あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2010年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧


11月27日(土)全国ロードショー 『信さん~炭鉱町のセレナーデ~』
原作者・辻内智貴さんのトークショーが、図書館まつりの一環として行なわれました。


辻内さんは飯塚市出身。東京デザイナー学院を卒業後、音楽活動のため上京。
99年「セイジ」第15回太宰治賞最終候補。00年「多輝子ちゃん」第16回太宰治賞大賞受賞。
現在、飯塚在住。飯塚図書館には自転車に乗ってよくいらっしゃるとのこと。
f0101679_7351861.gif
お話の中で印象に残ったこと‥順不同


♣ 「小説を書くことは僕にとって何ですか?」と問われれば、「それは仕事です。」と答える。「夢です。」とか何とかそんなことは気恥ずかしくて言えない。書いてお金を貰うのだからそれは仕事。だけど、そこには何かお金だけではないものも確かにある。それがあるから書ける。

♣ 文学の定義なんかも聞かれるけど、人間が描かれていれば、それが小学生の作文であっても文学だと思う。

♣ 僕の小説を「優しさ」とか「癒し」とかで評価し、また世間全般にもそういったものがもてはやされているが、それは今が優しさや癒しとはかけ離れた厳しい世の中だからだろう。世の中が平和で満たされているなら、もっと違うものが求められるのかもしれない。

♣ 小中学生の頃までは本なんてほとんど読まなかった。読み始めたのは高校生の頃から。反抗期に入ったからだろう。僕達は、社会に対する反抗の気持ちを持っていた最後の頃の世代かもしれない。そこで読んだのが、太宰治、坂口安吾、夏目漱石など。

♣ 特に太宰治は一時期に集中してよく読んだ。彼の作品が僕に語りかけてくれるような気がした。太宰が好きな人はみんなそうかもしれないが、ぐっと入り込んで、それぞれの「私の太宰」を持っているのではないか。

♣ 夏目漱石もいい。漱石のようなものを書きたいと思った。『青空のルーレット』は僕の『坊ちゃん』であり、『セイジ』は僕の『三四郎』だと思っている。

♥ 『セイジ』を書いたのは30代半ばだが、構想はずっと前からあった。八木山バイパスができた頃、バイパスの近くに家があり、部屋の窓から車の流れがよく見えた。バイパスができたことで、八木山峠の道はだんだんと寂れていった。僕はその寂れていく峠のことを書きたいと思っていた。

♥ 盆踊りが好きで、子どもの頃は踊っていた。大人になってからは踊りはしないが、東京にいた頃はよくあちこちの盆踊りを見たものだった。あるとき、東京では珍しく『炭坑節』で踊る場面に遭遇した。懐かしかった。2番3番と歌詞を聞くうちに涙が出てきた。故郷のことを書きたいと思った。

♥ 『信さん』に描かれている風景はまさに自分が生まれ育った町の様子だ。東京にいてもついボタ山を探してる自分がいた。僕はサラリーマンの家の子だったが、炭鉱住宅に住んでる友達は多かったし、お百姓さんやいろんな仕事の家の子がいた。旧穂波町には中学校の校区が二つあって、敵対していた。(ちなみにトークショーの司会進行役のM氏とははからずも同級生。敵対する校区だった!?)

♥ 『遠い町』で最後にヨン君がけんかをするのは大将陣の裏山。

♥ 飯塚にはたくさんの映画館があった。『ラストシネマ』の映画館は永楽通りの永楽館だ。久しぶりに帰郷して、そこが駐車場に変わってしまっていてとても驚いた。どこで映画を観ればいいんだと思った。

♥ 僕が子どもの頃は、子ども会や青年団があって、子ども達なりの縦社会があり、そこでもまれて育った。上の人のいうことを聞き、下の者の世話を焼く。そういうことが自然と身に付いた。兄弟も多かった。自分は独身で子どももいないが、今はそういうことができ難くなっているんじゃないかと感じている。

♣ 次回作については、‥(これは、トークショーに参加した人の特典ということで、ナイショね♪)

