あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2007年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧

てがみをください」 むらかみはるお:作 むらかみつとむ:絵 (文研出版)

 5月が終わります。もうすぐ雨の季節です。雨といえばカエル。そして、一番好きなカエルの本といえば「てがみをください」です。大好き!高校生の頃お小遣いで買った絵本で、今でも手許に置いています。すっかり色あせちゃったけど、今年も、そろそろ読みたくなる季節になりました。

 ぼくの いえの いちじくのきには あかい ゆうびんばこが かかっている
 ぼくと ぱぱで つくった ぼくの ゆうびんばこだ
 まいにち てがみが きてるかどうか しらべるのが ぼくのしごとなんだ


 冒頭はそらで覚えてます。ううん、1冊丸ごと覚えてました。今でもそこそこ覚えていると思います。大好きで大好きで、最初に人前でお話したのもこれ。当時、私達は「語り童話」って言ってました。大学生の私達は、昔話より創作の幼年童話屋絵本から選んでお話を覚えては、舞台に上がってました。懐かしいなぁ、19歳の私!絵本は初刊から30年以上たっても、やっぱりぴちぴちで本屋さんに並んでいます。

f0101679_1832697.jpg
写真は5月31日夕方の空・まるで夏!

[PR]
by wkikyoko | 2007-05-31 22:00 | 読書(絵本) | Trackback | Comments(0)
☆毎年このころ10周年

 「ぼくねぇ、10年後の生存率3割なんだって・・・」と言った『おひとり座』の西川さんの言葉に、「だったら10年、毎年公演しましょう!」と山田(当時:飯塚こども劇場代表)が応えて始まった“毎年このころ”。同じ頃、亡き夫と同じ病の手術をされた『二人の会』濱崎さんも2年目から合流して、今年でとうとう10年になりました。今年もお二人は年齢をとるどころか、ますます元気になっていおりにやってきてくれます。
 このお二人の姿に出会って、私達はまた自分の怠惰な日常を反省し、一日一日の大切さを実感します。楽しく笑って、ちょっぴり振り返る・・・。どうぞお二人の人生を感じさせる10年目の“毎年このころ”をお楽しみください。
f0101679_2214213.jpg
★写真は1999年7月13日付、西日本新聞★

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎年このころ10周年記念オリジナル作品
「狼の眉毛」
脚本:山田宗和・演出:岩橋由梨・出演:西川禎一・濱崎けい子・濱崎ゆかり

~あらすじ・みどころ~
人間の本性が見えるという狼の眉毛を手に入れた五狼兵衛は、自分の本性が狼であることを知っていっそのこと狼になろうと決心する。やがてその眉毛の力を使って、貧しい婆さんを助けることに・・・。昔話「狼の眉毛」をべ-スに、悩み多き狼と気楽に生きるばあさんとの出会いを描いたオリジナル作品。西川さん演じる狼と濱崎さん演じるばあさんとの掛け合いをお楽しみください。

f0101679_2238235.jpg10周年にふさわしく、
二人の持ち味を存分に活かした作品!
さて、どういう結末になるか?乞うご期待!



日時
7月7日(土)16:00~
(開場:開演20分前/上演時間:約2時間)

会場
いおり(飯塚市秋松「山田家」小ホール)

参加費:
一般 2,000円
わいわいキッズ会員 1,500円

 

★小学生から大人までを対象としています。未就学児は事前に相談ください。★ 
★駐車場に関しましては、チケット購入時にご確認下さい。★
☆翌7月8日は嘉麻市にて子どものための地域舞台公演があります。☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆問合わせ:NPO法人「こどもと文化のひろば わいわいキッズいいづか」
        〔Tel/Fax〕0948-7-28-7319 〔email 〕info@wai2kids.com

[PR]
by wkikyoko | 2007-05-31 21:45 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)
5月30日(水) 10:30~12:30 飯塚市鯰田「つどいの広場いいづか」にて
参加費:2000円 講師:濱崎けい子さん(二人の会)


今日の参加者:5名

今日のメニュー:発声練習
          「これはのみのぴこ」   谷川俊太郎
          ことばあそびの詩     いろいろ
          絵本「ひそひそこそこそ」 武鹿悦子

 今日の初参加は、学校や図書館で一緒に活動しているF中さんとT瀬さん。ようこそいらっしゃい♪初参加二人ということで、ことばあそびをたくさんやりました。思いっきり自分を出したり、詩の中のキャラクターになりきったり。イメージを具体的に持っていると、声も自然に出てきます。「ア~、気持ちいい!」って、声を出す方も聞くほうも本当にそんな気持ちになっちゃうのです。つどいの広場の遊戯室にゆったりスペースをとって、自由に動いたり声を出したり。風も入ってきます。木々の若葉も爽やかです。

 次回からはいよいよ、「ともだちは緑のにおい」(工藤直子)を少し続けてやる予定ですが‥‥。詩の朗読をたっぷりやるのもいいかもね。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初心者大歓迎! お問合せはわいわいキッズいいづかまでお願いします。
            このブログのコメントでの問合せや参加申込みもOKです。
            非公開コメントにできますので、お気軽にどうぞ。
            次回は8月初めの予定です。

