あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2017年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ちくぜん三昧②

レストラン南 国道200号線山家道の交差点を少し過ぎた所にあるレストラン。駐車場も店内も広々しているのにあっという間にいっぱいになっちゃいます。メニューはね、昔ながらの洋食屋さんって感じ。周りの皆さんミニコースランチを食べてる方が多かったです。私はあまりおなかが空いてなかったので、ちょっとだけボリュームを押さえて本日のお魚ランチ。Hは大好物のオムライス。
f0101679_0501026.jpg

レストランのオーナーシェフは、自然観察をしたり釣りをしたり昆虫の切り絵をしたりされてるという事で…
f0101679_050398.jpg



【セルージュ】 国道386号線沿いにあるステーキ・ハンバーグレストランです。山小屋風の建物と大きな看板が目印。看板には店名と「サラダ&ハンバーグ」の文字が。ハンバーグはね、いろんな種類があります。種類が多すぎて迷っちゃうくらいです。写真を取り損ねたのですが、サラダとコーヒーが付いてるセットにしました。セットのサラダとは思えないほど立派でしたし、コーヒーも丁寧に入れられていて満足。雨降りで寒い日でしたが、お客さんもたくさんでした。
f0101679_132313.jpg
f0101679_1123692.jpg
f0101679_1124692.jpg



やまぼうし 国道386号線石櫃の交差点から1本内側に入ったところ。旧日田街道沿いにある古民家を改造したカフェです。ここは建物を見たくって行きました。期待通りの佇まい。囲炉裏までありました。建物だけでなく食材にもこだわりのあるカフェでした。私とMはチキン南蛮。Hはハンバーグ。それぞれにコーヒーつけて。ケーキは1個をシェア。ガトーショコラ、濃厚でした。
f0101679_1301019.jpg
f0101679_1301950.jpg
f0101679_1303164.jpg
f0101679_1303962.jpg
f0101679_1304625.jpg


…というわけで、最近筑前町にはまってます。前回のちくぜん三昧は、ここでどうぞ。
まだまだ気になるところがいっぱいです。次はどこに行ってみようかな。

[PR]
by wkikyoko | 2017-02-28 23:53 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(0)

徒然に…

 今日はいいお天気だったけど、一日家に籠って、ぐだぐだして昼寝して映画を見て過ごしました。「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」は、劇場で観て、DVDで観て、今日はTVを録画したものをね。間借り人のおじいさん役のマックス・フォン・シドーは、たまにしか観ないけど、すごく印象に残る俳優さんです。

f0101679_23182147.jpg
小鳥レストランは相変わらず盛況でした。

[PR]
by wkikyoko | 2017-02-27 23:39 | その他鑑賞(映画等) | Trackback | Comments(0)

ビブリオバトルのお誘い

この記事は、2月26日まで上に来るようにしています。最新の記事はこの下からです。

 続くときは続くもので、筑豊地区では2月25・26日にビブリオバトルが行われます。25日土曜日は飯塚市内の商店街が、26日日曜日には川崎町のラピュタファームが会場です。それぞれに違う面白さが楽しめること間違いなし!

f0101679_21511444.jpg

055.gif ビブリオバトル in ぶっくりモール 2月25日(土)13:00~15:00
商店街と図書館がタッグを組んで取り組む「第1回ぶっくりモール in 飯塚 2017」。25・26日の2日間で行われるイベントのひとつとして、ビブリオバトルもやっちゃいます!参加費無料。8人のバトラーを募集中。観覧者の人数制限はありません。 【申込み・問合せ 飯塚市立図書館】 Fbイベントページ

055.gif Laputa + Bibliobattle 2月26日(日) 14:30~16:30
ラピュタカフェでもっと本の時間を。大自然の中、薪ストーブであったまりながら、本について語りあいませんか。参加費500円(ビブリオバトル限定スペシャルドリンク付き)。6名のバトラーと20名程の観覧者を募集中。ビブリオバトルの前に人気のランチも楽しんではいかがでしょう? 【申込み・問合せ ラピュタファーム】 Fbイベントページ
[PR]
by wkikyoko | 2017-02-26 23:59 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)