青空のルーレット

辻内 智貴 / 筑摩書房

セイジ

辻内 智貴 / 筑摩書房

いつでも夢を TOKYOオトギバナシ

辻内 智貴 / 光文社

信さん

辻内 智貴 / 小学館

ラスト シネマ

辻内 智貴 / 光文社

帰郷

辻内 智貴 / 筑摩書房

野の風

辻内 智貴 / 小学館


f0101679_2021892.gif
♣ 最後に、辻内さんの歌声も聞かせていただきました。

ZeRo

辻内智貴 / DAIKI


f0101679_6593750.gif
 11月13・14日のちくほ図書館まつりで、「大人のためのお話会」を担当します。14日13:30から約1時間です。テーマは、『素敵な女性(ひと)』。私達が素敵だなと思う女性が描かれたお話を読みあいます。私はそこで『信さん』の一部を読む予定です。信さんとの出会いの場面です。ご挨拶もかねて辻内さんに小さな花束をプレゼントしました。近くの花屋さんで、「おいちゃんへのプレゼントなので。」と言うと、黄色いお花をメインのアレンジにしましょうとなりました。そこでヒマワリも入れてもらいました。なぜヒマワリかって?映画を観てください。

f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2010-10-31 23:59 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)

ハロウィン気分の交流会

f0101679_15361196.jpg 
今日は、Happy Halloween のイヴの日。そして、ファミリー・サポート・センターの交流会の日!ってことで、今日の交流会はハロウィン気分で行ないました。

 受付に仮装用の衣装や小物、帽子類を並べておいて、「ハロウィンですから!」と着用をお薦めしました。皆さん、ちょっぴり戸惑いながら、でも楽しげに参加してくださいました。衣装をつけるまではなかなかいきませんでしたが、帽子だけでもテンションが上がります。

 少人数の交流会。みんなで輪になってわらべうたで遊ぶと、すぐに仲良くなって、笑顔がどんどん大きくなっていくのが分かりました。

 今日のわらべうたあそびは、「おらうちのどてかぼちゃ」と「あんたがたどこさ」でした。歌に合わせてボールやお手玉を手渡しました。お隣の人との距離がぐっと縮まりました。嬉しいな♪
f0101679_15482186.jpg
f0101679_15483047.jpg
f0101679_1551413.gif
f0101679_15502081.jpg
白い衣装はオンラインショップ La moda de Gaya さんからのプレゼント。

いつもありがとうございます。
Gayaさんのところには素敵な雑貨と、手作りの楽しいアイディアがいっぱいです。

f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2010-10-30 23:45 | つどいの広場いいづか | Trackback | Comments(6)
 9月にIP電話の契約をした。電話番号を知らせる封書が自宅に届き、その封書と携帯電話の契約書をショップに持参し、自宅IP電話と携帯電話間での無料通話ができるよう手続きをしてもらったのが10月はじめ。

 月締めの日が10日なので、携帯からIP電話への通話が無料になるのは11日から。IP電話から携帯への通話が無料になるのは1ヶ月以上かかるとのこと。なぁんだ、すぐには無料にならないんだ、と思ったものの、手続きを完了させてほっとした。

 ところが、今週始めに葉書が届き、申し込み番号が存在しないので今回の申込みは取り消しとのこと。はぁ?何のことだろう?何がいけなかったの?店舗では係りの人が書類等を確かめながら間違いがないように手続きを進めてくれて、申込み完了の書類も発行してもらっているのに。

 届いた葉書には、「申し込み番号が存在しません。」とのみ記載なので、何の番号のことを言ってるのかすら分からない。今日ショップに出向き、書類等全て見せて、流れも丁寧に話すけれど、係りの人もなぜなのか分からない。奥に引っ込んでしばらくして出てきたがやっぱり分からない。

 カウンターからお客様センターへ電話をかけてもらって事情を説明するも埒が明かない。そこで、もう一ケ所のインフォメーションセンターへ電話をかけ直す。同じことを何度も説明する。ああ、その前に何度も本人確認のためのあれこれを聞かれる。うんざり。

 ひとつ説明するたびに、「確認いたしますのでしばらくお待ちください。」となる。それを何度も繰り返す。

 そして!ついに分かったことは、新規にIP電話の契約をした場合、契約の日にちによるが、翌月もしくは翌々月の1日以降でないとIP電話と携帯間の無料通話プランの申込み自体が受け付けられないってこと。私の場合は月末に近い日の契約だったので、翌月ではなく翌々月なんだそうな。えっ、そうなの!

 そんなことどこかに書いてあった?もしもどこかに明記してあってそれを私が見逃していたとしても、そういう仕組みだったら、普通申し込む時点で「今はまだできません。」とショップの人が言うでしょう、普通。ショップの人も知らなかったのよ。その上、最初のお客様センターの人もそのことを知らなかった。そして最後にそのことを教えてくれた人も、今の今までそのことは知らなかったとのこと。

 なんじゃらホイ!あまりのことに絶句。目の前の係りの人は恐縮しきりだけど、彼女に対してどうというより、会社自体に腹が立ってくる。本当はそんなけちけちせずにさっさと手続きを受け付けられるようにして欲しいところだけれど、まずはちゃんと最初の封書に「これこれこういう契約は◎月1日から受付可能」ということを書いておけば済むことを。

