あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

絵本「わたしのおひなさま」 内田麟太郎:作 山本孝:絵 (岩崎書店)
絵本「おおきいちいさい」 元永定正:作 (福音館書店)
紙芝居「おひなさまがうまれたよ!」 冬野いちこ:作 (教育画劇)
お手玉遊びいろいろ


 最初は4歳の女の子一人でしたが、どんどん増えてみんな元気な子供たちでした。途中元気がよすぎて収拾がつかなくなりましたが、絵本はしっかり見てくれてます。お手玉遊びはやはり人気です。(A&T)
[PR]
by wkikyoko | 2009-02-28 23:38 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)

春ですね

f0101679_2220371.jpg 左の写真、見て欲しいのは手前のパンジーじゃなくって、奥の緑。以前の国語の教科書に載っていた「はなのみち」みたいに、お花がずっと並ぶといいなと思って、菜の花の種を蒔きました。小さい蕾がついてきました。

 それから下の写真、咲いているのはさくらんぼの花です。今年も大きな実をたくさんつけるといいなぁと思ってます。美味しいのよ♪
f0101679_22314146.jpg
春ですね。うれしいです。
‥‥ くしゅん、くしゅんがなければもっとね ‥‥
今日は特に苦しかったです。ヒアルロン酸配合のローションティシュで鼻をかんでます。

[PR]
by wkikyoko | 2009-02-26 22:37 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
2年2組:
えんぴつくん」 アラン・アルバーグ:作 ブルース・イングマン:絵 (小学館)
にわとりのたまご」 増田純子:作 (福音館書店)


 教室の隅でお話を聞いてくれる2年2組さんたちの座る場所が決まるまでにちょっと時間がかかってしまったので、おまけの1冊は本当に短い赤ちゃん絵本の「にわとりのたまご」にしました。でも、私はこの絵本が大好きなの。卵から生まれたばかりのひよこを母さん鶏がとても大切に育てています。励ますような優しい声かけ。ほめられてほめられて、少しずつ大きくなってね。

 2年2組さんは自由な順序で座っているのですが、「○○君はいっつも一番前だから、今日は私を前に座らせてよ。」と女の子のお願いを受け入れるのに、ちょっとだけ時間がかかったのです。でもね、ちゃんと前の席を譲ってくれた○○君でした。ありがとう!ぎゅっと詰めるとみんなによく見えるから大丈夫だよ。ねぇ~。
[PR]
by wkikyoko | 2009-02-25 20:54 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(2)

九州はすごい!?

f0101679_20454591.jpg 来る3月1日からJR九州でも前払い式ICカード型乗車券が利用できるようになります。その名も「SUGOCA(Smart Urban GOing CArd)」です。すごいでしょ!
 「スイカ(JR東)」「イコカ(JR西)」「スゴカ(JR九)」かぁと思っていたら、 「トイカ(JR東海)」「キタカ(JR北)」もあるそうです。どれもなんだかなぁ、な命名ですけどね。ちょっと可愛い‥カ?
[PR]
by wkikyoko | 2009-02-23 20:55 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
「縞模様のパジャマの少年」 ジョン・ボイン:作 (岩波書店)

 これはありえない設定の話である。巨大なフェンスで囲われた収容施設を作った側の少年と、そこに収容された少年が出会い、奇妙な友情を育てる。偶然にも同じ誕生日の二人だったが、その境遇はあまりにも違っていた。

 大都会ベルリンから父の新しい任務地へ家族とともに越してきた少年はブルーノ。新しい家は寂しい場所にぽつんと一件だけの小さな家だった。友達もいないし、わくわくするような町並みもない。それに、あのフェンスは何?何もかもが気に入らない。退屈な日々を過ごすうちに、ブルーノは冒険を思いつき、フェンス沿いにずっと歩いていった先で、フェンスの向こう側の少年と出会った。

 フェンスの向こう側にいた少年はシュムエル。ポーランドから連れてこられた。父さんと母さんと兄さんと一緒に。だけど、ここに着いたとき、母さんだけが引き離されてそれ以来会えないでいる。フェンスの中にはたくさんの人たちが小さな小屋に押し込められるようにして暮らしている。

 そう、フェンスで囲まれた収容施設はアウシュビッツ。ブルーノは、アウシュビッツの司令官の息子で、シュムエルはユダヤ人の少年なのだ。

 ブルーノは9歳。友だちや祖父母や大きな家から離されて、こんな寂しいところに来たことに不満を爆発させたり、姉に対して少年らしい敵対心を持っているが、無邪気で心優しい少年だ。使用人に対しても横柄なところがない。

 だけど、あまりにも無邪気すぎる。大人たちの会話を漏れ聞いても、目の前に縞模様の服を着せられた人々を見ても、軍人のあからさまな態度に接しても、戦争の影やアウシュビッツの悲惨さを感じ取ることができないでいる(ように思われる)。

 物語は終始、9歳のブルーノの視点で語られていく。ブルーノが知らないことは、読者にも知らされない。しかし、彼が理解できないことであっても、読者は理解しその奥に隠されていることに気づいている。そして、それをブルーノが気づかないことに苛立ちを覚える。

 なぜ、気づかないの?知らされていないから?無邪気は可愛い。でも無邪気は罪だ。無邪気は自分自身も滅ぼしてしまう。無邪気の先にある結末に衝撃を覚えながら、もしかしたら私たちもブルーノと同じような無邪気さで今を生きているのではないかと、恐ろしくなった。

