あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2014年 05月 ( 47 )   > この月の画像一覧

f0101679_7584233.jpg
 今夜の飯塚市民劇場第290回例会は、こまつ座「兄おとうと」でした。

 兄は「国民あっての国家」と人々の利福を説いた大正デモクラシーの先駆者・吉野作造。弟は「国家あっての国民」との信念から官僚となり大臣にまで上り詰めた吉野信次。お互いに兄弟のことを思いやっているのに、会えば議論の末に喧嘩別れの繰り返し。

 「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをゆかいに、ゆかいなことをまじめに…」という井上ひさしの言葉通りに、吉野作造の国家論が楽しく舞台上に繰り広げられました。ふたりの兄弟の妻は奇しくも仲の良い姉妹。彼女たちがそれぞれの夫を支え、兄弟の間を取り持っている様子や、5場それぞれの事件に登場する人々の人生も。

 3時間の舞台、ちっとも長く感じません。さすが井上ひさし。さすがこまつ座。
[PR]
by wkikyoko | 2014-05-29 23:59 | その他鑑賞(舞台等) | Trackback | Comments(0)
 所属してる団体の名称ですが、実行委員もやってるというのに、なかなか覚えられません。

 と、それはさておき…その福岡「子どもの読書」関連団体連絡協議会筑豊地区協議会が、今年もボランティア学習会を計画しています。添田町オークホールにて9月12日日曜日に開催予定。おいで頂く先生は、民話採訪者の小野和子さんです。乞うご期待!

 それで、オークホールまで行ったついでに添田町の図書館へも足を延ばしました。とんがりお屋根の可愛い建物です。様々なタイプの椅子が、いろんなところにいろんな形で配置されていて、グループで使えるお部屋もあったり、隅っこでこっそり座れるような場所もあったりで、読書心をくすぐります。児童コーナーも充実していました。児童館も併設されている子の図書館、築17年目だとか。7月の実行委員会はこの図書館で行います♪

f0101679_152323.jpg
f0101679_145238.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2014-05-28 23:59 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(5)

人気の遊び♪

f0101679_1249893.jpg 今日の「ほのぼの広場」は、絵本「はらぺこあおむし」にちなんだおもちゃ作りでした。可愛いのができて大喜びだったのは子ども達よりママの方かな。絵本も読んでもらって楽しかったね。

 工作が終わった後の自由遊び。人気の遊びは、ブロック・ひも通し・ままごと・粘土でした。ふわふわの布製ブロック、最初はそれぞれに遊んでいたふたりがいつの間にか共同作業。ママの声かけやサポートもいいなぁって思いながら見てました。

f0101679_12564728.jpg
f0101679_12595871.jpg
窓の外を走る電車はいつでも大人気です。

[PR]
by wkikyoko | 2014-05-28 23:42 | つどいの広場いいづか | Trackback | Comments(0)
6年生:
「わがはいはのっぺらぼう」 富安洋子:作 飯野和好:絵 (童心社)
「あっ、ひっかかった」 O・ジェファーズ:作 (徳間書店)
本の紹介「ランドセル俳人の五・七・五」


 6年生にはナンセンス絵本を2冊。思春期の男の子&女の子、教室の中でなかなか素直になれないこともあるよね。でも、わっはっは~!と大笑いするのもいいもんだよ。何となく斜に構えて、読み聞かせの時も少し遠巻きに座ったりする6年生ですが、なんかめちゃくちゃ楽しそうに笑ってくれました。突っ込みが入れられるのも良かったのかもね。

 「あっ、ひっかかった」の訳者は青山南さん。新しく入った絵本で「青山南・訳」ってあるとついチェックします。そしてやっぱりねとニンマリ。ナンセンス絵本をお探しの際はどうぞ。私は大好き。

 それから、大笑いした後でなんなんですが、「ランドセル俳人の五・七・五」を紹介しました。

ランドセル俳人の五・七・五 いじめられ行きたし行けぬ春の雨--11歳、不登校の少年。生きる希望は俳句を詠むこと。

小林 凜 / ブックマン社


[PR]
by wkikyoko | 2014-05-28 23:27 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
 わいわいキッズいいづか5月の乳幼児&低学年例会は、人形劇団プーク「もりのへなそうる」でした。

 お兄ちゃんのてつた君は5歳、幼稚園に行ってます。弟のみつや君は3歳でまだ幼稚園じゃない。しっかりおしゃべりできるけど、まだちょっと言い間違いが可愛い頃。ふたりは自分達で描いた地図を持って森へ探検に出かけます。リュックサックにはお母さんの作ってくれてお弁当。そこで見つけた不思議な卵。その卵から生まれたらしいへなそうる。てつた君とみつや君とへなそうるは、3人で仲良く遊ぶのでした。いっぱい遊んでまた明日!

 子ども達にとって、幸せな日々ってこんな感じなんだろうな。兄弟仲良く遊んで。お母さんにお弁当作ってもらって。お友達にもすぐなれて。毎日が冒険。それは本当のことかもしれないし、空想の世界かもしれないけどね。そんなことを感じさせる人形劇。人形劇を観てる子達も、どっぷりその世界に浸ってて、笑ったり、怖がったり、頑張れーって応援したり。しっかり心を動かしてました。君達も幸せだよね!

