あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2013年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

作家の顔

 「林忠彦写真展~日本の作家109人~」へ行ってきました。林忠彦の作品を観に行くというより作家の顔を見てみたいという思いからでした。あの人とあの人とあの人の写真はきっとあるだろうな、とか。あの人はどんなふうに写ってるのかな、とか。作品雰囲気と作家の顔の関係は面白いよね、とか。

 最近は美術館の裏手のドアから入るんだけど、今日は久しぶりに下の駐車場に車を止めて、正面玄関に向かいました。玄関右手には写真展の大きな看板。バーかどこかの背の高い椅子にいたずらっぽく座ってるのはいったい誰?一瞬わからなくって、しばらくして太宰治と気づきました。展示室の入口には鋭い瞳の川端康成。なんかもうそれだけでワクワクです。

 会場には一人の作家につき1枚の写真。よく知った顔・顔・顔。如何にもねっていう顔。へえこんな表情もするんだっていう顔。名前は知っててもこんな風貌だったのかと始めましての顔。モノクロの写真。タバコとか眼鏡とかお酒の壜とか無造作に積まれた本とか、立派な書斎だなぁとか、着物がお似合いだなとか、よくもこんなとこまで撮らせたなぁとか。

 やっぱり自分が好きだった作家に興味は行くのだけれど、写真に添えられた林忠彦の言葉から写真を見るポイントも分かるし、写真を撮った時のエピソードや林自身が感じた作家の印象も面白くて、1粒で2度美味しい!純粋に写真を楽しむために行っても、文学的な興味からにしても、必ずもう一方の楽しみも感じられること請け合いです♪
f0101679_17135166.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2013-08-31 23:44 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)

イベント中止

 台風と秋雨前線のダブルパンチで、昨日から大雨に雷で大荒れです。台風の進路図とにらめっこしていましたが、今日開催予定だった福岡県共助社会づくり事業報告会は、主催者判断で昨夜の時点で中止が決まりました。私達も昨年助成を受けて行ったチームすくすくの報告等で参加する予定にしていたので残念ではありますが、参加者や来場者の安全を考えると、早めに中止の決定を下してくださってよかったと思ってます。

 あ~ん、でもやっぱりちょっと心残りです。活動のアピールと財政活動を兼ねて可愛いセットをたくさん作ったのになぁ。「チームすくすくの手作りおもちゃセット」には竹とんぼとびゅんびゅんゴマ、かみつきへびに折り紙の手裏剣が入ってます。「これが完売したらベビーマッサージ用のオイルが1年分は買えるかなぁ~」と、取らぬタヌキの皮算用でした。かみつきへび、面白いよ♪
f0101679_95796.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2013-08-31 10:01 | つどいの広場いいづか | Trackback | Comments(3)

大分旅行

 …というわけで、草間彌生展をメインにした大分へ行きでした。ホテルは別府の海の傍にして、美術館を見た後は大分駅や別府駅の周りをうろうろ。翌日はうみたまごに行って、高速使わずに湯布院経由であちこち寄り道しながら帰りました♪

行きは椎田道路・宇佐別府道路経由で。はい、ここは別府湾サービスエリアです。
f0101679_1433873.jpg
f0101679_14363811.jpg

今回の旅行の第一目的地の大分市美術館。常設展も楽しかったですよ。
f0101679_14221145.jpg

大分駅は新しくなってました。別府駅の周りはお散歩用の足跡たどってあちこちうろうろ。
f0101679_144673.jpg

海が見えて半露天風呂付き広々お部屋のうみねに泊まりました。
f0101679_147746.jpg
f0101679_144456.jpg

まずはうみたまごへGO!平日だけど夏休みなのでけっこうな人出でした。
f0101679_1442858.jpg

ぐいぐい山道を登って少し降りて…狭霧台まで来るとほっとします。
f0101679_1442322.jpg

湯布院で昼食をとった後、以前から気になってた岩下コレクションへ。楽しみました!
f0101679_1444979.jpg

慈恩の瀧で一休み。その後天ケ瀬のあまがえるにも寄りました。今日は開いててよかった。
f0101679_1444892.jpg
f0101679_14444254.jpg

お天気にも恵まれ楽しいドライブができました。またお出かけしようねぇ~。
今度行くときは運転替われるようになっててね。

[PR]
by wkikyoko | 2013-08-28 23:55 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(2)

水玉に魅せられて

f0101679_16505923.jpg Mちゃんが1年ぶりに帰省したのでどこか行こうということになりました。どこにする?行ってみたいとこはある?

