あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2009年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 今日は、足掛け20年来のお友達Oさんと、久しぶりのランチタイムでした。お天気もあまり思わしくなかったので遠出はせず、創作懐石の蓬屋へ。前から気になっていたお店です。Oさんに提案したところ、「私のお気に入りよ。」とのことでしたので、予約を取ってもらいました。

 国道200号線沿いにあるのに、お庭や建物の造りからか、中に入るとどこか山中のお宿に来たような佇まいです。当日の予約にかかわらず、離れに通して頂いて、ゆっくりおしゃべりしながら食事を楽しむことができました。お通しに小さなきな粉のお団子と熱いお茶。ほっとします。選んだのは蓬屋懐石(冬のメニュー)です。写真は八寸。葉っぱを切り抜いて屋号が書かれています。何に驚いたかって、その細工の細かさに驚きました。もちろん、お料理もおもてなしもよかったです。

f0101679_2041567.jpg
小付 ひらすのお造り
替椀 かなとふぐの生姜スープ
蒸物 野菜のせいろ蒸しサラダ
八寸 蕪蒸し・なまこの霙和え・旬の魚の柚庵焼
    トマトの寒天・小さなお稲荷さん・落とし揚げ

ひらすのあら炊き&ご飯・味噌汁・香の物

デザート プリン:タピオカとイチゴのトッピング
           りんごのカラメルソース
       くわいのチップス・抹茶の焼き菓子
       コーヒー


f0101679_20272830.jpg 久しぶりに会って、美味しいものを食べて、たくさんおしゃべりして。とてもリフレッシュできた午後でした。

 そうそう、おまけは大浦荘散策です。秋の公開は今日が最終日。雨にぬれた紅葉もまた素敵でした。何だかこれで、ちょっとしたお出かけをした気分。

 本当にあの頃はバカみたいに楽しかったね。よくもあんなことして遊んでたよね。長い付き合いになりました。これからもまた楽しいことを一緒にね♪



おまけの写真:昨年の大浦荘の紅葉
f0101679_2043886.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2009-11-30 20:35 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(0)

筑豊文化体験こども教室

f0101679_23585321.jpg
 今話題の事業仕分けで、ビシバシと厳しい判定を下されてる財団法人伝統文化活性化国民協会の助成事業として行っている伝統文化子ども教室です。私たちは教室を始めて4年目。遊びの文化を伝承しながら子ども達の成長も感じられる教室を展開できていると自負しています。

 今年度はわらべうたを中心に教室のプログラムを立てました。全11回中7回が大家さんと一緒に遊ぶわらべうた教室です。今日はその4回目。私は別の事業で参加できませんでしたが、後日資料をいただいてご報告させて頂きます。とりあえずのバックナンバーをご覧ください。

「筑豊文化体験子ども教室」① 08月29日 チンドン1回目
「筑豊文化体験子ども教室」② 09月12日 チンドン2回目
「筑豊文化体験子ども教室」③ 09月26日 わらべうた1回目
「筑豊文化体験子ども教室」④ 10月17日 わらべうた2回目
「筑豊文化体験子ども教室」⑤ 11月07日 わらべうた3回目

[PR]
by wkikyoko | 2009-11-28 23:58 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(0)
今日は「筑豊文化体験子ども教室」⑥
―教室パート2-「わらべうたあそび」の4回目です!

  毎年、大好評の“わらべうたあそび”。筑豊地方にはどんなわらべうたがあるのでしょう。聴いていると穏やかな優しい気持ちになれますね。そのわらべうたの根源は民謡だと言われています。一人で遊ぶ・二人で遊ぶ・三人・四人・たくさん…。人数が増えるにしたがって、遊びもどんどん広がっていく…。やっていると、時間が経つのも忘れちゃう。そんな不思議なふしぎな“わらべうたあそび”。先生は大屋省子さんです。

今日のわらべうたは‥
1.つんつんつばな

    (二人ずつ手をつないで歩く、2小節遅れの輪唱)
f0101679_195893.jpg
f0101679_2005795.jpg
2.くまさん くまさん
    (一列に並んで皆で一斉に動作を行う、2小節遅れの動作付き輪唱)

3.縄跳び「誰かさん そら お入り」
    (相変わらずの人気で、狭い図書室で随分飛んでいました)
f0101679_19591460.jpg
f0101679_202063.jpg

4.お手玉「いちれつらんぱん」
    (一人で両手で2個回し、3個回し、片手で2個回し、輪になって隣に回していく)
f0101679_200112.jpg
f0101679_2021651.jpg


