの中にもユーモアを漂わせ、あっという間の1時間。戦後がいつの間にか戦前に変わっていきそうなこの時に、とてもいい舞台を観せていただいたと感謝しています。いつまでも戦後が続きますようにと思いながら。

f0101679_15355982.jpg
ちっちゃなこの子達に平和を残してあげられますように。


[PR]
by wkikyoko | 2017-11-24 23:58 | その他鑑賞(舞台等) | Trackback | Comments(0)

人形劇一筋60有余年!

この記事は11月24日まで上に来るようにしています。

西川さんの人形劇をぜひご覧いただきたい。
残席あとわずかとなりました。観覧ご希望の方は早めに連絡ください。
f0101679_093826.jpg
人形劇団おひとり座「ばあさんの一人語り」
   と き  2017年11月24日(金)19:00~
   ところ  山田家小ホール「いおり」飯塚市秋松560-4
   参加費 おとな2000円・こども(小1~18歳)1000円

「毎年このころ」 のできたわけ  「毎年このころ」と題して、京都の人形劇師、おひとり座の西川さんをお呼びして、毎年いおりで人形劇公演をし、10年達成したのがちょうど10年前。

 それは、そのまた10年前に足の付け根の悪性腫瘍が見つかった西川さんが「腫瘍を全部摘出すると、もう足が曲がらなくなって人形劇ができなくなるから、病巣を残して手術した。だから僕の10年後の生存率3割なんだ」と私につぶやいたことが発端だった。その場で私は「じゃぁ、毎年いおりで西川さんの人形劇をしましょう!そして一緒に10年後を迎えましょう!」と叫んでいた。

 そして、10年上演を続け、11年目には「今年も このころ」12年目は「やっぱり このころ」と続けていた。それが、ひょんなことから久しぶりにいおり公演となり、記録を辿ったら「10年目達成から10年!」という記念すべき年だったというわけ! 見逃せない!!

 80歳を超えた人形劇の名人芸が、いおりにやってくる!    いおり家主 山田眞理子
[PR]
by wkikyoko | 2017-11-24 19:00 | その他鑑賞(舞台等) | Trackback | Comments(0)
始まりのわらべうた 
 ♪ ぼうず ぼうず ひざぼうず ○○ちゃんのぼうず こんにちは
歌いましょう・手袋人形と布「おはながわらった」 
 ♪ 「おーはなが わーらった」×4 みーんな わーらった いーちどに わーらった
     「おーはなが わーらった」×4 みーんな わーらった げーんきに わーらった
わらべうた
 ♪ かくかく かくれんぼ ちゃわんに おたふく すっぺらー ぽーん
絵本「たまごをこんこんこん」 あかまあきこ 
手あそび「まあるいたまご」
 ♪ まあるい たまごが ぱちんと われて なかから ひよこが ぴよ×3 まーあ かわいい ぴよ×3
絵本「おつきさまこんばんは」 林明子
わらべうた・お手玉あそび
 ♪ ちゅちゅこっこ とまれ ちゅちゅこっこ とまれ とまらにゃ とんでけー
 ♪ ぺったらぺったん ぺったらぺったん もちつけもちつけ
     ぺったらぺったん ぺったらぺったん もちつけもちつけ もちつけた
絵本「だるまさんと」 かがくいひろし
おしまいのわらべうた
 ♪ さよなーら あんころもーち また きーなこ

 この夏受講した絵本コンシェルジュ養成講座の事後実習としてのお話会+ボランティアスキルアップ講座を行いました。今日はその2回目。1・2歳児向きのお話会プログラムです。参加者は実習者も含めてボランティア7人・図書館スタッフ3人・親子3組。冷たい雨のなかのご参加ありがとうございました。
[PR]
by wkikyoko | 2017-11-22 21:37 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)
6年生:
「大砲のなかのアヒル」 ジョイ・カウリー:作  ロビン・ベルトン:絵 (平和博物館を創る会編、平和のアトリエ刊)


 何日もかけて戦争を仕掛けに来た将軍。街を攻撃しようと大砲を向けるも、なんとその大砲の中にアヒルが入り込んで卵を産んだらしい。困った将軍はこともあろうか、攻撃するはずの市長に大砲を貸して欲しいと言いに行く。そんなことはできないと、市長は卵が孵るまでの3週間の休戦を持ちかける。1週間は無事に過ぎたが、今度は兵隊に払うお金が足りなくなってしまった将軍。再び市長を訪ねると…

 世界・平和の絵本シリーズ全10冊のひとつ。30年近く前に出た本です。あまりののどかさに思わず笑っちゃう展開ですが、平和を考えるきっかけになるといいな。6年生、途中からはっきりわかったみたいで、「ああ、なるほどね」といった感じで聞いてくれました。
[PR]
by wkikyoko | 2017-11-22 21:16 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
11月22日まで、この記事が上に来るようにしています。

赤ちゃん向きのお話会と、その後に赤ちゃん向きのお話会についてのスキルアップ講座をします。
お話会に参加してくださる親子さんと、赤ちゃん向きのお話会に興味のあるボランティアさんを募集中。
少人数での開催ですが、遠慮なく飯塚図書館へお申込みください。どうぞよろしく。

① 0歳の赤ちゃんとその保護者向け 11月16日(木) 10:30~
② 1歳2歳の幼児とその保護者向け 11月22日(水) 10:30~


会場はいずれも、イイヅカコミュニティセンター3F和室(311・312)です。
f0101679_022444.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-11-22 10:30 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(1)
第15回ちくほ図書館まつりの二日目。午後のイベントは、あそびっこ企画の「おはなししよう谷川俊太郎」でした。

f0101679_1727788.jpg
第1部:お話会 Part1
  絵本「これはのみのぴこ」
  絵本「がいこつ」
  わらべうた「おてらのはなこさん」
  絵本「フレデリック」
  わらべうた「てってのねずみ」
  絵本「もこもこもこ」
  絵本「いちねんせい」より詩を数編
第2部:おはなししよう谷川俊太郎
第3部:お話会 Part2
  群読「きりなしうた」
  群読「生きる」
  絵本「がいこつ」
  本「いそっぷ詩(うた)」より「北風と太陽」

 お話会や朝読、朗読勉強会などでよく読む谷川俊太郎さんの作品の数々。好きな絵本や詩がたくさんあるので、いっそのこと谷川作品のみのイベントをやってみようと思い立ちました。お話会では参加者の顔ぶれに合わせてプログラムの変更をしたり、第2部:おはなししよう谷川俊太郎では遠慮なく好きな作品の紹介しあいっこ。可愛らしいのから、色っぽいのから、摩訶不思議なのから、ブラックなのから、いろんな顔の谷川さんを楽しみました。

f0101679_1940743.jpg
最初に考えていたお話会プログラムはこんな感じだったんですが…

[PR]
by wkikyoko | 2017-11-19 19:40 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(3)
 第15回ちくほ図書館まつりの二日目。午前中のイベントは朗読ボランティア古川さん企画のお話会。紙芝居と童謡と折り紙です。私もお手伝いに行きました。大きい折り紙7枚+小さい折り紙7枚+竹串+ビーズで、きれいな傘も作りました。パーツの準備がされていたので、小学生ともなると大人の手を借りなくても仕上げることができました。素敵なお土産ができましたね♪

f0101679_202384.jpg
f0101679_2025055.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-11-19 19:30 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)