Laputa + Bibliobattle

 今日のバトラーは社会人3人と大学生3人。春を待ってるラピュタファームでのビブリオバトルでした。世代を超えてのバトルは緊張感を伴いつつも和やかな雰囲気。自然の中で本の話をするのもいいね。前半戦・後半戦、どちらも学生さんが紹介した本がチャンプ本になりました。チャンプ本を紹介したバトラーへのご褒美は、ラピュタのパンとジャムでした。いいなぁ~♪

 ラピュタでのビブリオバトルは、これからも続けて企画されるということです。バトルの前にランチもどうぞ。

f0101679_053187.jpg
f0101679_05402.jpg
f0101679_055252.jpg

赤めだか

立川 談春 / 扶桑社

半島を出よ 上下セット (半島を出よ)

村上龍 / 幻冬舎

侠飯 (文春文庫)

福澤 徹三 / 文藝春秋


疑似科学入門 (岩波新書)

池内 了 / 岩波書店

恋愛の科学  出会いと別れをめぐる心理学

越智 啓太 / 実務教育出版

グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ

デイヴィッド・ミーアマン・スコット / 日経BP社


[PR]
by wkikyoko | 2017-02-26 23:54 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)
 ぶっくリモールでのビブリオバトルにバトラーで参加をお願いした画家の植木先生。画材も持ってきて、会場で似顔絵描きもしてくださいました。1998年から始めた似顔絵が昨年には目標の1万人を突破し、今は2万人に向けて似顔絵描きを続けてらっしゃいます。無料で描いて下さる似顔絵。植木先生に会えた方はラッキーです。
f0101679_22444447.jpg

 そんな植木先生の左手。落書きじゃありません。ビブリオバトルで紹介する本の登場人物のお名前を書いたメモです。ビブリオバトルでの発表は、原稿を読んだりはできませんが、簡単なメモを見るのはOKなんです。外国のお名前って覚えにくいですものね。似顔絵もビブリオバトルもありがとうございました!
f0101679_2249127.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-02-25 22:49 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(2)
 図書館から飛び出して商店街を賑わせた本のイベント、「ぶっくりモール」でのビブリオバトル。8人の個性豊かなバトラーが各々の1冊を熱く語りあいました。不思議な絵本あり、ミステリーやSFあり、生活を考える本ありで、紹介される本もバラエティに富んでました。4人ずつに分かれての2バトル。前半戦も後半戦も、はじめてのバトラーさんの紹介した本がチャンプ本となりました。図書館スタッフのMさん始め、ドキドキ・ワクワクで臨んでくださった皆さん、ありがとうございました。発表するのも聞くだけも、そして司会するのも楽しいビブリオバトルでしたね。自画自賛♪

f0101679_2202988.jpg
f0101679_2223137.jpg

十ニの真珠 (ふしぎな絵本)

やなせたかし / 復刊ドットコム

ときめき昆虫学

メレ山メレ子 / イースト・プレス

春嵐(ハヤカワ・ノヴェルズ) (スペンサー・シリーズ)

ロバート・B・パーカー / 早川書房

長い長い殺人 (光文社文庫プレミアム)

宮部 みゆき / 光文社


やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方 (幻冬舎単行本)

わたなべぽん / 幻冬舎

ききがたり ときをためる暮らし

つばた 英子 / 自然食通信社

えいやっ!と飛び出すあの一瞬を愛してる 新装版

小山田 咲子 / 海鳥社

神狩り (ハヤカワ文庫JA)

山田 正紀 / 早川書房


[PR]
by wkikyoko | 2017-02-25 22:20 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)
 さて、明日明後日はビブリオバトル三昧の週末です。土曜日は司会進行で、日曜日にはバトラーで参加します。どの本をプレゼンしようかな。ここしばらくみぞみぞしながら読んだ本はこんな感じ。メモしとかないとすぐに忘れちゃうし、すでに忘れてるのもあるかもしれないけどね。このうちからどれか選ぼうと思ってるところ♪