 原作はこれ…

もりのへなそうる (福音館創作童話シリーズ)

わたなべ しげお / 福音館書店



人形劇を観る前に集まって遊びました。それぞれみんなが考えたへなそうるです。
f0101679_1911868.jpg

観終わったあとのプレゼント渡し。ドキドキするけど、これも大きなお楽しみ♪
f0101679_19105497.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2014-05-27 23:52 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(2)
5月27日まで上に来るようにしてます。最新記事はこの次からです。

わいわいキッズいいづか乳幼児部・低学年部合同5月定例舞台鑑賞会
『もりのへなそうる』
5月27日(火)19:00~ イイヅカコスモスコモン展示ホールにて
f0101679_0431434.jpg
~はじめての人形劇との出会いに~(チラシの言葉より)

 幼児期は、ごっこあそびなど子どもたちが想像力をうんと働かせてあそぶ、大切なとき。ファンタジーは、生きるためにかけがえのないもの。人生の宝物のようなきらめく子ども時代―。親子で、ともだちで、笑いあう日々をたくさんつくりたいものです。

 しってる?舞台芸術って、五感を使って、共感能力や想像力を育むんです。そして幸せな人生を生きる力が、喜びの中にいっぱい詰まっているんです!!
f0101679_0573938.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2014-05-27 19:00 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)
 人形のアシュリー・ディスコダンス・ハッピーエンドのお伽噺・そして…チョコレートドーナツ。

 ショーダンサーのルディと弁護士のポールは、母親から育児放棄されたダウン症の少年マルコを引き取り、子ども部屋を用意し、学校に通わせ、勉強や遊びも共にし、眠る前には大好きなお話もしてあげた。まるで本当の家族のように。けれど、マルコは二人から引き離されてしまう。二人がゲイだから。同性愛に対して強い偏見と差別のあった1970年代後半のこと。同性愛者と分かった瞬間、ポールは同僚から軽蔑の目で見られ、仕事をも解雇されてしまう。家庭局はゲイのカップルというだけで養育者として不適切との判断を下すし、裁判所でもそのことばかりを大げさに取り上げて二人の訴えに耳を貸そうとしない。

 映画は、マルコの好きだったハッピーエンドでは終わらなかった。ビターエンド。でも、何度でも観たい。ルディやポールやマルコにまた会いたい。そんな気持ちになった映画でした。ルディ役のアラン・カミングがとてもいいです。KBCシネマで上映中。




f0101679_18101100.gif
同じころ、こんなドキュメントも教えてもらいました。



f0101679_1811620.gif

[PR]
by wkikyoko | 2014-05-26 23:59 | その他鑑賞(映画等) | Trackback | Comments(0)
 今日は文枝師匠の独演会。あ~、笑った!笑った!そしてちょっぴりほろりとしました。文枝師匠、古稀を過ぎてますますお元気。お得意の創作落語を堪能させていただきました。三実・三語・三若という3人のお弟子さんの噺の後、まずは「ぼやき酒屋」。中入りがあって最後に「友よ」。「友よ」は、文枝襲名後に作られた噺だそうで、老いの可笑しさと哀しさ、友情や夫婦・家族の機微にあふれた噺でした。

 写真は、開演直前の嘉穂劇場。もうね、会場にあふれんばかりの観客。文枝師匠はサービス精神満点で、中入り後の登場は花道から。終演後も舞台上で踊ったり仮花道の方へもどんどん進んでいかれて、握手握手握手でした。

f0101679_21514622.jpg

こんなサイト】、見つけちゃった。しばらく落語に浸っちゃお♪

[PR]
by wkikyoko | 2014-05-25 21:53 | その他鑑賞(舞台等) | Trackback | Comments(0)
ちいさな森のお散歩のあとにあれこれ用事を済ませまして、帰る前にちょっと海を見に寄り道。
お天気も良くて、何かちょうどお祭りの日で、地ビールが私を呼んでいるみたい。運転手じゃないし~ぃ♪
f0101679_21112970.jpg
f0101679_2114852.jpg


でも、飲ませてもらえませんでした。しょうがないのでお土産としてお持ち帰りしました。
美味しかったけど…やっぱりその場で飲みたかったなぁ。
f0101679_21221592.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2014-05-24 23:59 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(0)

瘤取りの森

今日の森歩き。瘤取り爺が雨宿りしたんじゃないかと思われるような木のうろを発見。
ここは山口県指定天然記念物「長門一の宮住吉神社社叢」です。
f0101679_23104352.jpg
f0101679_0253672.jpg

そんなに大きな森ではないけれど、まあどちらかといえば小さな森だけど、
周りにはちっちゃな用水路やため池や神事用の田んぼもあリます。用水路の脇には白いツユクサの群生。
f0101679_026719.jpg
f0101679_0261776.jpg
f0101679_026273.jpg

でもって、お昼ご飯は神社のお隣BILLIEにて。私はウニととろろのクリームパスタ。Hは、太陽のオムライス。
セットにするとたっぷりのサラダと小さなデザートが付いてきます。コーヒーはセルフでおかわり自由。
ここのお店、どのメニューも美味しいのですがけっこうボリュームありです。要注意。
f0101679_0331024.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2014-05-24 23:57 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(0)