あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2012年 07月 ( 40 )   > この月の画像一覧

小銭ツア~!

 最寄り駅のすぐ近くにある焼鳥屋さん。歩いて行ける唯一のお店なのに一度も行ったことがなかったの。で、今夜は初小銭!暑気払いと2学期の作戦会議を兼ねたお集まりです。朝読のメンバー10人が参加しました。4時間近く飲んで食べておしゃべりして。あ~っ、面白かった。

 お隣で飲んでた若者2人組が帰りしなに「女子会いいですね!」と声をかけてきました。ありがとう。うるさかったでしょう、ごめんなさいね。でもその一言が嬉しいです。だって、子どものころから知ってる〇〇さんちのお兄ちゃんだもの。「そうそう、お兄ちゃんにもいいお嫁さんが来るといいね。」と一気にご近所のおばちゃん気分になったりね。

 飲んで食べてひとり3000円の予算でしたが、清算すると7000円もお釣りが戻ってきました。まさに小銭で楽しめるお店でした。「700円ずつ戻そうか?」と言うと、「秋の読書フェスタのお弁当代にしよう!」との返事。これだとおやつ代も出ますよ。またまた楽しみが増えましたね。では、2学期もよろしく!



f0101679_1029965.jpg
f0101679_10292783.jpg
ところで、写真はなんと古銭ビスケット!

動物やアルファベットやキャラクターなら馴染みがあるけれど、
古銭のビスケットなんて初めて見ました。その名もエースコイン

でも、よく見ると「昭和30年発売」の文字が!
隠れたロングセラーだったのですね。ご存知でしたか?
エースコインの姉妹品はエース家紋~戦国時代編~ ココア味です。


[PR]
by wkikyoko | 2012-07-31 10:39 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(6)

ピンクの夕暮れ

ピンクに染まる。空の色が周りの空気に溶けだしたみたい。
カーテンの色が変わって夕焼けに気づいたの。

一瞬で変わっていくのを引き留めたい。で​も変わっていくから心惹かれるのかな…
f0101679_11181526.jpg

青空の写真は【ここ】に、それ以外の空の写真は【ここ】に集めてます。

[PR]
by wkikyoko | 2012-07-29 19:55 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)

子ども夜市速報!

f0101679_914435.jpg

第18回子ども夜市も、楽しく無事に終了しました。
詳しいレポートはまた後ほどということで、お店の様子はここで見てね。

本部では九州北部豪雨で被害を受けた日田子ども劇場へのカンパもお願いしました。
日田の事務所は度重なる豪雨で3度も水没したそうです。皆様のご協力お願いします!
f0101679_8492778.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2012-07-28 23:48 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(0)
手遊び「ひとつとひとつでどんな音」
わらべうた「ぼうずぼうず」
絵本「なつのおとずれ」 かがくいひろし:作
ペープサート「なんになるの」
絵本「ひとくちぱくり」 木曽秀大:作
絵本「うみ」 岸田衿子:作
手遊び「さかながはねて」
絵本「へんしんトンネル」 あきやまただし:作
手品「3つのコップ」
わらべうた「さよならあんころもち」


f0101679_1675081.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2012-07-28 16:08 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)

絵本学会のお土産です♪

先日の朗読勉強会の折、YOKOおばちゃまに頂きました。
山鹿であった第15回絵本学会では、八千代座で文士劇の特別講演もありました。
とっても行きたかったのに、外せない用事で行けませんでした。

お土産ありがとうございます!手ぬぐいです。
左がそのままの形。細長くって見にくいので、右は加工しました。
f0101679_197371.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2012-07-26 19:13 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)
 ちくほ図書館夏休みのお楽しみは、おはなしサークル「メンメンスースー」のお話会です。「メンメンスースー」は、ちくほ図書館の赤ちゃん向けお話会を一緒に始めたF井さんのサークルです。楽しい工夫が盛りだくさんのお話会。それにF井さんご自身に会えることが嬉しくって、今日も参加してきました。今回のお話会のテーマは「ほしがいっぱい」です。

f0101679_14341792.jpg
f0101679_14344163.jpg
f0101679_14343413.jpg
f0101679_14345797.jpg