 あ、みぞみぞね。今シーズン一番面白いなって見てるのが『カルテット』なんです。『ダウントン・アビー』も面白かったけど、シーズン5が終わっちゃった。終わったばかりで次の最終シーズンを待ち望んでいます。いやいや、TVの話ではなく本。なんだけど…「荊の城」は、来月公開される映画『お嬢さん』の原作です。映画はR指定になってますが、本はそれを期待して読んじゃダメよ。視点を変えて語られるストーリーは、驚きの結末を迎えるのです。

荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫)

サラ・ウォーターズ / 東京創元社

荊[いばら]の城 下 (創元推理文庫)

サラ・ウォーターズ / 東京創元社

本を読むひと (Shinchosha CREST BOOKS)

アリス・フェルネ / 新潮社

ウインドアイ (新潮クレスト・ブックス)

ブライアン エヴンソン / 新潮社


こちらあみ子 (ちくま文庫)

今村 夏子 / 筑摩書房

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)

角田 光代 / 講談社

赤めだか

立川 談春 / 扶桑社


昭和元禄落語心中(9) (ITANコミックス)

雲田はるこ / 講談社

昭和元禄落語心中(10)<完> (KCx)

雲田 はるこ / 講談社


[PR]
by wkikyoko | 2017-02-24 21:40 | 読書(その他) | Trackback | Comments(0)

チョーフの魅力

 下関市立歴史博物館が新しくなったというので、長府にお出かけ。功山寺の斜め前にできた博物館は立派で、専用の駐車場も完備。特別展は、中世から近世にかけて交通の要所である下関で大きな役割を果たした伊藤家と佐甲家にまつわる展示で、興味深いものでした。
f0101679_1275121.jpg

 が、常設展も面白い。古代から終戦時までを網羅しつつ、やはりメインは近世から幕末で、龍馬愛用の食器などがさらりと置いてありました。でもって常設展は写真撮影OKの太っ腹。
f0101679_1371982.jpg

 気になったのは、江戸時代の女流俳人・田上菊舎。女性ながら全国を旅し、俳諧や漢詩やその他諸文芸を捧げたのですって。美しい自筆の本も残っています。あらま、写真に取ったのはキャプションの方でした。調べてみるとゆかりの地には顕彰会もあり、菊舎と彼女の生誕地を紹介する「菊舎の里」サイトもありました。
f0101679_1504669.jpg

 博物館の前にあるお店。もっと狭い道に沿ってあったような気がしてたのですが、博物館のエントランスが広々ととってあるので、通りの雰囲気がちょっと変わったような感じでした。あ、でもこの鬼たちは以前のままね。
f0101679_153539.jpg
f0101679_1542587.jpg

 でもって、やっぱりお楽しみのお昼ご飯は、壇具川のそばにある蛍遊苑に併設された喫茶四季庭で。蛍遊苑は長府製作所の記念館で、入場無料。お庭もきれいだし、つい長居してしまいました。立派なホールもあるの。それほど高くない金額で借りることができます。何か企画したくなりそうに…ってことはないか。
f0101679_23951.jpg
f0101679_232021.jpg

これは長府ボイラーの工場のミニチュア。作業工程を細かく説明してます。最後はダンボールで梱包よ♪
f0101679_254630.jpg

そしてOさん、今日も運転ありがとうございました♪帰りは日も差してきましたね。
f0101679_2183722.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-02-23 23:58 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)
 年に4回開催される交流会の、今日は30回目の集まりでした。少しずつですが交流も深まり、少しずつ面白いことも立ち上がったりしています。図書館が管理指定になって2期目もあと1年で終了。平成30年度からの新たな申請に向けて準備中だそうですが、民間になってよかったことのひとつは、この交流会じゃないかなと思っています。

f0101679_23324530.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-02-22 23:55 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)
5年生:
「うみさち やまさち」 いまにしすけゆき:文 おおただいはち:絵 (国土社)


 国土社の絵本むかしばなしシリーズは、約50年前に出版されたものです。作家も画家もそうそうたるメンバー。古い本ですが、立派なままなのをたくさん身近なところに持っています。活用しないともったいないなぁということで。
[PR]
by wkikyoko | 2017-02-22 10:11 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)