あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2013年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

かきまくりだよ~!

今日は、「おばげい」でのワークショップでした。かきまくり3世画伯と一緒にスクラッチ!
f0101679_21181236.jpg
キャンバスから自分達作る本格的なワークです。2時間で2枚描きましたよ。
「たのしんで・おばげい」にちなんで、オバケなど描いてみました~。楽しかったぁ!
f0101679_21183416.jpg
小さいさんのノビノビも可愛かったし、ハル君はやっぱりアーティストでした。
でね、白地の下にはこんなふうにカラフルな絵が隠れてるんです。すごいでしょ♪
f0101679_21313250.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2013-07-31 21:34 | その他の活動 | Trackback | Comments(0)

施設拡大しました♪

メダカの赤ちゃん達に、より快適な環境を提供するため、施設を拡大しました。
今度は広さも深さも充分な、ちゃんとしたガラス製。メダカ味海苔保育園です。どうぞよろしく♪
f0101679_7204445.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2013-07-31 07:25 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
f0101679_15443696.jpg え~っと、これは串カツのお菓子が入ってたプラスティックの容器です。高さ20cm、直径は…9cmくらいかな。

 そんな容器にうじゃうじゃいるんですよ。メダカの赤ちゃん。ここ3年ほど飼ってますが、こんなにどんどん赤ちゃんが生まれるのは初めて。もしかしたら気づかないうちに生まれて自然淘汰されていたのかもしれないけれど、とにかくこんなにたくさん見つかるのは初めて。

 Hが面白がってどんどん見つけては、親メダカの居る水鉢から掬ってきます。目を凝らしてやっと見つけられるくらいのミニサイズです。

 よって、メダカ串カツ保育園の保育士さんはHです。目が離せないので室内保育となっています♪
[PR]
by wkikyoko | 2013-07-28 16:11 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)

子ども夜市2013

 おかげさまで、今年の夜市も大盛況。今年はゲーム屋さんが多かったように感じました。どこも人気でした。小物も相変わらず可愛いなぁ。もみもみガールズが復活しててかなり嬉しい子ども夜市2013でした。 写真は準備中の時間帯。7時から8時にかけてはギュウギュウ詰めの商店街でしたね♪
f0101679_08294.jpg
f0101679_082918.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2013-07-27 23:59 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(0)
 という訳で!一夜明けての学習会当日。午前中の分科会も、午後からの内田麟太郎さんの講演会も、大変充実したものとなりました。麟太郎さんには、前日の夕食会で出た話題やお願いをたっぷりお話くださり感謝感謝です。講演会のまとめは私の係です。お盆前までにはまとめます。
f0101679_0531428.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2013-07-27 23:45 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(4)
1.わらべうた「ぼうずぼうず」 全員
2.手遊び「はじまるよ」 全員
3.絵本「こぐまちゃんのみずあそび」 A山
4.絵本「うさこちゃんおばけになる」 M浦
5.絵本と歌遊び「おばけなんてないさ」 全員
6.手遊び「りんごころころ」 I上
7.エプロンシアター「みんなねんね」 I上
8.手遊び「りんごころころ」 全員
9.わらべうた「さよならあんころもち」 全員


M浦さんの感想:夏ならではの水遊びやオバケをメインに据えて絵本を選びました。子ども9名・大人7名とたくさんの参加があり、とても楽しんでもらえました。手遊びの「りんごころころ」は、子ども達がすごく喜んでいました。
[PR]
by wkikyoko | 2013-07-27 23:45 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(2)

麟太郎さんといっしょ♪

 27日福智町金田で開催する内田麟太郎さんの講演会を前に、麟太郎さんとスタッフと一緒にお食事会。大好きな詩集にサインを頂きました。講演会等の詳細はチラシをご覧ください。当日参加もOKです!