☆☆☆☆☆☆

わらべうた「うめぼしや」
しかけ絵本「ほしい」
人形とわらべうた「くまさんくまさん」「みんなおんなじ」
パネルシアター「キラキラ星」「おほしさまひとつ」
わらべうた「そうめんや」
スティック人形「ぼく、ほしぼう」
わらべうたで遊びましょう「おちゃをのみに」
おしまいのわらべうた「さよならあんころもち」


f0101679_14502919.jpg
最後に野菜スタンプで歌詞カードを飾りました。
スタンプにしたお野菜は、切り口が星の形のオクラでした。

[PR]
by wkikyoko | 2012-07-26 14:52 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(1)

すくすくサークル 7/25

f0101679_13313622.jpg 昨年度から飯塚市で始まった新しい子育て支援制度赤ちゃんすくすく元気訪問とは、看護師の資格を持つ専門スタッフが生後4か月を迎えるまでの赤ちゃんがいる家庭を訪問し、子育ての悩みや心配事の軽減ができるようなお手伝いを行い、子育て支援に関する情報を提供しています。

 訪問先の中には、家にこもりきりになっている方や、友達は欲しいけれどなかなかきっかけがないとおっしゃる方がいらっしゃいます。そこで、訪問後のフォローアップとして、親子で集まって遊べる「すくすくサークル」を開催しています。昨年度は、3人の訪問陰惨を中心に運営していた「すくすくサークル」ですが、人手不足で続けるのが困難ということを今年2月のつどいの広場いいづか運営審議会で聞きました。

 そこで私達が一緒にやりましょうと一念発起し、協働でサークルを運営する事にしました。最初は特に予算を立てなくてもやっていけるしそのつもりでもいたのですが、タイミングよくちょうどぴったりの助成金の募集があったのでそれに応募、見事採択されました。助成金での事業は今年度限定ですが、この助成金を使って「すくすくサークル」運営の基盤作りとスタッフ養成を行う予定です。

 でもって、そんなこんなで始まった平成24年度の「すくすくサークル」の今日が第1回目。どのくらいの親子さんが来てるれるかとドキドキしていましたが、何と約20組の参加で大盛況の1日でした。

f0101679_13591478.jpg

 今年度から協働でサークルを運営することになり、気になっていたことをいくつか提案しました。

①BGMは不要。ずっと小さく流されていた童謡などのCDはやめにしました。

②おもちゃの準備をしない。電池で動いたり音や光の出るおもちゃやキャラクター物など可愛いものがいくつか用意されていましたが、そっと片付けました。

③親子で過ごすことが楽しいと思うような雰囲気づくり。制作中心のプログラムだと、大人の気は赤ちゃんから全くそれてしまいます。赤ちゃんを間にママ同士おしゃべりしたり、一緒に遊ばせたりすることができる時間が大事だと考えます。
[PR]
by wkikyoko | 2012-07-25 23:22 | つどいの広場いいづか | Trackback | Comments(0)

何が常識?

 一昨日のこと、職場に某TV局を名乗るA氏から電話があった。B氏の取材をしたいので連絡先を教えて欲しい。B氏の承諾なしに教えることはできないのでA氏の電話番号を聞き、B氏にその旨伝えると応えた。それからB氏にメールや電話を入れたが翌日午前中まで連絡がつかなかった。

 昨日は午前中自宅にいた。A氏より再び職場に電話が入ったと同僚より連絡。まだB氏に連絡がつかない旨をA氏に伝えるため電話を入れる。A氏、自分が直接連絡するので連絡先を教えて欲しいと言う。これは最初からそういう物言い。はぁ?普通本人の承諾もなく人の連絡先を教えられる?B氏にはきちんと連絡を入れるから待ってほしいと言う。何で私がA氏にお願いしなくちゃいけないんだろう。

