あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2011年 11月 ( 40 )   > この月の画像一覧

1年生:
「トッケビのこんぼう」 チョン・チャジュン:文  ハン・ビョンホ:絵 (平凡社)
「十二支のはやくちことばえほん」 高畠純:作 (教育画劇)


 トッケビというのは、朝鮮半島に古くから伝わる妖怪?鬼に似た姿で描かれ、恐ろしいけれどユーモラスな存在です。「トッケビのこんぼう」は、貧乏だけど正直な若者と欲張りな若者の話が1冊に入っています。面白いのは本の作り。「はじめのはなし」が本の途中で終わって一度本を閉じ、裏返しにすると「つづきのはなし」が始まる仕掛け。続けて読みたいところでしたが、今日は「はじめのはなし」だけ。続きはまたのお楽しみ!
[PR]
by wkikyoko | 2011-11-30 13:24 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(2)

11月29日の夕空

11月も、もうすぐ終わるんだなぁと、メランコリックに眺める空。
f0101679_17173565.jpg
 
今日は、11月29日かぁ。「1129」…い・い・に・く…いい肉の日!
沈みゆく太陽を見送りながらぐぅと鳴るおなか

[PR]
by wkikyoko | 2011-11-29 17:22 | 日々の事など | Trackback | Comments(3)

火曜日さん:1年生

「チョコレートパン」 長新太:作 (福音館書店)
「かぞえうたのほん」 岸田衿子:作 スズキコージ:絵 (福音館書店)


 「火曜日さん」はこの6年間、1年生の朝読に入ってくれてたA子ちゃんの愛称です。自読がまだまだ難しい1年生に、耳で聞く楽しさをたっぷり味わってもらってます。今まではA子ちゃんに甘えてばかりでしたが、メンバーも増えたこともあり、今学期からみんなで受け持つことになりました。また、火曜日さんの時は、クラスに先生がいらっしゃらないので、読み手の他にもう一人サブで入ることにもしました。

 今日の火曜日さんはA子ちゃんと私。A子ちゃんが読み手で、私は子ども達の抱っこ係。1年生のみんなは朝の課題がまだ残ってたので、軽めの本2冊を楽しく読んでおしまいにしました。「かぞえうたのほん」からは、「ききたいかぞえうた」と「へんなひとかぞえうた」を読みました。

 
[PR]
by wkikyoko | 2011-11-29 10:07 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)

面白い物

浅草あたりへ遊びに行くというHに「面白い物買って来てね。」と頼みました。
f0101679_2029507.jpg
こんな物買って来てくれました。コークの壜のキャンドルスタンドですって。
f0101679_2030240.jpg
浅草とのイメージギャップも面白いなぁ。ありがとう!

11月23日(水曜日)勤労感謝の日
こちらは雨が降ったり止んだりの1日でしたが、東京は快晴だったのね。
f0101679_20381576.jpg
f0101679_20361382.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2011-11-26 23:59 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(2)
ずっとずっとずっと昔…この地はきっと豊かな穀倉地帯だったのでしょう。
f0101679_0482653.jpg
時をさかのぼって、私のお気に入りの場所に行きつきました。
f0101679_0483410.jpg



嘉麻市漆生にある沖出古墳公園です。前方後円墳がきれいな形で保存されてます。
f0101679_0484244.jpg
周りもきれいに整地されて気持ちのいい公園です。
f0101679_048512.jpg
山茶花も咲いています。今私のお気に入りスポットNO1!
f0101679_049164.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2011-11-26 23:47 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(2)
手遊び「始まるよ」
わらべうた「ぼうずぼうず」
絵本「いもほりよいしょ」いもとようこ:作
手遊び「やきいもぐ-ち-ぱ-」
大型絵本「もりのかくれんぼう」末吉暁子:作 林明子:絵
エプロンシアタ-「はらぺこかいじゅう」
わらべうた「さよならあんころもち」



M浦さんの感想:寒い朝がやってきました。T君とO君の二人が来てくれました。恥ずかしがっていたT君もだんだんと慣れて参加してくれるようになりました。

A山さんの感想:4週連続で週末が雨続きだった後のお天気の週末だったので、みんな外に遊びに行っちゃったんだろうな-。たった1組のお客様。子どもは2人のお話し会でしたが、「もりのかくれんぼう」の動物探しがゆっくりできました。

T瀬さんの感想:お客さん3人とボランティア4人。「ぼうずぼうず」は、ボランテアの私達も参加しました。「名前をよんでもらうのは、嬉しいね。」と、皆で話していました。寒くなってきました。お身体、おいとい下さい。
[PR]
by wkikyoko | 2011-11-26 22:57 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)

鉛筆画のゴッホ!