 こぼれ話…麟太郎さんのプロフィール写真、縦にちょっぴり伸びてます。どのくらいかの確認は会場で♪

f0101679_7174192.jpg

f0101679_7223916.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2013-07-26 23:59 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(2)
7月26日(金) 13:30~15:30
     飯塚市鯰田「つどいの広場いいづか」にて
     参加費:2000円 講師:濱崎けい子さん(二人の会)


今日のメニュー:発声練習・言葉遊びいろいろ
         「のはらうたわっはっは」より夏 くどうなおこ
         構成詩「ヒロシマ・ナガサキへの鎮魂歌」 峠三吉ほか


 今日も私とF市さんと濱崎さんとの贅沢な勉強会。いつもの発声練習の後、いつもの「のはらうた」を。そして今日は、原爆の詩を構成した朗読詩劇の台本を読みあいました。原爆資料館の人形が悲惨すぎるので撤去しようという話が聞こえてきたり、8月6日の出校日に原爆の話がされなかったという話を身近に聞くこともあります。でも本当にそれでいいの?濱崎さんが東京の劇団に所属していたころに上演していたという朗読詩劇。それを短くまとめて20数年前の高校演劇の講座で使った台本です。峠三吉の「にんげんをかえせ」で始まる台本を読み進めました。怒りや悲しみをストレートに表現してみる。激しく波立つ気持ちを抑えて読んでみる。つらいけど読まなくっちゃ。最後に読んだ山田数子の「慟哭」は、母の気持ちに涙をこらえることができませんでした。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初心者大歓迎! お問合せはわいわいキッズいいづかまでお願いします。
        このブログのコメントでの問合せや参加申込みもOKです。
        非公開コメントにできますので、お気軽にどうぞ。
        次回は9月下旬の予定です。

他にも、
朗読の会「どんぐり」は経験者中心で長年続いている会です。練習は夜間。
  濱崎けい子さん指導の下、朗読を通したいろいろな表現を楽しんでいます。
  絵本はもとより、エッセーやショートストーリー、長編を読むこともあります。
  毎回あっという間に時間が経ち充実した内容になっています。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


濱崎けい子さんは宮崎県在住の女優さん。
 地域に密着した子どもと演劇をつなぐ幅広い活動が評価され、児童・青少年演劇に貢献した演劇人に贈られる「第27回全児演正賞」を受賞。2005年は二人の会20周年記念として、堺雅人さん(NHK大河ドラマ「新撰組」「篤姫」に出演)との二人芝居「宮城野」に取り組まれました。また、2006年秋には劇団一跡二跳の最新舞台「アラブ・イスラエル・クックブック」に客演し、長山藍子さん(劇団朋友)と共演されました。2011年5月に上演されたペテカンの『青に白』や2012年のペテカンシニア組の旗揚げ公演『朗読劇たかえ先生への手紙』も好評を博しています。九州各地を中心に、音楽家の方と組んだり一人芝居や朗読劇など幅広いジャンルで活躍されています。最近では、音楽ユニットアルケミストとのコラボレーション「唄とピアノと語りと」が、大好評でした。

 
濱崎さんの公演・ワークショップ御希望の方は、
  このブログのコメント欄を利用してお問合せください。
  非公開コメントで連絡先を教えていただければお返事いたします。


        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
by wkikyoko | 2013-07-26 23:46 | 朗読勉強会「みみずく」 | Trackback | Comments(0)

楽しんで❤おばげい!

f0101679_6441574.jpg 鯰田にあるマサジアートギャラリーで26日から始まった【おばげい】が、とてつもなく楽しいです。アーティストの皆さんが本気で楽しんでるお化け屋敷。怖くないよ~!でもドキドキだよ~!遊び心もてんこ盛りです。

 初日の一番乗りを狙ってたけど、1時間近くの遅刻。でもちょうど可愛い3兄弟と居合わせました。「怖くないよ」「ちょっと怖いよ」「声がするよ」…と、すでに一回り以上した彼と彼女達の報告を聞いて、「じゃあ一緒にまわってよ」「やだ」「一人じゃ怖いから一緒に行こうよ」「じゃあいいよ」と言うことになり、黒い扉を潜って一緒に回りました。本気度が怖かったです!?

