あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2008年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

3時間半のドライブ

 お出かけの記事が続くと、遊んでばっかりって思われるかなぁ?えへへ、まあ、遊んでばっかなんですけど。ウイークデーはちょっとハードに過ごしてるので、気分転換が必要なのです‥よぉ。でもさすがに午前中はここしばらくの疲労で力が出ず、簡単な昼食を家で済ませたあと、きれいな青空に誘われてドライブに。

 目的地は英彦山。紅葉のお薦めポイントと聞いていた英彦山大権現ですが、やっぱり少し遅かったようです。紅葉の葉っぱはほとんど落ちていて、小さな池を飾っていました。町中よりもずい分気温も低くって、冬の気配が漂ってました。
f0101679_2258492.jpg
f0101679_22582551.jpg
f0101679_22584393.jpg


 JR日田彦山線の彦山駅。特に何があるって事もないのですが、好きな佇まい。英彦山には車で行くのですが、いつも彦山駅に立ち寄ります。駅前の食堂やおみやげ物やさんの並びもいいでしょう。何だかとっても昭和なのです。
f0101679_22585660.jpg
f0101679_233975.jpg


 英彦山への行きは小石原経由にしたのですが、帰りは川崎方面を目指すことにしました。で、その途中で見かけたお豆腐屋さん豆庵の郷。当たりっ!店構えはぱっとしませんが、試食と実演販売の楽しいお豆腐屋さんで、おじさんの口上にのせられて手作り豆腐セットなど買ってしまいました。お豆腐のお鍋だとか、コンニャクのおでんだとか、焼き鳥とか沢蟹のお味噌汁なども食べられますよ。
f0101679_2259996.jpg
f0101679_22592816.jpg


 けっこう道の駅好きな私達ですが、道の駅歓遊舎ひこさんは未経験の場所でした。道の駅なのに、JRの歓遊舎ひこさん駅もあるのです。町営のクアハウスやちょっとした遊園地もすぐ横にあって、全体で何だかとっても楽しげな雰囲気。電気で動く小さなカートは、娘達も好きだったなぁって懐かしく思い出しました。うろうろしてるうちに、日田彦山線の黄色い1両列車もやってきて、どこまでが本物でどこまでがおもちゃの世界か境界が分からなくなるほどです。道の駅の売店内は、商品も多くかなりの人出で賑わってました。
f0101679_22594775.jpg
f0101679_230387.jpg
f0101679_23541686.jpg


 そのあと、山田経由でミュゼドモーツアルトに寄って、Nちゃんへのお土産のケーキを買って、いつものスーパーで夕飯のお買い物もして帰宅。お家を出たのが、1時過ぎ。4時半には帰り着いたので、ちょうど3時間半のドライブでした。楽しかった!リフレッシュね!
[PR]
by wkikyoko | 2008-11-30 23:54 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(0)

Over the Rainbow

青空がのぞいたり、時雨れたり、不思議なお天気の後に‥
くっきりと大きな虹!

とってもいいことがあったので、きっとそのお祝いです。
「ファミリー・サポート・センターいいづか」の登録会員数が、
今日でちょうど100名となったのです!おめでとう!おめでとう!
f0101679_23425160.jpg
f0101679_2343144.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2008-11-29 23:50 | つどいの広場いいづか | Trackback | Comments(3)

秋の大浦荘

f0101679_0203866.jpg 何かと話題になってるあの方のひいお爺様がお建てになった「麻生大浦荘」が、今月23日から30日まで無料開放されています。今年は特に紅葉が美しいというので、最終日を前に行ってきました。本当にすばらしいお屋敷で、立派なお庭でした。まずは、大浦荘までの道程の木々が素敵。伊藤伝右衛門邸に負けず劣らずの佇まいです。今でも麻生グループのクラブとして使われているため、一般開放の時期が限られているのが残念です。

 左上の写真は、あの方をキャラクターにしたお饅頭です。他にもいろいろあるけれど、やっぱりセゾンの魅力に負けてこのお饅頭を選んでしまいました。
f0101679_20483911.jpg
f0101679_20495026.jpg
f0101679_2050881.jpg
f0101679_20533469.jpg
f0101679_20542048.jpg
f0101679_23295562.jpg
f0101679_23301112.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2008-11-29 21:01 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(0)