 お出かけ場所について普段あんまり自分の希望を言わないNちゃんが、珍しく行きたいとこを言いました。私も行ってみたかったとこなので、行先すぐに決定!大分市美術館「草間彌生~永遠の永遠の永遠です。

 作品もそうなんですが、ご本人の存在感が大きくて、とっても気になっていたのですね。

 …なんというか、圧倒されました。でもとっても楽しかった♪

 会期は10月20日までなので機会を作ってぜひどうぞ。チケット購入コーナーの近くにある大きなパネルが人目を引いていましたが、その斜め前くらいに15分程度のビデオを見れるコーナーがあって、草間さんの生い立ちや若い頃からの作品等を紹介されていました。私達は展示を見た後に気づいてそれを見たのですが、先にビデオを見て作品を鑑賞するのもいいなと思いました。
f0101679_1733932.jpg
f0101679_1734587.jpg
f0101679_17121577.jpg
f0101679_1712384.jpg
f0101679_1713645.jpg
f0101679_17245016.jpg
草間さんの言葉に感動してパンフレットに書き写しました。「永遠の永遠の永遠」と題された文章の一部です。
   私は生きたい、心の限りも
   芸術にかがやいた火をつけて
   命の限り、無限の生と死のかがやきをもって 200年も500年も生きながらえて
   平和と人間愛の行き着く所への不滅の志をもって 
   命の限り、たたかっていきたい

[PR]
by wkikyoko | 2013-08-27 23:59 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(2)

夕方青空

ホンの2~3日のことなのに、青空が嬉しい夕方。
雲のむこうに高い山の頂が覗いてるような…でも、み~んな雲♪

f0101679_18151721.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2013-08-26 18:15 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
雨たくさん降りましたね。あともう少し降るのかなぁ。
でも、殿も「もうこれで充分!」との仰せです。今夜中には止んでちょうだいな。
明日はMが帰ってきます。1年ぶりの帰省です。ひと山越えて空港までお出迎え。雨降りは嫌だよ~!

f0101679_2141302.jpg

お庭で見つけたトノサマガエルです。発見して撮影したのはHです♪

[PR]
by wkikyoko | 2013-08-25 21:47 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)
1.わらべうた「ぼうずぼうず」 全員
2.手遊び「はじまるよ」 全員
3.絵本「どっちのてにはいっているか」 M浦
4.絵本「いっぽんばしにほんばし」 A山・M浦
5.手遊び「いっぽんばし」 A山・M浦
6.手遊び「りんごころころ」 I上
7.ペープサート「うさぎとかめのかけくらべ」 I上
8.手遊び「りんごころころ」 I上
9.わらべうた「さよならあんころもち」 全員


M浦さんの感想:雨が結構降っていたのでお客様いらっしゃらないのではと思っていましたが、子ども8名・大人5名の参加でした。子ども達がどんどん話の中に入ってきて、目の輝きが増していくのがよくわかりました。いろんな分野のお話で、参加型あり、ペープサートあり、手遊びもリズムがあり、とてもよかったです。
[PR]
by wkikyoko | 2013-08-24 23:58 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)
 題名に「図書館」ってつくとつい反応しちゃう。干ばつが続く中、畑に水をくみ上げるための風車が壊れ、パパも家を出ていってしまった。ママがきつい言葉でパパを責めたてたせいかなぁ。それで、残された妹や弟と一緒にママの故郷へ帰ることになった。死んだと思ったおじいちゃんは海辺の町で生きていた。年若くして故郷を捨てたママ。おじいちゃんとの確執もある。14歳だったローズは本を読むのが好きで作文も上手で、将来は作家になることが夢だったけれど、一家を支えるために歳をごまかして移動図書館の運転手になった。1940年の事だった。その後、ローズの息子(マール・ヘンリー)・孫(アナベス)・ひ孫(カイル)と4代にわたる少年少女の10代の頃の一場面をその頃に流行った本や映画や音楽などを絡めながら生き生きと描かれていく。

 この物語は1940年代に17歳でテアボン郡図書館の移動図書館バスの運転手だったベティ・デイード・ロックウッドの事をヒントにして書かれました。決して裕福ではない人達にとって1冊の本が、家の近くにやって来る小さな移動図書館がどんなに大事だったかを教えてくれます。物語の中には本よりロックって子もいますが。それぞれの世代の子ども達が、それぞれの悩みを持ちながら過ごしていたこともきちんと描かれています。離れて住んではいても、家族の中心にローズがいました。そして、年老いたローズは、少女の頃の夢を何十年もかけて果たすことができました…そんなお話♪

ローズの小さな図書館 (児童書)

キンバリー・ウィリス・ホルト / 徳間書店


[PR]
by wkikyoko | 2013-08-24 22:58 | 読書(児童書・YA) | Trackback | Comments(0)

雨宿り♪

f0101679_1654457.jpg

一昨日から雨がよく降りました。軒下までしっとりとして、草花もほっと一息といった風情です。
そんでもって、ぐんぐん近づいて、よ~く見ると…おやおや!君ぃ、こんな所に居たとはね。
どこまでが足でどこからが草なのかちょっと区別がつきません。かくれんぼ上手さん♪

f0101679_1703931.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2013-08-24 17:05 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)

すくすくモビール♪

 正確にはモビールではないけれど…来週末のイベントに向けて、ちょっと飾り物作り。昨年度、久芝幸さんにお願いしてteamすくすくのイラストを描いてもらいました。前髪がくるんと長く巻いてるのがキャラクターの特徴です。赤ちゃんだけでなく、ママもパパも同じ前髪で可愛いでしょう♪持って行くのは、8月31日土曜日アクロス福岡。ふくおか共助社会づくりのこれからを語るつどいです。
f0101679_044083.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2013-08-23 23:08 | つどいの広場いいづか | Trackback | Comments(0)