 マサジアートギャラリー…、気になるけどまだ行ったことがないなぁという方はぜひこの機会に。楽しいオバケグッズもそろってました。アートだけれど、気軽に買えるお値段です。子ども連れはもちろん、大人だけでも本当に楽しいよ~!
f0101679_626164.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2013-07-26 23:25 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)
f0101679_230273.jpg
 陸前高田市訪問報告会へのご参加ありがとうございました。昼の部には大人9名の参加。夜の部には大人2名のほか、子ども達も一緒に話を聞いてくれました。

 からすちゃんは続けて訪問する中で感じた変化を、私は初めて訪れた感想を中心にお話をさせていただきました。どちらの回でも皆さん熱心に質問をしてくださり、ご自分の思いも語ってくださったりして、「こっこさこ」らしい被災地を想うみんなのあつまりになったと思います。

f0101679_23172653.gif

 旅の概要は、東北旅行に書いた通りです。7月15日夕方に遠野でからすちゃんと落ち合い、翌16日の午後に陸前高田市を訪れました。からすちゃんの運転で、内陸部の遠野から川沿いに陸前高田の海岸地区を目指しました。岩手県は広く、陸前高田市も広くて、海からずいぶん遠い所から陸前高田市に入ります。緑豊かな山々と清らかな川、下るにしたがって広がっていく水田。のどかで美しい景色の中に、ポツリポツリと仮設住宅地の看板やプレハブの建物が見え始めました。

 からすちゃんが毎回訪れているのは、自主運営で子育て支援を行ってるきらりんキッズと、地域子育て支援センターあゆっこと、震災後にできた横田地区のたけのko学童クラブです。今回もその3か所にお邪魔する予定にしていましたが、来所予定を伝えればきっと受け入れに心を砕かれるだろうから、アポなしで行ってみようという事にしました。色々ハプニングもありました。「きらりんキッズ」と「あゆっこ」はその日午前中だけの活動で、実際の支援場所を見ることはできませんでした。でも、仮設商店街の一角にある「きらりんキッズ」は、2階の事務所に先生方がいらっして、思いがけない訪問を驚きと喜びとで迎えてくださいました。「たけのko学童クラブ」は、子ども達がいる状態で施設内の紹介をしていただきました。古い農協の建物を利用した学童でした。

 
 順番は前後しますが、「きらりんキッズ」の後、被害の一番大きかった海沿いの地区に向かいました。新しくできた大きな道を通って海に近いところまで行ってみました。防波堤が崩れ、大きな土嚢がいくつもいくつも並べてある一番先っぽの方まで歩いていきました。「怖いね」と言いながらも写真を撮っていたからすちゃんでしたが、実は言葉以上に怖い思いをしていたようで、ちょうどその日の朝にも遠野で地震に遭ったのですが、盛岡でも何度か揺れていたのと合わせて思い出し、今ここで大きな地震が来たらどうしようと、そういうことがぱあっと頭に浮かんだんだそうです。

 何度も写真で見せてもらった海沿いの一帯。がれきの処理はほぼ終わり、今はとても大きな規模で土盛りがされて、重機が何台も何台も作業をしていました。地面を数メートルも上げる計画なんだそうです。山手の方を見ると斜面を切り崩し、土盛りのための土砂を取っているようでした。そんな中に、高田松原の道の駅だった建物がぽつんと立ってました。外観はきれいに残っていましたが、内部はすっかりえぐられて、鉄骨や配管がむき出しでぐにゃりと曲がって垂れ下がっていました。床面にはがれきが散乱し、どうやって入り込んだのか背の高い松の木が斜めに突き刺さるようにしてます。そのすぐ近くに小さな慰霊碑。千羽鶴とお花がたくさん捧げてありました。そして、その前の大きな道路。復興作業と書いた幕をフロントに付けたトラックが、ひっきりなしに行きかってました。高台にはプレハブの棟を繋いだ仮設の市役所があり、たくさんの人が出入りしていました。その隣接地が本格的な市役所を含むコミュニティ施設になる予定で、こちらの工事も大掛かりに進んでいました。

 確かに復興は進んでいるように見えました。でも地面を広い地域にわたり数メートルもかさ上げする計画の工事は長い月日を要するんじゃないかと、そしてそれが完成すれば(完成しない今でもですが)、故郷の景色が一変してしまうのではないかと思えました。公の復興は進んでも、被災されたそれぞれの方達の暮らしはどうなるんだろうとも思いました。なくしたものの多寡では測れない悩みや苦しみを感じました。

  今回の訪問を終え、これからも、「こっこさこ」が陸前高田市のお友達に必要な支援が届けられるよう考えていきたいと思っています。みなさんのご協力もよろしくお願いします。

陸前高田市の写真は、ここをご覧ください。写真の説明も随時入れていきます。

f0101679_0371216.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2013-07-25 23:59 | 被災地支援「こっこさこ」 | Trackback | Comments(0)