 大体、ここはなんだかんだといらないサービスを最初に勝手にくっつけて、きちんとそれを解除しないと無駄な利用料が発生するというのも携帯の契約後に分かったことだし。あ~、疲れた。でもって、月が変わったらもう一度ショップに出向かなくちゃいけないのだ。この無駄足をどうしてくれますか、孫正義社長。

f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2010-10-29 22:50 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)
寒くなったけど、ボリュームのある服はまだまだ着たくない気分です。
そこで引っ張り出したのが、ヒートテックのハイネック・ロングTシャツ・黒♥

でもぉ~、いまひとつ温かさを実感できないような‥

あっ!しまった!
その下に着てたのは、夏用の爽やかひんやりの機能性キャミ・黒♥

もしかして‥それぞれの機能を相殺してしまったのかしら?

ま・さ・か・ね!

f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2010-10-28 20:46 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
 さてさて今日は、お待ちかねのハロウィーン・パーティでした。パーティというかパレードですかね。今年はスタッフをしてくれる人が忙しくてお手伝いが難しかったので、あまり広報をしませんでした。久しぶりに内々でのハロウィーンです。今日の参加はぴよぴよさん5組・わいわいキッズのどろんこさん4組・わいわいキッズ嘉麻ブロックのお兄ちゃんお姉ちゃん3組の計12組。でも何だかいい感じ。いつものように筑穂保健福祉総合センターと特別養護老人ホーム桜の園を回りました。今日はのんびりママのリコーダーがなかったので、ぴよぴよ先生の鍵盤ハーモニカ隊に演奏をお願いしました。

 参加費代わりの持ち寄りお菓子を行く先々に配っておいて、おじいちゃんやおばあちゃんや、障害者の方や、センターの職員さんからお菓子をもらいます。あそびっこのハロウィーンではおどかしてお菓子をもらうのでなく、お歌を歌ったご褒美としてもらいます。今年は、今年も!「どんぐりころころ」と「大きな栗の木の下で」を歌いました。嘉麻組さんの大きいさんは「やきいもグーチーパー」も歌ってくれました。嘉麻組さんは特にこの日を楽しみにしていてくれて、幼稚園を休んでまで参加してくれてます。

f0101679_2120276.jpg
f0101679_2120461.jpg
f0101679_21205673.jpg


 「お菓子を用意しておくからお店にも寄ってね。」って、からすちゃんからお誘いを受けていたので、センターで記念撮影後、ぴよぴよさんとさよならをして、わいわいさん達でからすのほんやさんにも行きました。昨日から急に寒くなりましたが、今日の昼間はお日様も出ていてパレード日和だったかもしれません。お店の前でもう一度記念撮影!からすちゃんも一緒に入ってもらいました。
f0101679_21252676.jpg
f0101679_21253770.jpg

 
f0101679_20432184.giff0101679_20433716.gif016.gif お 003.gif ま 003.gif け 016.gif

そうそう、西日本新聞の記者さんが取材に来てくれました。

あれこれインタビューを受けましたが、
「ところで、あそびっこのハロウィンは何年前からやってますか?」と聞かれました。

「え~っと‥」と考えて、
適当に「10年目くらいかな。今年で10回目だと思います。」って答えました。
で、家に帰ってちゃんと調べたら本当に10回目のハロウィーンでした。
へぇ~、そうだったんだね!10回めの Happy halloween!

2009年のみんな  2008年のみんな  2007年のみんな  2006年のみんな

f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2010-10-27 21:31 | あそびっこ | Trackback | Comments(10)
あそびっこのハロウィンに遊びに来てね。
この記事は10月27日まで上のほうに来るよう設定してます。最新記事はこの下からです。

f0101679_728098.jpg

f0101679_19193538.gif
問合せや参加申し込みは、このブログのコメント欄でお願いします。
「非公開コメント」にチェックを入れると管理者以外に公開されることはありません。

コメントをするには、名前(本名でなくて可)・内容・削除用パスワードの記入が必須です。
削除用パスワードは、自分のコメントを削除するためのもの。
ご自分で覚えやすい英数字を入れてください。
f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2010-10-27 00:00 | あそびっこ | Trackback | Comments(0)

あっという間劇場!

25日夜‥パジャマ代わりの半袖Tシャツでウロウロ‥
26日夜‥厚手のトレーナー+我慢できずに暖房のスイッチON!

