あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2007年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧

手遊び「たんぽぽ」
ストーリーテーリング「つぶたろう」 いまえよしとも:作 (ポプラ社)
詩「あいさつ」「こけっこマーチ」「まっすぐについて」 くどうなおこ:作 (童話屋)
大型絵本「ねずみくんのチョッキ」 なかえよしを:作 上野紀子:絵 (ポプラ社)
パネルシアター「わたしのおうちにあそびにきてね」
リコーダー演奏「ずいずいずっころばし」「エーデルワイス」
         「グリーンスリーブス」「ディズニーメドレー」


 今日は嘉穂図書館の春休み特別お話会です。あそびっこ音楽仲間・のんびりママとジョイント公演をしました。図書館の常連さんだけでなく、リコーダー演奏を楽しみに来てくださった男性もいて、約30名の参加者でした。初めての場所、かなり緊張して臨みましたが、司書さんにも親切に対応していただき、楽しく出来ました。私たちに今日の話を持ってきてくださったその司書さんが4月1日付で転勤ということで、「では今日のお話会はF原さんのために」と言う気持ちも込めました。
f0101679_1718517.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2007-03-31 17:12 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)
f0101679_1430100.jpg 条件がどんなものかよく分からないのですが、とにかく今日の出張で飛行機を利用すれば2008年度のダイヤモンド会員になる資格ができるらしいのです。で、無事出張を終え帰ってきました。2月3月で10回東京行きでした。お疲れさま。何はともあれおめでとう!

 で、今年度最後のお土産は、やまや「博多名物・からし高菜」。羽田発福岡着便で帰ってくる人が‥なぜに?でもまあ、からし高菜は好物でございます。どうもありがとう!
[PR]
by wkikyoko | 2007-03-30 23:14 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
手遊び「たんぽぽ」「ひとつとひとつで」
ストーリーテーリング「つぶたろう」
朗読「さるのきも・タイの民話」
ストーリーテーリング「へっこきじっさ」
手遊び「わしの家のわしの木に」
パネルシアター「良寛さまとたけのこ」「とけいのうた」
リコーダー演奏「ずいずいずっころばし」「エーデルワイス」
         「グリーンスリーブス」「ディズニーメドレー」
みんなで歌いましょう「にんげんっていいな」


 お寺の本堂を会場にしたお話会。耳で聞く楽しさを味わって欲しくってお話中心のプログラムにしました。「子どもの成長と結婚⇒夫婦愛⇒老人力⇒お坊様」というふうに話が進むのですが、そう思ってみるとちょっと面白いでしょう。後半はのんびりママのリコーダーコンサートです。私、本当に久しぶりに素話に挑戦しました。小さい子から大人の方まで約50名で楽しんだお話会でした。
[PR]
by wkikyoko | 2007-03-30 22:13 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)
3月30日(金)19:00~20:30
夕べのお話会「おはなし、聞きにこんね」
場所:飯塚市大分(大分八幡宮横) 養源寺


 昔々おじいちゃんやおばあちゃん達が楽しんでいたような夕べのひと時。そんな雰囲気をみんなで味わいたくてあそびっこが企画した集まりです。夜間の催しながら約50名の方の参加がありました。みんな誰かと誰かの顔見知りで、お友達で。身近な人達とこういうふうに過ごせるのってとっても楽しい!

第1部:布のおもちゃで遊びましょう
 「福っ子」の皆さんがお手玉や手毬、魚釣りゲーム、絵合わせゲームなどたくさんの
 布のおもちゃを用意してくださいました。丁寧に縫われたものはさわっているだけで
 幸せな気持になります。それぞれにお気に入りのもので遊んでお話会が
 始まるまでの時間を過ごしました。

第2部:昔話を楽しみましょう
 「夜、畳のお部屋での昔話の会」をしたくって、会場をお寺にさせていただきました。
 本当に昔話にぴったりの雰囲気でした。

第3部:リコーダーの調べに耳を傾けましょう
 身近な楽器ですが、きちんとした演奏を聞く機会はあまりありません。
 今日の「音楽仲間・のんびりママ」は3人でとても素敵なアンサンブルでした。

お接待:会の終りにお茶とお菓子のお接待をしていただきました。
     子ども達には小さなプレゼントも。養源寺さんどうもありがとうございました。
f0101679_022023.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2007-03-30 22:00 | あそびっこ | Trackback | Comments(0)

桜競演

f0101679_13323277.jpg
★Mちゃんが見てるCambridgeの桜★

f0101679_1324166.jpg
★私たちが見てる大分八幡宮の桜★

[PR]
by wkikyoko | 2007-03-30 13:27 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)
f0101679_20385627.jpg
f0101679_20391189.jpg
f0101679_1745182.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2007-03-28 20:40 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(0)
f0101679_9362836.jpg SCREENの付録の写真を見ていたら、ジョニーデップ扮するウィリー・ウォンカが中原中也に見えてきた。私だけ?でも、目深に被った黒い帽子におかっぱ頭、哀しいような少し怖いような目。似てませんか?そう思ったらもうたまらなくって、詩集をごそごそ。春といえばやっぱりこの詩ですよね。