 縄跳びやお手玉は、なかなか一度にうまくはなりません。でもみんな、一生懸命頑張ります。ちょっとずつ上手になっていくのがうれしいのでしょうね。エネルギー満タンの男の子たちは特に縄跳びが大好きです。今日はいつもより狭いお部屋でしたが、次回はまた広い遊戯室で思いっきり跳んでちょうだい。
[PR]
by wkikyoko | 2009-11-28 23:51 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(0)

アルプス一万尺♪

 今日は、ファミサポの会員証交付式と交流会をしたのですが、私が一番楽しかったのはせっせっせの「アルプス一万尺」です。わらべうたで遊んだりお手玉で遊んでいるうちに、4歳の男の子とママが「アルプス一万尺」をして見せてくれました。そうそう、やってたよねぇ。二人の息がぴったり合って、どんどんスピードアップしていくときの爽快さ!ママにお願いして私ともやってもらいました。最初はよく思い出せないでまごついていたのですが、だんだん思い出して手も自然に動いてきちゃう。あ~楽しい!

アルプス1万尺 小槍の上で アルペン踊りを さあ踊りましょう
ランラララ ララララ ランラララ ラララ ランラララ ララララ ラララララ


①1回拍手 ②相手と右手同士を打ち合わせる ③1回拍手 ④相手と左手同士を打ち合わせる
⑤1回拍手 ⑥相手と両手を打ち合わせる ⑦左右の手の指を絡め、掌同士を打ち合わせる
⑧二回拍手 ⑨左手で右ひじを触る ⑩右手で左ひじを触る ⑪手を腰にあてる
⑫二人で腕を井桁に組む

 この動きを4クール繰り返しで1番の歌詞を歌ってしまうことになります。知ってる?知らない?やってたような気がしてきた?ほらほら思い出してきたでしょ。子どものころに遊んでたことって、年をとっても忘れないのですね♪

f0101679_23212998.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2009-11-28 23:23 | つどいの広場いいづか | Trackback | Comments(0)

マトリョーシカ

f0101679_8162765.jpg

 人形劇のお人形や私のあれこれへんてこコレクションを入れてる物入れを片付けていたら、ひょっこりとマトリョーシカちゃんが出てきました。こんなとこにいたのね。

 次々に小さいお人形をだしていくと全部で6体。あれっ、って思われるでしょう?マトリョーシカは普通3体か5体ですもの。実はこれ、2組のマトちゃんの合体です。外側の大きなマトちゃんは、外国航路の船員だった伯父に貰ったもの。小さいマトちゃんは夫の仕事関係の方のお土産。飾り物かもしれませんが、私も子ども達もよく遊びに使いました。遊んでいるうちに壊れちゃったマトちゃんもあってこんな組み合わせのこんな数になってしまいました。でもちっとも違和感がありません。

 伯父に貰ったマトちゃんはもう40年くらい前の物だと思います。お顔が歴史を物語っているでしょう。底に税関のスタンプが押してあります。以前はこの中に、おはじきだとか秘密のお手紙だとかおやつの残りとかが入れられてました。今思えば、かなり酷使していました。絵も少し剥げちゃってるけれど、まだまだ綺麗です。これからはもう、壊したり失くしたりしないようにしなくっちゃ。

 そんなマトちゃんの楽しいお話、私のお勧めは下の2冊。福音館の絵本はご存知の方も多いと思いますが、「赤ちゃんをほしがったお人形」もとても楽しいお話です。お人形の名前も入れ子みたいで愉快です。

マトリョーシカちゃん(こどものとも絵本)

ヴェ ヴィクトロフ / 福音館書店

赤ちゃんをほしがったお人形 (幼年翻訳どうわ)

ディミーター インキオフ / 偕成社


[PR]
by wkikyoko | 2009-11-27 08:22 | 読書(絵本) | Trackback | Comments(4)

霧の中で

深い霧に包まれて暖かい朝でしたね。ふわふわととても幻想的でした。

深い霧‥濃い霧‥濃霧‥
濃霧のことを「農霧」と思い込んでいたのは若い頃の所ジョージです。
東京と所沢の自宅を通っているとき、埼玉県の方が霧が濃い。
いつも霧が濃いのは畑の広がる埼玉県側。
農地の霧だと思っていたんですって。

濃霧‥のうむ‥ノーム‥
ノームって大地をつかさどる妖精。小さなおじいさん。
不思議なことが起きたりすると、小人さんのせいにしちゃうのです。

ノーム‥オーム‥王蟲‥
宮崎駿監督は「風の谷のナウシカ」の映画のできにはあまり満足してなかったとか。
そう聞いて原作の漫画を買って読んでみたのはもうずっと前です。
全7巻。今でも時々引っ張り出して読んでます。
でも映画も好き。久しぶりに観ようかな。