「いっぺんに寒くなったね。」「これからどんどん寒くなって、あっという間に真冬だよ。」

Nちゃんとそんなこと話してたら、急に思い出のあっという間劇場が降ってきました。

あっというま間に始まって♪ あっという間に終わります♪
あっという間♪ あっという間♪ あっという間劇場ぉぉぉ~♪
私は、あの棒人形のような3人のダンサーがまず思い出されたのですが、
Nちゃんは、やっぱりなんたって「だんご三兄弟」だそうです。

ちょっと歌って遊んでたら、懐かしの映像を観たくなりました。
でも‥You Tube にはないのね。DVDを手に入れましょうか?そこまで!

それにしても、本当に寒くなりました。
風邪ひきさんにならないように気をつけましょう。

f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2010-10-26 23:59 | 日々の事など | Trackback | Comments(4)
f0101679_2247371.jpg ツーショットのお相手は、麻薬・覚せい剤・大麻・シンナーの乱用防止を普及する「ダメ。ゼッタイ。」くん!

 さて今日は、飯塚市みんなの健康・福祉のつどい2010でした。私は市の子育て支援紹介コーナーで一日過ごしました。今年のお楽しみは、紙コップロケット・紙相撲・折り紙・塗り絵!あいにくの雨で、野外ステージやちびっ子広場が中止になり、ちょっと残念でしたが、会場の奥にあるこのコーナーまで来てくれた子ども達と楽しく過ごしました。お隣は福っ子の布のおもちゃとお話会コーナーでした。

あ~っ、手がすいた時の写真なのでちょっと寂しげだけど、たくさんの人に楽しんでもらえましたよ。
f0101679_2333691.jpg
f0101679_2334415.jpg

f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2010-10-24 23:05 | つどいの広場いいづか | Trackback | Comments(2)
わらべうた「ぼうずぼうず」
歌と手遊び「はじまるよったらはじまるよ」
絵本「お月さまってどんなあじ」 マイケル・グレイニエツ作 
絵本「よるのとこやさん」 垣内磯子・作 村田エミコ・絵
布の絵本「ちいさなまじょのキッチン」 いけがみよりこ作


 あそびっこのTさんと福っ子のIさん担当のお話会です。今までペーパーで貰っていたお話会の報告。今回メールで届きました。なんでも熱心に取り組まれるTさん。パソコンもどんどん使いこなされるようになってるんですね。頼もしいな!メールで頂くと私もずいぶんアップしやすいです。ありがとうございます。

 幼児の姉妹が来てくれました。お姉ちゃんは、元気でよく声を出して参加してくれました。この季節は夜空がきれいなので、お月さまの出てくる絵本を2冊読みました。どちらも最後が意外な展開です。「よるのとこやさん」は、白黒2色で描かれた絵本です。そして、おばけが出てくる所が子ども達には楽しそうでした。布絵本は、出てくる食べ物が本物そっくりで、出来た料理を実際に手に取って食べるまねをしました。呪文も唱えて子ども達も魔女になったようでとても喜んでいました。(Tさんの感想)
          
f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2010-10-23 23:59 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)

Viva!大任!

f0101679_2248122.jpg 本当は遊び回ってる暇はないはずなのですが‥ついついお出かけしたくなる土曜日の朝。先週グランドオープンした大任町の道の駅おおとう桜街道のチェックへ行きました。メインの物産館をはじめ天然温泉の施設や芝生敷きの広場もある立派な施設で、一番のこだわりはこだわりの豪華トイレ!一見の価値はありますよ。

 でも!大任町には、もっともっと素敵な施設があったのです。それは‥知る人ぞ知るサボテンハウス!植物園やフラワーセンター等の中でも、多肉植物のコーナーに惹かれる私。こんな所に、こんな施設があったなんて。

f0101679_2259399.jpg
f0101679_22591386.jpg
f0101679_2331296.gif
f0101679_2341354.jpg
f0101679_2343070.jpg
f0101679_235446.jpg
f0101679_235368.jpg
f0101679_23643.jpg
f0101679_2362050.jpg
f0101679_2363791.jpg

 ここに展示されているのは100種以上で1000点以上のサボテン。町内在住の愛好者の方から譲り受けて町が施設を作り、約10年前から一般に無料で公開しています。もう少し早い時期でしたら、サボテンの花が何種類も見られたらしいのですが、花はなくても充分に魅力的な植物です。

 お隣の「ふるさと館おおとう」では、平成20年、21年度に筑豊地区19ヵ所で行われた発掘調査の成果を公開する「掘ったバイ筑豊2010」の期間中でした。親切な職員さんが出土品の説明からサボテンのことまで丁寧にお話してくださり、さしずめ大人の社会科見学といったところでした。それにしても本当に見事なサボテンでした。

f0101679_19193538.gif
..... Ads by Excite .....

[PR]
by wkikyoko | 2010-10-23 23:18 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(7)