 お昼になってA氏、どうしてもB氏の電話番号を教えてもらうわけにはいかないかと食い下がる。当然でしょう。それに、私が連絡を怠っているのではなく、携帯にも自宅にも電話を入れて連絡がつかないのだから。本人の承諾もなく連絡先のやり取りをするのはA氏にとっては常識なのかと尋ねる。教えてくれる人もいるとのA氏の回答!とにかく連絡がつくまで待ってと言う。

 午後から職場に行った。公のC氏から電話。B氏の連絡先を知っているかとの問い合わせ。何のために必要なのかと問う。某TV局のA氏から…とC氏。何ですって!いったいなんだと思ってるの?話の途中のC氏に食って掛かる。C氏は本人に確認の上連絡先を教えて欲しいと頼むつもりだったらしいが、それにしてもなんてこと!C氏にだって今の状況ではB氏の連絡先を教えるなんてありえない。

 夕方近くになってB氏より連絡が入る。ずっと忙しくしていて返事ができず申し訳なかったと丁寧なメールだった。B氏が謝る必要などない。A氏があまりにしつこいので、何度も電話やメールを入れてしまったのは私だから。もう少ししたら時間がとれるとのことで、B氏から直接A氏に電話を入れる事となった。その旨A氏に連絡をする。

 真面目なB氏の事だからきちんとA氏に電話を掛けたと思う。連絡は付いたのだろう。A氏からは何も言ってこない。
[PR]
by wkikyoko | 2012-07-25 08:05 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)
7月23日(月) 14:00~16:00
     飯塚市鯰田「つどいの広場いいづか」にて
     参加費:2000円 講師:濱崎けい子さん(二人の会)


今日のメニュー:発声練習あれこれ
        「これはのみのぴこ」 谷川俊太郎
        「山かつぎ」「くまのこ」 北原白秋
        「のはらう たわっはっは」より 工藤直子


 今日の参加者は私も入れて5名。3名は市内から、1名は隣接の市から、そして1名はお隣の県からの参加です。Mさんは小学校や図書館での読書ボランティア仲間です。Sさんはやはり小学校で読書ボランティアをしている人。Yさんは司書さんで、将来の夢はラジオでおしゃべりをする人になることだそうです。そしてFさんは年長のお友達なのですが、読書ボランティアを始めいろんな活動を積極的に楽しんでらっしゃいます。

 そんな5人の勉強会は人数が多い分、声の質や雰囲気もそれぞれで、同じ詩を読んでも違った雰囲気になるのも楽しく、群読もバリエーション豊かに作り上げることができました。前回濱崎さんも入れて3人で読んだ「のはらう たわっはっは」を、今回は参加者だけで回して読みあいました。無理に声を作るのではなく、自分の中にある声を引き出すこと。まずは自分自身の自然な声を自分の声として認めその声を磨くこと。

 「昼間の勉強会への出席は難しいの」という方に、夜間にやってる朗読勉強会「どんぐり」を紹介しました。福岡から参加してくださって、やはりとっても楽しかったんですって。夜の部には、セミプロの劇団員さんや教育関係の人やもう長年朗読を続けている人などが参加されています。こちらは参加費2500円。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初心者大歓迎! お問合せはわいわいキッズいいづかまでお願いします。
            このブログのコメントでの問合せや参加申込みもOKです。
            非公開コメントにできますので、お気軽にどうぞ。
            次回は9月中旬の予定です。

他にも、
朗読の会「どんぐり」は経験者中心で長年続いている会です。練習は夜間。
  濱崎けい子さん指導の下、朗読を通したいろいろな表現を楽しんでいます。
  絵本はもとより、エッセーやショートストーリー、長編を読むこともあります。
  毎回あっという間に時間が経ち充実した内容になっています。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