予防接種

f0101679_19111425.jpg りんだです。今日、お母さんとNちゃんは、A山医院でインフルエンザの予防接種をしたそうです。
 注射は嫌いだけど、この冬はやっぱり予防接種しなくっちゃねと、お母さんに連れられてったNちゃん。久しぶりに会った先生から、「あんた、まだ中学生やったかね。顔が少し丸くなったかな。」なんて、言われたそうです。
 あのね、お母さんもNちゃんも、珍しく注射をしたもので、注射の後に揉むのを忘れちゃって、二人とも腕が痛いんだって。りんだ、笑っちゃうよぉ。
 
[PR]
by wkikyoko | 2008-11-27 19:26 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
 夕方、ネットのニュースを見てびっくり!六一〇ハップが販売自粛から生産中止となり、製造元の武藤鉦製薬が業務を停止するのだそうです。

 雲仙や小浜の温泉が実家からすぐ近くにあったので、温泉といえば町のあちこちに立ち上る湯煙と硫黄の匂いがなくては物足りない。そんな温泉の雰囲気を自宅で手頃に楽しめる入浴剤として、我が家では六一〇ハップを長年使い続けていました。特に冬場はこれじゃなくっちゃ。湯船の栓の鎖とか、水道の蛇口とかの金属が多少変色するくらいはちっとも気になりません。

 それが、寒さに向かう季節を前に、使っていた1000gの大きな容器の六一〇ハップがなくなって。薬局に買いに行っても売ってないの。他のお店に行っても、見当たらない。どうしたのかなぁと思っていた矢先のこのニュース。

 理由は書かない方がいいのでしょうか?エ~ッ、そうなの!って、びっくりしました。とんでもないとばっちりです。残念です。炭酸の入浴剤や、ただの濁り湯にはかえられないのになぁ。がっかり。がっかり。
[PR]
by wkikyoko | 2008-11-26 23:19 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
3年1組:
しずくのぼうけん」 M・テルリコフスカ:作 B・ブテンコ:絵 (福音館書店)
とき」 谷川俊太郎:作 太田大八:絵 (福音館書店)
「もとにもどす」 かみやしん:作 (福音館書店)


 「しずくのぼくけん」は、いつ読んでもいいのでしょうが、私は寒くなるとこの本を読みたくなります。おばさんのバケツから飛び出した一滴の水の冒険ですが、可愛らしい絵やワクワクする展開がしっかりと科学に裏打ちされていて、ファンタジーとサイエンスが幸せに結びついた絵本だと思っています。

 それを読んだあと、「じゃあ今度は時間の冒険ね。」ということで、「とき」。大昔から、たった今この一瞬までを深く静かに語っていく絵本です。限られた言葉、緻密な絵。ゆっくりとゆっくりと読みました。みんなも、しんと深い沈黙で聞いていました。

 で、おまけの1冊が、「もとにもどす」です。今日は15分たっぷりと3冊読みました。なかなかいいプログラムだったんじゃないかと思ってます。
[PR]
by wkikyoko | 2008-11-26 19:36 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)

島原の子守唄

まぼろしの邪馬台国」 2008年 堤幸彦監督 東映

 故宮崎康平氏と妻和子さんの物語を観たかったのはもちろんですが、島原や雲仙や有明海も観たいなぁと思って。夫と二人で夫婦50割引というのも使ってみたかったし、久々に映画館に足を運びました。で、吉永小百合さんは年齢を全く感じさせない美しさでしたし、竹中直人さんはいつもに増してのハイテンションでした。だけど、ついつい話の筋を逸れて、風景のここそこを、あそこかなここだなって思いながら観てました。

 具雑煮屋さんは何だか知ってるお店の作りに似てるので、帰って調べたら、そうそう、古くからアーケードにある銀座食堂でした。細長いお店の真ん中に土間の通路があって、やっぱり細長い畳のお部屋に座卓がいくつも置いてあって、よく食べてたのは具雑煮よりもチャンポンや皿うどんでした。夏には寒ざらしもありました。

 雲仙は平成新山ができちゃって、以前とは見た目がずい分変わっているのでそれをあまり感じさせないようにか、映し方が中途半端だったかもしれません。古い島原駅はセットでしょうか。でも、本当にあんな感じでした。島原駅から高校へ通っていた道の途中にあった宮崎康平氏の古い洋館風のお宅は今はもうありません。

 海のすぐ横を島鉄が走っていたのは南島原駅から南風楼の方へいくあたりかなぁ。ロケは島原以外でも行われたようだけれど、エンドロールで映し出される景色は、島原と島原半島のあちこちで、景色を見てると文字が読めずちょっと迷ったのですが、やっぱり景色を観るのを優先させました。田んぼの中のたくさんの鯉のぼりは島原じゃなくって、有家か西有家だと思うんだけどなぁ。