f0101679_0113121.jpg
 昨日の夜も、今日も朝からお昼過ぎまで、バタバタお出かけしていてNちゃんに申し訳なかったので、おやつはカフェでケーキセット。Nちゃんの選んだイチゴショートはなんだかスペシャルにでっかいような気がします。もうコーヒーも飲めるようになったそうだけど、やっぱり今日もリンゴジュースでしたね ♪

 で、カフェの後は2階のギャラリーへ。この前もらってきたポストカードのお姫様が気になってたみたいなので本物を観ることにしたのです。今日は作家さんの在廊日で、塚田さん、本当に黙々とお絵描きされてました。ちょうど他にお客様のいない時間でしたので、絵の事たくさんお聞きすることができました。ご自分の絵のタッチの変遷とか、なぜ​「うさださん」が手放せないと思ってるのか、これからど​んなふうに進んでいこうかとか…たくさんおしゃべりできて楽しかったです。背中合わせに並べるのもいいと塚田さんに教えてもらったので、ポストカード2枚で試してみました。「爬虫類は描かないの?」って聞いたら、思いもしなかったけど面白そうと、スケッチブックにメモしておられました☆会場にはなかったけど、バリバリ雰囲気のある1枚も貰ってきました。塚田浩士個展はあと1週間。11月30日までの開催です。
f0101679_026834.jpg
f0101679_0262212.jpg
f0101679_0275069.gif
f0101679_0271097.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2011-11-23 23:59 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(6)

初めての人形劇

f0101679_23234.jpg「赤ちゃん劇場」人形劇団クラルテ・西村和子さん

『モンモとバンポはいつもいっしょ』
   作・演出:西村和子 美術:西島加寿子
『ポッケのワンピース』
   原作:つちだのぶこ 脚色・演出:西村和子 美術:永島梨枝子


 赤ちゃんが初めて出会う人形劇。ママやパパと一緒にゆったりと人形劇を楽しんで欲しいといつも思っています。ブックスタートで絵本に出会うように、アートスタートとして赤ちゃんの時から生の舞台に触れて欲しいと思っています。優れた舞台を観ることは、赤ちゃんだけでなくパパやママにとっても、心踊る体験です。優しい語りかけや遊びのヒントや上質なユーモアや…いろんなことを吸収してください。何よりも、小さな人達が舞台を一生懸命観ている姿、きゃっきゃっと声を立てて笑ったり、舞台のお人形たちに声援を送ったり…そんな子ども達の様子にきっと感動されると思います。「こんな小さな子にわかるの?」なんて心配はいりません。幼い心に寄り添いながらの舞台です。


f0101679_232819.jpg
受付をして、みんなが揃うまで別室で待ってました。

f0101679_23281069.jpg
ご挨拶がすんで、1枚のタオルが変身すると同時に舞台にくぎ付けの小さな人達!

f0101679_23282290.jpg
f0101679_23283135.jpg
舞台が終わって、お人形さんにギュ~ッ、お人形さんとムギュ~ッ♪

f0101679_23284140.jpg
スタッフのおまけに軍手人形をじっくり見せてもらいました。

f0101679_23452713.gif
 乳児さんからしっかり楽しめるように、最適な観客数は約20組。小さいけれどとても贅沢な舞台です。ギュッとくっついて間近で舞台を観れるように客席を作ります。場の雰囲気に慣れないでぐずっていた赤ちゃんもあっという間に舞台に惹きつけられていきます。ママ達がゆったりした気持ちでいると赤ちゃんも落ち着きますし、赤ちゃんが楽しそうにしているとママ達も嬉しい気持ちになって、場がどんどん素敵な空気に包まれていくのが分かります。きっとお家に帰ってからもこの気持ちが続くのだろうなと、うれしくなるような感想をたくさんいただきました。
[PR]
by wkikyoko | 2011-11-23 23:38 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(2)

Waiting in The Wings

f0101679_2146338.jpgいいづか市民劇場第275回例会「出番を待ちながら」(木山事務所)

 かつて舞台や映画で華やかな活躍をした女優たちが暮らす慈善ホーム「ウイングス」での日々を描いた舞台。年老いてもなおそれぞれに強い個性を輝かせている彼女たち。思い通りにいかないこともある。確執もある。寝たきりや認知症や突然死という厳しい現実もある。それでもここを終の棲家として、彼女たちは明るく逞しく誇り高く生きていくのだ。いつだって、まだまだこれから!

 英国の雰囲気を濃く感じさせる重厚な舞台。豪華な女優陣。女優が演じる女優たちの老後。華やかさの中に悲哀があり、悲哀の中にも明るさがある舞台でした。
[PR]
by wkikyoko | 2011-11-22 23:45 | その他鑑賞(舞台等) | Trackback | Comments(0)

祝☆日本一!

やったぁ~~!
f0101679_22172256.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2011-11-20 22:17 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)