濱崎けい子さんは宮崎県在住の女優さん。
 地域に密着した子どもと演劇をつなぐ幅広い活動が評価され、児童・青少年演劇に貢献した演劇人に贈られる「第27回全児演正賞」を受賞。2005年は二人の会20周年記念として、堺雅人さん(NHK大河ドラマ「新撰組」「篤姫」に出演)との二人芝居「宮城野」に取り組まれました。また、2006年秋には劇団一跡二跳の最新舞台「アラブ・イスラエル・クックブック」に客演し、長山藍子さん(劇団朋友)と共演されました。2011年5月に上演されたペテカンの『青に白』や2012年のペテカンシニア組の旗揚げ公演『朗読劇たかえ先生への手紙』も好評を博しています。九州各地を中心に、音楽家の方と組んだり一人芝居や朗読劇など幅広いジャンルで活躍されています。

 
濱崎さんの公演・ワークショップ御希望の方は、
  このブログのコメント欄を利用してお問合せください。
  非公開コメントで連絡先を教えていただければお返事いたします。

[PR]
by wkikyoko | 2012-07-23 23:59 | 朗読勉強会「みみずく」 | Trackback | Comments(0)
は~い、私です!

9月2日の県大会出場目指しての福岡南地区大会に出場しました。
中川ひろたかさんの発案で始まったダジャレは世界を救う「D1グランプリ」です♪
f0101679_7223377.jpg
福岡南地区大会の実行委員長は、ガチンコシングルパパの宮原さんです。
f0101679_7234844.jpg
細かいルールも知らぬままに参加しました。ふむふむ…こんなルールだったのかぁ!
f0101679_7234857.jpg
お題に沿ったダジャレを30秒間に思いつくだけまず書いて…赤白順に発表します。
f0101679_7241393.jpg
バニーの武道家は司会者ね。白は昨年の地区優勝者さん。みんな真剣です。
f0101679_725032.jpg
真剣勝負の間には楽しいショータイム!ドラえもん出現に沸くショータイム!
f0101679_7303679.jpg
楽しいショータイム!マリオが横山やっさんに見えたショータイム!
f0101679_7251438.jpg
優勝を争ったのは仲良しの中学生同士。「勝ちたい」と言ってた子が勝ちました!
f0101679_7251543.jpg
エントリーしたのは子ども19名・大人11名。それに会場選抜1名と敗者復活が1名。
県大会出場資格は上位8名です。私?惜しくも漏れました。
f0101679_7563062.gif

 昨年から出たかったD1です。前回は日程が合わず、1年待っての出場でした。とっても楽しめました。ルールもよくできているし、楽しませる工夫が盛りだくさんでした。2回勝ち進めば県大会に行けるのですが、私は2回戦で敗れてしまいました。

 勝敗は3人のジャッジの挙げる旗の数で決まります。組み合わせの運や審査員の好みなども含めての戦いなので、思わぬ番狂わせもありハラハラです。去年の地区チャンピオンや県大会準優勝者も今回は涙をのみました。私が2回戦で敗れたのも昨年の県大会優勝者だったみたいで、それなら負けた甲斐もあるというもの。対戦が終わって席に戻ると、前に座ってた子が振り返ってそう教えてくれました。

 子ども達の訥々とした様子も可愛かったし、おじさま方の外連味たっぷりの発表も楽しかったです。そう、さすがダジャレ大会!成人男性陣の熱の入れようは面白かったですね。地区大会を渡り歩いて県大会出場を目指すのもありなんですって。

 そしてそして!ここで洒落でも冗談でもないびっくりに遭遇!なんと数少ない成人女性の出場者の中に同姓同名の人がいたのです。もうお互いにびっくり。その上くじで決めた対戦相手がその同姓同名の方。対戦順に座るのでお席も隣。すっかり仲良くなりました。1・2回戦で負けちゃった私達なので、その後は私達のお隣にいた中学生を応援。その子が優勝しちゃって、ますます連帯感が深まりました。お互いの連絡先を交換しました。また来年もお会いしましょう!
[PR]
by wkikyoko | 2012-07-22 23:58 | その他の活動 | Trackback | Comments(0)