 知らない所もありました。帰省した折りにゆっくり歩いてみたくなりました。
[PR]
by wkikyoko | 2008-11-24 23:27 | その他鑑賞(映画等) | Trackback | Comments(0)

あかねちゃんの宝物

f0101679_8425418.jpg 写真は、あかねちゃんの作った歯磨きセットです。フルーツ味(?)の歯磨きチューブはどれもちゃんとふたが取り外せるようになってます。歯ブラシもきれいに毛並みがそろってます。材料は紙コップです。すごい、すごい!あかねちゃんは小学1年生の女の子。誰にも手伝ってもらわないで、これを作ったんですって。

 昨日、ちっちゃな箱に入れたこの歯磨きセットを、特別に私に見せてくれました。だって、あかねちゃんと私は工作友達だもんねぇ~♪この前は二人でミニミニ絵本を作って遊びました。たくさんたくさん作りました。あかねちゃんの工夫と根気は素晴らしいです。きれいに紹介したかったのに、ピンボケ写真しか撮れてなくってごめんね。また、一緒に遊ぼうね。

※右手の出演は、やっぱり1年生のあいこちゃんかな?※

[PR]
by wkikyoko | 2008-11-23 21:19 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)

福祉のつどい2008

f0101679_19291213.jpg
 旧筑穂町に健康福祉総合センターができて、ずっとあそびっこはそこでの福祉のつどいに参加しています。諸々事情があって、この場所で福祉のつどいができるのは今年が最後なのかなぁ、と思いながらバザーをやってました。来年まではあるのかな。でも、あってそこまでだろうなぁ。近くであるから、出向いてくださる方もあります。毎年、ささやかなお買い物を楽しみにしてくださってる方もあります。大人にも子どもにも分かりやすい福祉体験がきちんと企画してあります。職員の方もボランティアも総出で、本当に手作り感のある催しです。何でもかんでも一本化が良いわけではないのになぁと、思ったり、思わなかったり、ラジバンダリ!?
[PR]
by wkikyoko | 2008-11-23 20:21 | あそびっこ | Trackback | Comments(0)
今日は筑豊文化体験子ども教室
「筑豊の昔話」の1回目です!
講師は、宮崎県在住の女優・濱崎けい子さん(二人の会)。

f0101679_0254416.jpg 
濱崎けい子さん
 子どもと演劇をつなぐ地域に根ざした活動が評価され、児童・青少年演劇に貢献した演劇人に贈られる「全児演正賞」を受賞。2005年には二人の会20周年記念として、堺雅人さん(NHK大河ドラマ「新撰組」「篤姫」に出演)との二人芝居「宮城野」に取り組まれました。また、他劇団や音楽家との共演、一人芝居や朗読劇など幅広いジャンルで活躍されています。

f0101679_0331740.gif

 昨年度に引き続き、飯塚市内野に伝わる民話「助郷御免」に挑戦します。昨年は、役割を決め簡単な朗読劇の形まで作り上げました。今年は、それを練り上げ、舞台作品として作りこむ予定です。

 が、久々に濱崎さんと子ども達とのご対面。まずは、気分を盛り上げ大きな声が出るように50音での発声練習です。低学年にあわせて、ゆっくりからのスタートでしたが、どんどんスピードをあげていきました。その後は、言葉遊びの詩を3篇。高学年になると初見の詩も、濱崎さんのリードで、上手に読むことが出来ますね。

 さて、いよいよ「助郷御免」に入ります。特に何にも言ってなかったのに、昨年の台本をちゃんと持ってきてくれた子もいました。他の子も「助郷御免」はしっかり覚えていて、去年からの引き続きで役をやることにし、今年初参加の子もするりと仲間に入れていました。さすがです!

 濱崎さんの指導で、どんどん作り込みが進みました。次回は動きも付けていきましょう。小道具やちょっとした衣装制作はお母さん達にお願いしました。何だか楽しみね。

f0101679_0523698.jpg

高学年の女の子達は、お話を進めるナレーター。
f0101679_14189.jpg

小さいさんは村人です。
今日は欠席もあったので、お母さん達の助っ人も。
f0101679_142980.jpg

やんちゃな3人組は役人と肥後のお殿様。
初参加のひかりくんは、村人を上手くリードしてくれました。
f0101679_144354.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2008-11-22 23:59 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(0)