他にも、
朗読の会「どんぐり」は経験者中心で長年続いている会です。練習は夜間。
  濱崎けい子さん指導の下、朗読を通したいろいろな表現を楽しんでいます。
  絵本はもとより、エッセーやショートストーリー、長編を読むこともあります。
  毎回あっという間に時間が経ち充実した内容になっています。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

濱崎けい子さんは宮崎県在住の女優さん。
 地域に密着した子どもと演劇をつなぐ幅広い活動が評価され、児童・青少年演劇に貢献した演劇人に贈られる「第27回全児演正賞」を受賞。2005年は二人の会20周年記念として、堺雅人さん(NHK大河ドラマ「新撰組」山南敬助役で大ブレイク)との二人芝居「宮城野」に取り組まれました。また、昨秋には劇団一跡二跳の最新舞台「アラブ・イスラエル・クックブック」に客演し、長山藍子さん(劇団朋友)と共演されました。音楽家の方と組んだり一人芝居や朗読劇など幅広いジャンルで、活躍されています。

濱崎さんの公演・ワークショップ御希望の方は、
  このブログのコメント欄を利用してお問合せください。
  非公開コメントで連絡先を教えていただければお返事いたします。

[PR]
by wkikyoko | 2007-05-30 16:32 | 朗読勉強会「みみずく」 | Trackback | Comments(0)
1年2組:
ボクのこときらい?~カエルのきもち~」 
  やすのぶなおみつ:文 まつはしとしみつ:写真 (PHP研究所)
かえるのあまがさ」 与田準一:作 那須良輔:画 (童心社)


 家の近所の田んぼにも水が入り、カエルたちの元気な鳴き声が聞こえてくるようになりました。そこで今日はカエルの本を2冊です。1年生たちの教室では、後ろの一角が読み聞かせコーナーになっています。読み聞かせのときはみんなそこにギュウっと集まって絵本を読んでもらっています。1クラス約20人。とってもいい雰囲気です。

 さてさて、でもやっぱり元気な1年2組さん。「ボクのこときらい?」って問いかけにずっと「きらい!」で通した子もたくさんいました。カエルやヘビなど身近に感じることのできる環境ですから、実体験としてよく知っています。それでもやっぱり受け付けない子はいるだろうし、それはそれでいいとは思うけど、今日はカエルの気持ちも少しは分かってくれたかなぁ?
[PR]
by wkikyoko | 2007-05-30 16:13 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)

スカッと爽やか!

Charlie's Angels 2000
Charlie's Angels:Full Throttle 2003   McG監督 米


 体調は今ひとつ。でも気分はスカッとしたかった先週、Nちゃんと楽しんだTV&DVDは、チャーリーズ・エンジェル。

まるで昔話の始まりのように紹介される3人のエンジェル達。強いのなんの。マトリックスばりの特撮も!それぞれの特技を活かしながら、基本的には素手で戦う。そして女だからと容赦されることなく、こてんぱんにやられたりもする。だけど、やられたってへこたれない。ハデに爆風に飛ばされたり、とんでもないところから落ちてもほとんど怪我らしい怪我をせず、最後には任務を果たし、チャーリーの声に満面の笑みで応える。屈託のない笑顔。姿を見たことのないボスへ寄せる全幅の信頼。それからとぼけた味の男性陣。そりゃ気分爽快。

 そういう意味では、最初の映画が好き。フルスロットルの方はちょっと話が複雑だったし、かなり血が出たし、悪役デミ・ムーアの最期はあんまりだったし。スカッと爽やかを楽しみたかったら最初の一本ね!
 

 ところで、Cameron Diaz キャメロン・ディアス (Natalie Cook)
       Drew Barrymore ドリュー・バリモア (Dylan Sanders)
       Lucy Liu ルーシー・リュー (Alex Munday) 誰がお好みだったと思う?  
[PR]
by wkikyoko | 2007-05-29 23:48 | その他鑑賞(映画等) | Trackback | Comments(0)

復調宣言~朝の部~

f0101679_7545198.jpg 先週から軒並み体調を崩した我が家でしたが、そろそろ復調の兆しです。そこで今日は久々にお弁当作り。運動会の練習で昼食時間が短いというので、Nちゃんには食べやすさがポイントね。海苔巻きおにぎり・ほうれん草入り玉子焼き・鶏のから揚げ・塩鮭・ブロッコリーってとこです。

 これで夜、夫が「ビール!」となると、ほぼ完璧な体調になります。ほんと?
[PR]
by wkikyoko | 2007-05-29 08:08 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)
 今年も子どものためのドラマスクールが始まりました。第12期となります。表現コース23名ドラマシアターコース13名の子ども達が参加します。子ども達と一緒に活動するのは、表現指導の吉柳佳代子さん、演出の大塚恵美子さん、歌唱指導の大屋省子さん、その他スタッフです。

