あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2007年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

前進座をお出迎え

 12月1日から始まる前進座青少年劇場「龍の子太郎」全国巡業公演を前に福岡入りした皆さんを熱烈歓迎の福岡県子ども劇場です。「龍の子太郎」にかける劇団の熱い思いと、元気な取り組みで公演を待つ子ども劇場の熱意が合わさって、大いに盛り上がった歓迎会となりました。写真は何だかのどかな場面とお御馳走だけですが、写真を撮る余裕がないほど熱く語り合った歓迎会だったのです。
 「暖かくて厳しい関係」がお互いによい緊張感をもたらし、明日から始まる公演はきっとどの会場でもいいものになると確信しました。私たちの嘉穂劇場公演は12月8日!よ~し、あと1週間、頑張るぞ!
f0101679_132930.jpg
f0101679_132215.jpg
f0101679_1323119.jpg
f0101679_1324297.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2007-11-30 23:59 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(4)

クリスマスシーズン到来

天神に用があって出かけました。街はもうすっかりクリスマスです。
イルミネーションに誘われて、思わずお買い物!

f0101679_104047.jpg
f0101679_11749.jpg
f0101679_113656.jpg
f0101679_115685.jpg
f0101679_121746.jpg
去年のイルミネーション・その1その2

[PR]
by wkikyoko | 2007-11-30 23:35 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(0)

歯ぎしり

 今、歯医者さんに通っています。

 噛み合わせを見るために「はい、ゆっくり歯ぎしりしてください。」と言われるのだけど、それが上手くできません。左右に大きくあごをずらせないのです。少し口を開けた状態だとスムースに動くのに、軽く噛んだ状態でのあごの移動が難しい。

 まず目を閉じてるでしょ。その上、治療の椅子に寝そべっていて、頭は心持ち下がった体勢。それで「はい、右にずらして。」と言われてもどちらに動かせばいいのか戸惑っちゃうし。一生懸命動かしたら、「逆、逆!」「え、どっち?こう?」「反対、反対!」

 あごはがくがくするし、何だかもうわけ分からなくなって、「あれ?あれ?」ってなっちゃった。もう右も左もわかんないよ~っ。そこで突然、先生と助手さんと私で大笑い。しばらく治療になりませんでした。

 最後には、心優しい助手さんが下あごを動かして欲しい方に押してくれて、何とか上手くいくようになりました。最初からそうしてもらえばよかったね。

 そこで、改めて気付いたんだけど、あごって下側しか動かないのですよ。大きく口を開けるとき、上下にぐっと開くイメージがあったのだけど、実際には下あごをうんと下げるだけなのね。「あ~っ、そ~なんだぁ。」と一人ガッテン!

 日々の中で、歯ぎしりするような場面はたくさんあるのだけれど、それはあくまで喩えの話で、実際には歯ぎしりの苦手な私でした。‥‥さ、お着替えして、天神に行こう!
[PR]
by wkikyoko | 2007-11-30 14:19 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
f0101679_17552671.jpg
f0101679_17554460.jpg
毎週月・木曜日は「ほっとルーム」 in つどいの広場です。
どなたでも自由に遊びに来てください。

午前中はまだ保育園や幼稚園に行かない小さな子ども達が、
午後になると幼稚園から帰ってきた子ども達が、
お母さんと一緒に遊びに来ています。

あじさい保育園の保育師さんが、優しくサポートしています。

つどいの広場いいづかへ行こう! (地図)

[PR]
by wkikyoko | 2007-11-29 18:00 | つどいの広場いいづか | Trackback | Comments(2)

今日のお土産

今回の出張は青森県弘前市。りんご・りんご♪のお土産でした。
f0101679_23524843.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2007-11-28 23:52 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
2年1組:
おっぱいのひみつ」 柳生弦一郎:作 (福音館書店)


 「あっ!!おとこのひとがブラジャーをしてる!」

 この本を出した時の子ども達の反応が楽しくって、1年生か2年生のクラスで1回は読みたいのです。

 「わーっ。」「きゃーっ。」「えろ~。」なんて言ってるくせに、ちゃんと聞いています。読み始めてすぐに「ボクはミルクだったよ。」と言う子が2人いました。最後まで読んで、「お母さんのお乳を飲まなかった子」へのメッセージまできちんと読みます。

 おっぱいの不思議と、みんな「自分達は愛されて大事にされて大きくなったんだなぁ。」ということを思ってくれるといいなと願いながら読んでいます。

 「かがくのとも傑作選~わくわくにんげん」というシリーズを知っている子もいて、「『わくわくにんげん』楽しいよねぇ。」と言ってました。私も「かがくのとも」は大好き。楽しいよね。
[PR]
by wkikyoko | 2007-11-28 22:45 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
フロム・ヘル」 From Hell 2001年 アルバート&アレン・ヒューズ監督 米

 18世紀末のロンドンに実在した殺人鬼切り裂きジャックの事件をかなり忠実に描いたミステリー。ジョニー・デップが演じるのは阿片中毒の若き警部アバーライン。猟奇殺人・フリーメイスン・ロボトミー・エレファントマン・王室スキャンダル‥‥世紀末のイギリスを象徴するようなものがたくさん出てくるのだけれど、最後の最後、ジョニーのせつなさがたまらない。寅さんとは全く違うタイプなのに、成就しない恋がとっても似合うジョニーです。それを見たさに2時間の映画を観るのです。
[PR]
by wkikyoko | 2007-11-27 23:59 | その他鑑賞(映画等) | Trackback | Comments(0)

今日の感想

図書館が読書活動推進運動の核にならずに何処がなる!
図書館が読書活動推進運動の核にならずに何処がなる!
図書館が読書活動推進運動の核にならずに何処がなる!
                                       ‥‥と、思った日。
[PR]
by wkikyoko | 2007-11-27 18:14 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)

詩人の答えを味わう

「谷川俊太郎質問箱」 谷川俊太郎:作 (東京糸井重里事務所)

糸井重里のweb siteほぼ日に連載されていた【谷川俊太郎質問箱】が本になりました。

「a platform at dawn」「a deep noisy forest」
「kids on a playground」「letters from friends」
「seaside before dark」「clerks at the exit」の6つの章に分れています。

最後に谷川さんと糸井さんの対談も載ってます。

64個の質問に時に優しく時に厳しく、そしていかにも詩人の谷川さんらしく答えています。

最近、物語を読む体力がなくって。
この質問箱を、ゆっくり楽しみながら読んでます。
[PR]
by wkikyoko | 2007-11-25 23:17 | 読書(その他) | Trackback | Comments(0)

散歩のお土産

f0101679_1836759.jpg 3日間、ほとんど家に籠ってましたが、「適度な運動は大切!」って夫がお散歩に誘います。自転車でお出かけしたけど、サイクリングって程じゃないし、やっぱりお散歩ね。自転車に乗ったのは10年ぶりくらい。

 家の周りをゆっくり回って、お土産にドングリとカラスウリと野菊を持って帰りました。小春日和の気持ちのいい午後でした。
[PR]
by wkikyoko | 2007-11-25 18:44 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)