「山羊の歌」 中原中也


   春の日の夕暮

トタンがセンベイ食べて
春の日の夕暮は穏かです
アンダースローされた灰が蒼ざめて
春の日の夕暮は静かです

吁! 案山子はないか――あるまい
馬嘶くか――嘶きもしまい
ただただ月の光のヌメランとするまゝに
従順なのは 春の日の夕暮か

ポトホトと野の中に伽藍は紅く
荷馬車の車輪 油を失ひ
私が歴史的現在に物を云へば
嘲る嘲る 空と山とが

瓦が一枚 はぐれました
これから春の日の夕暮は
無言ながら 前進します
自らの 静脈管の中へです

[PR]
by wkikyoko | 2007-03-28 09:47 | 読書(その他) | Trackback | Comments(0)

魔法の手

ルリユールおじさん」 いせひでこ (理論社)

 パリに住む少女ソフィーの大切な植物図鑑が壊れてしまった。街の本屋さんには新しい本が並んでいるが、自分の図鑑を元通りにしたい。「それならルリユールのところへ行けばいいよ。」と教えられ訪ねたのが、代々続く製本職人(relieur)の店。バラバラになった本の修理の手順をソフィーに説明しながら、ごつごつとした老職人の手が丁寧に仕事を進めていく。それを見つめるソフィーの驚き。1日の仕事を終え、老人が夢の中で問いかける。「自分も父さんのような魔法の手を持てただろうか?」と。翌日本の完成を待ちかねてやって来たソフィーの目に飛び込んできたのは、新しく装丁をされた彼女の図鑑。大好きな絵が表紙に使われ、金箔の文字で題名が綴られていた。

 夢のように素敵な1冊です。青い色を基調にしたカバーの絵も、それからカバーをとった後現れる本の表紙も。ルリユールの仕事振りも。ソフィーの様子も。

 ちょうど 「魔法の声」「魔法の文字」 を読んだ後だったので、特にルリユールの仕事に惹かれました。モーの仕事をこの絵本で見ることができました。メギーがモーに作ってもらった自分だけの本のこともずっと身近にその喜びを感じることが出来ました。
[PR]
by wkikyoko | 2007-03-27 08:17 | 読書(絵本) | Trackback | Comments(2)

歴史が息づく

「ナイトミュージアム」 NIGHT AT THE MUSEUM 
                     2006年 ショーン・レヴィ監督 米


 バツイチで仕事も住いも転々としているラリーには10歳の息子がいる。養育権の問題で時々しか会えないが、息子はだんだん母親の新しいパートナーに馴染んできた。息子のそばにいたいと思うラリーがやっと見つけた仕事は、ニューヨークの自然史博物館の夜警だ。今ではすっかり見向きもされなくなった博物館では、ベテランの警備3名をクビにして新しい警備を雇い入れようというのだ。だけど、今まで新しい警備はなかなか決まらなかった。なぜ?だって、夜になると博物館の展示物達が命を取り戻し動き回っているんだもの!ティラノサウルスの骨格模型、モアイ像、剥製の動物、歴史上の人物達、そして第26代米国大統領ルーズベルト。
 夜の博物館でのハチャメチャ大騒ぎと、愛情物語。登場人物も暴れまわる展示物達もとても魅力的。家族で楽しめる映画です。そういえば、最近子ども連れでしか映画館に行ってないなぁ。
                                TOHOシネマズ直方
[PR]
by wkikyoko | 2007-03-26 22:50 | その他鑑賞(映画等) | Trackback | Comments(0)
 大分小学校の朝読に定期的に入るようになって4年目の2006年度も無事に終わりました。今年度クラスに入ったのは延べで130回です。パチパチパチ!

 読み手も少しづつ増え、今年度は6名が9クラス+広場の読み聞かせを行いました。2学期からはこれに加え、1年生に向けて若い人たちが週に2回10分間の読み聞かせにも入っています。クラスには1人で行きますが、読み聞かせの後、図書室を借りてその日の様子を話し合ったり、本の情報交換などする時間を持っています。読み聞かせの時間には基本的に先生も一緒にクラスにいてくださってます。

 小学校の時間割が、朝のホームルーム⇒読み聞かせの時間⇒1時限となっているので、ホームルームが伸びると、次々に後の時間に影響が出ることが悩みの種でした。予定していた本が読めなかったり、授業時間に食い込んでしまったり。そこで、次年度は8:30~45の15分間を読み聞かせの時間にすることになりました。8:30は始業の時間です。前の日の帰りに読み聞かせの為の会場作りをして帰れば、しっかり15分間を使うことが出来ます。みんな遅刻しないで登校してね。私達は、学校に行くのが子ども達の登校時間にかかるので、車の運転に今まで以上に気をつけましょう。学期毎の予定や読書記録の作成は今までとおりです。次年度もどうぞよろしくお願いします。

★毎週水曜日8:45~9:00⇒8:30~8:45
★読み聞かせのための会場作り
★学期ごとの読み聞かせ予定作成
★クラス毎に読書記録一覧表の作成

[PR]
by wkikyoko | 2007-03-26 22:25 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(0)