霧の中で、私の思いはあれこれ広がりすぎ?
[PR]
by wkikyoko | 2009-11-25 23:10 | 日々の事など | Trackback | Comments(6)
5年生:
めがねなんか、かけないよ」 レイン・スミス:作 (ほるぷ出版)
とき」 谷川俊太郎:作 太田大八:絵 (福音館書店)
「助郷御免」 長崎街道内野宿の話


 教室に行くとすでに机を後ろに引いて、読み聞かせタイムの準備ができていました。さて、5年生です。ぐるっとみんなの顔を見渡すと眼鏡をかけている子はいませんでした。でも、「みんな目はいいのかな?」と聞くと「そうでもありません。」とのこと。やっぱり眼鏡はかけたくないのかなぁ?

 ‥というところで、今日の組み立てを紹介しますね。眼鏡をかけたくない男の子と眼鏡をかけさせようとする目医者さんの攻防を描いた「めがねなんか‥」で始めて、めがねをかけるといろんな物がよく見えるようになるかもしれないけれど、時間を越えて過去や未来を見ることは難しいよねというので「とき」、最後にむかしむかし繋がりで地元に伝わるお話「助郷御免」を読むというプログラムです。
[PR]
by wkikyoko | 2009-11-25 14:13 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
第7回ちくしの人形劇まつり(福岡県県民文化祭)
日時:11月28日(土)13:30~16:00 29日(日)10:00~15:30
会場:筑紫野市文化会館 筑紫野市上古賀1丁目5番1号

今年で7回目となる「ちくしの人形劇まつり」は、年に一度の人形劇のお祭りです。
県下最大級の見ごたえある人形劇を観賞できるほか、劇に登場する人形に触れたり、
オリジナルの人形を作ったりすることができます。家族みんなで楽しめる2日間です。

f0101679_21301090.gif

f0101679_21342341.jpg
 人形劇づいてます。今日は人形劇団「ののはな」の納富さんからお知らせのメールをいただきました。今月末の土日に行われる「ちくしの人形劇まつり」のご案内です。

 土曜日は「ののはな」の人形劇鑑賞と人形作りのワークショップ。日曜日はプロアマ複数の劇団が終日公演を行います。「どんぐり座」「やじろべえ」「チチロ」と、懐かしい福人協の皆さんも出演なさるのですね。人形劇三昧の贅沢な一日ですね。

 「ののはな」の演目は「ちいちいにんにん」です。幼い人に向けて作られたこの人形劇は、平成21年度児童福祉文化賞(舞台芸術最優秀グランプリ)受賞作品なのです!観たいのになかなかチャンスがありません。今回も、自分達の活動と日程がダブってしまいました。

 納富さん、すみません!次回はぜひ。
[PR]
by wkikyoko | 2009-11-24 21:23 | その他鑑賞(舞台等) | Trackback | Comments(0)

どんぐり座2009年公演

 福岡で長年活動を続けてらっしゃるアマチュアの人形劇団「どんぐり座」山崎さんから、12月定期公演のお知らせが今年も届きました。いつもいつも丁寧なご案内をいただきながら、スケジュールが合わなくて、ここ数年参加できずにいます。でも今回は、何とか行けそう!蹴込みにこだわった舞台。常に新しい作品を作り続けることにこだわってもおられます。そしてユーモア。12月6日は、カレンダーに花丸印!



人形劇団どんぐり座・2009年公演

日時:平成21年12月6日(日) 開場13:00 開演13:30
会場:福岡市民会館小ホール 福岡市中央区天神5丁目1番23号
演目:そばくいたぬき・ぶたのタネ「パート1」・ボードビルパレード


そばくいだぬき (ひまわりえほんシリーズ)

瀧澤 よし子 / 鈴木出版

ぶたのたね

佐々木 マキ / 絵本館


[PR]
by wkikyoko | 2009-11-24 08:20 | その他鑑賞(舞台等) | Trackback | Comments(0)

野菊が咲いています

f0101679_19445921.jpg
f0101679_19541013.jpg
一枝折って持って帰った野菊がお庭に咲いています。
3年目でずいぶん広がりました。まだもう少し広がっていくといいな。
「野菊も咲くまではただの草」‥これは指文字つきの諺双六にある諺です。

[PR]
by wkikyoko | 2009-11-23 19:45 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)