  二人の友情はあまりにも悲しい。

縞模様のパジャマの少年

ジョン ボイン / 岩波書店


P.S.
①この作品は、マーク・ハーマン監督によって映画化されている。HPはこちら
②ところで、「The Boy in the Striped Pajamas」なのに、どうして装丁は横縞なんだろう?
[PR]
by wkikyoko | 2009-02-22 22:44 | 読書(児童書・YA) | Trackback | Comments(0)

今日のおやつ

f0101679_1613089.jpg 伝統文化教室の講師をお願いしている安達ひでやさんと、講座終了後にあれこれおしゃべりするのが、スタッフの楽しみの一つです。そこで以前に話題に上がったのがセゾンの太郎ちゃんまんじゅう。

 では今回は本物を食べていただこうと、お店に行ったところ、「TARO CHAN SABLE」なるものまで並んでました。大ぶりのサブレに似顔絵の焼印つきです。いつの間にできてたの?安達さんにはお饅頭とサブレをお買い上げ。サブレは初めてだったので、自宅用にもね。
[PR]
by wkikyoko | 2009-02-21 23:00 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
正式名称は「筑豊文化体験子ども教室」です。

 「チンドン」「わらべうた」「筑豊の昔話」を楽しく学ぶこの教室の、今日は今年度最後の会です。講師のアダチ宣伝社の社長・安達ひでやさんと一緒に、チンドン体験のまとめをしましょう。

 今日は、チンドン屋さんとしてのデビューを想定して、太鼓2~3人&玉すだれ3~4人でグループになって練習しました。玉すだれの一人がチンドン隊のリーダーです。前回決めた口上をきちんと述べて、お客さんをしっかり意識しながらやってみましょう。

 では、今日の目標!
①始まりの口上や終わりの挨拶は元気に大きな声で!
②南京玉簾で形を作った後は、しっかりとお客さんにアピール!
③チンドン太鼓のリズムに合わせて演技をしよう!
④太鼓はリズムを整えて、演技を引き立てる工夫を!


 大きい人も小さい人も、順番にリーダーをやりました。高学年のリーダーさんは、安定感がありさすがです。男の子のリーダーは、よく声が通ってました。最年少リーダー役の1年生すずちゃんは、真剣な目と口調がよかったです。みんな、リーダーをやれたことに自信をもって講座を終えました。安達さん、本当にありがとうございました。お母さんたちのサポートもありがとうございます。

f0101679_19333442.jpg
f0101679_19334381.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2009-02-21 19:38 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(0)
わらべうた(布あそび)「じーじーばー」「ちゅっちゅっこっこ」
      (お手玉)「こめこめ」「ちゅっちゅっこっこ」
絵本「ととけっこうよがあけた」 こばやしえみこ:作 ましまえつこ:絵 (こぐま社)
絵本「おひさまはいつも」 八木マリヨ:作 (福音館書店)
わらべうた(顔あそび)「「ダイドーダイドー」
絵本「おおきいちいさい」 元永定正:作 (福音館書店)
人形劇「ひなまつりこびとのおはなし」
おしまいのわらべうた「さよならあんころもち」


f0101679_19492561.jpg お雛さま前のお話会ということで、今日のメインはF井さん手作りの小さな人形劇です。1年ぶりに会ったひなまつりこびとちゃんは、やっぱり可愛いなぁ。人形劇のお手伝いは、今回初参加のOさん。Oさんは、ブックスタートのボランティアもされている優しいお母さんです。

 さてさて、お話会に参加してくれた赤ちゃんは、みゆちゃん・かほちゃん・もえちゃん・けいくんです。布あそびもお手玉もとても楽しそうに参加してくれました。

 特に初参加のもえちゃんはとっても積極的。ぐいぐい前にやってきて、じっと私たちの様子を見たり、絵本を見たり。スタッフに抱っこされてもニコニコです。最初は緊張してたかほちゃんも、だんだんにいいお顔になって、お話会を楽しんでくれたのね。みゆちゃんもけいくんもね。楽しかったね。また一緒に遊ぼうね。

f0101679_1931443.jpg

ひなまつりこびとのおはなし (行事こびとのえほん)

まつい のりこ / 童心社


【お知らせ】
3月第3金曜日は春分の日です。図書館は開いていますが、お話会はお休みです。
赤ちゃんと一緒に楽しむお話会の次回は4月第3金曜日の17日です。
どうぞよろしくお願いします。

[PR]
by wkikyoko | 2009-02-20 19:50 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)

潜る‥

そういえば、最近泳いでないし、水に潜ってないなぁ‥って、
なぜか今夜、お風呂に入ってるときに突然そう思った。

それで、一番風呂のたっぷりのお湯に潜ってみた。
すっかり潜ると、今まで聞こえていた雨の音が消えた。

水の動く音は感じるけれど、静かだった。
その後、しばらくぷかぷか浮いていた。
[PR]
by wkikyoko | 2009-02-19 22:29 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)

和風弁当

f0101679_9401368.jpg H&Nのお弁当を包み終えて並べたら‥おっ、なかなかいい感じ。和風でちょうどお雛さまっぽくないですか?

 ここ1年ほど、布の箸入れを使っています。大きなお箸でもかさばらないし、かばんの中でお箸がカタカタ鳴らずにいいですよ。お箸の先っぽにカバーをつけているので、食後でも箸入れは汚れません。
[PR]
by wkikyoko | 2009-02-19 09:47 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)