 初心者でしかも小学校低学年の子が多い表現コースには、ドラマシアターコース(経験者で小学3年生以上)の子ども達も応援で入ります。様々なエクササイズで心と身体をほぐしながら、ドラマスクールを「自分が安心していられる場所」とそれぞれが感じられるようになるといいね。それから徐々にドラマを体験するのですが、それはお芝居の練習ではなく、イメージを自在に膨らませ、日常生活では出会うことのない、いろんな立場を経験することを目的としています。いわば人生の練習をしているわけです。

 難しい?そう本当に難しいことだと思います。でも、子ども達はそれをこのドラマスクールの中で少しづつ少しづつやり遂げています。仲間の存在が大きい。スタッフの支えも力強い。そういう活動が飯塚市のコスモスコモンで12年間も続いているのです。今年もたくさんのドラマを作っていってください!応援しています。


いいづかドラマスクール
そんなドラマっ子達が、大好きなドラマスクールのことを、
たくさんの人に知ってもらおうとブログを立ち上げました。
よかったらのぞいてみてください。
f0101679_8444477.jpg
写真は第11期舞台の表と裏(そのパパ撮影)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

行けなかったシリーズ第4弾

 で、そのドラマスクールの第1回活動日にあわせて今年度はじめての保護者会もあったのだけれど、体調不良のため参加できませんでした。発表公演の写真整理や保護者スタッフの打ち合わせ等できなくて申し訳ありませんでした。
[PR]
by wkikyoko | 2007-05-27 22:53 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(0)

原因は庭掃除か?

 ぴーかんお天気の土曜日の朝。洗濯機を回してる間、夫と2人で庭掃除をした。玄関周りだけは何とかさっぱりした。ウ~ン、いい感じ。今日はここまでね‥って、普通なら心地よい疲労感に浸って満足満足となるはずなんだけど、心地よいどころではない疲労感。くらくらしちゃう。頭も痛いし。

 少し休んで熱を測ると38度近くあるの。大事をとって病院へ。帰ってからも熱はどんどん上がって39度を越してきた。横になってるのもきつい。と、下でごそごそしていた夫も、「僕も熱が出た。」やっぱり39度以上あるそうだ。「午前中からきついなぁと思っていたけど、庭掃除のせいかと思ってた。」

 そうかもしれない。私達きっと、庭掃除が体質的にあわないんだろう。きっと草1本でも抜こうとすると、体が拒否反応を起こすのかもしれない。というわけなので、我が家の庭が草原化してても、体質のせいなのでお許しを。寝すぎで腰も痛いのだけど、起きているのもつらいのでまた寝よう。では‥


 ところで、Nちゃんは、金曜日まで学校をお休みして、土曜日は補習と眼科に行きました。今日はドラマスクール。明日からは運動会の練習にも励まなくっちゃなりません。
[PR]
by wkikyoko | 2007-05-27 09:05 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)
絵本「かいぶつかいぶつ」 メラニー・ウォルシュ:作 (徳間書店)
絵本「どうながのプレッツェル」 M・レイ:作 H・A・レイ:絵 (福音館書店)
絵本「すぷーすはとってもちっちゃい」 くんくみこ:作 (ポプラ社)
手遊び「おはなしゆびさん」
紙芝居「ちびっこにんじゃ にんまる、じゃんまる」 山本省三:作 (教育画劇)
絵本「やさいだいすき」 柳原良平:作 (こぐま社)

[PR]
by wkikyoko | 2007-05-26 14:11 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)

中間考査と発熱

行けなかったシリーズ第3弾

昨日と今日は、中間テストの日だったんだけど、Nちゃん発熱でダウン。

月曜日、熱っぽいと早くに寝てしまったNちゃん。

火曜日、熱で真っ赤な顔して起きてきて「明日から試験だから行かなくっちゃ。」
   「でもね、今無理するとテストの日にいっそう悪くなっちゃうよ。」
   38度以上熱があったので病院へ連れて行く。
   「咽喉が真っ赤だね。ゆっくり休むように。」おじいちゃんの先生はいつも優しい。
   粉薬と注射の苦手なNちゃんは「粒のお薬にしてね。注射はいや。」と甘える。
   結局その日の最高体温は39・6度!

水曜日、朝からやっぱり39度あって、昨夜は一度もどしたと言う。
   Nちゃんの状態によっては、保健室で試験を受けたらと考えていたが、
   到底無理なので、担任の先生に電話をかけて相談する。
   「病欠の場合は診断書があれば、次回の考査での成績を参考に
   80パーセントの成績をつけることができます。」とのこと。
   休もうね。熱は高いが、少しだけでも食欲があるのでちょっと安心。

木曜日、朝、様子を見に行くとまだまだ身体はぽかぽかしている。
   「頭が痛い。」と起き上がれない。そのまま休ませていて、今。
   もう少ししたら起こして、様子見て病院へ連れて行く予定。

‥‥Nちゃん、来週の日曜日は運動会だし、ずい分ハードな日々でした。
   今回はゆっくり休んで、期末考査でリベンジだよ!ほんと?

[PR]
by wkikyoko | 2007-05-24 09:17 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)