あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2007年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

お帰りぃ

f0101679_0371627.jpg 明日の卒業式に出席する為、Mちゃんが帰ってきました。おかえりなさい!10時過ぎに帰って来て、お土産を広げたり、お父さんの晩ご飯を隣でつついたり。でも、何だかとっても普通。いてあたりまえの人がいるだけって感じなんだもの。Mちゃんは、「みんな日本語しゃべってるのって不思議だぁ。」なんて言ってるけどね。えっ、そういえば2ヶ月近くいなかったんだっけ?まあ、ゆっくりお風呂に入ってください。
f0101679_072040.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2007-02-28 23:59 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)

びっくりレシートの巻

f0101679_14114486.jpg スパーのレシートをつくづく眺めて驚いた。田畑さんだの山野さんだの赤井さんだの(全て仮名)って名前が書いてある。それも50円?100円?450円?えっ、えっ、なんだぁ?
 実は産直コーナーに出品している方のお名前で、買ったのは大根だったりブロッコリーだったり苺だったりするわけ。誰の商品がどれだけ売れたってはっきり分かるようにバーコード処理がされてるんだろうけど、生産者のフルネームがそのものずばりレシートに記載されるというのが面白い。産直コーナーには生産者の方々のにこやかな笑顔の写真とお名前がきちんと掲示されている。御近所の人達ばかりだから、知っているお顔もいくつかある。すぐ隣には市場を通して仕入れられた野菜もたくさん置いてあるけれど、安さと新鮮さは産直にはかなわない。いつも皆さんが作ったお野菜を美味しく頂いている。でも、それにしても、レシートのこの表示。初めて気づいたときはびっくりしちゃったのだ!


写真のレシートは雰囲気を伝える為に作った架空のものです♪
~~↑そんなことは分かりきってます~~

[PR]
by wkikyoko | 2007-02-25 14:36 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)

物語の魅力と声の力

「魔法の声」 
少女メギーは父モーと二人暮し。母のことはよく知らない。モーの仕事は本の修理師。本を愛し、メギーにも本のすばらしさを教えてくれた。でも、一度も本を読んでもらったことはない。どうして?実はモーは、物語の登場人物をこの世界へ呼び出す魔法の声を持っていたのだ。9年前、その声に呼びだされてしまった登場人物と引き替えに、母は物語の世界に消えてしまっていた。ある雨の夜、顔に傷のある不思議な男ホコリ指が現れ、「闇の心(インクハート)」から呼び出された悪人カプリコーン達に父がさらわれ、メギーにも危険が降りかかる‥‥。

「魔法の文字」
 物語の登場人物をこの世界へ呼び出す力を持っていのはモーだけではなかった。メギーにもその力があり、メギーとモーの魔法の声でカプリコーン一味を倒し、母を無事に助け出すことも出来た。その後、叔母エリノアの屋敷で一家は平穏な毎日を送っていた。ホコリ指は、メギー達と同じような声の力の持ち主を探し、やっと自分の物語世界「闇の心」へ帰ることができた。だが、ホコリ指を憎んでいるバスタも彼を追って「闇の心」へ行ってしまう。メギーはホコリ指を救うため、自ら物語を書き換え、朗読し、危機が迫っている物語の世界へ入り込んでいく…。


 作者は「どろぼうの神様」のコルネーリア・フンケ浅見昇吾訳、WAVE出版。「魔法の声」は、前から書架にあるのを見てたのです。黒い地に白い文字で題名と作者と訳者だけを書いた愛想なしの背表紙を見ながら、面白いのかなぁ、どうかなぁ?それこそ「ハリポタ亜流ファンタジーの、版型でかかろう厚かろう質悪かろうフォントが大きかろう中身余白が多かろう」だったらいやだな、と手にも取らなかったんです。でも、えりりんさんの紹介ですっかり読む気モードに入りました。読みました!家にひとりだったので最後は泣きながら‥‥。先が気になってどんどん読み進めてたのに、読み終わったら何だかもったいない気がしちゃった。あ~、早く続きが読みたい!第3巻の発行は今年中?それとも来年かしら?
[PR]
by wkikyoko | 2007-02-24 21:09 | 読書(児童書・YA) | Trackback | Comments(0)
絵本「はい!たっち」 わたりむつこ:作 (福音館書店)
絵本「はりねずみのはりこ」 なかやみわ:作 (福音館書店)
手遊び「グー・チョキ・パーで」
絵本「わにわにのおふろ」 小風さち:作 山口マオ:絵 (福音館書店)
手遊び「さあさ、お風呂に入りましょう」
折り紙「おひなさま」
わらべうた「さよならあんころもち」


f0101679_18123672.jpg 今日は、久しぶりに土曜日のお話会をお手伝いに行きました。お客さんはすずのちゃん5歳・あやなちゃん2歳の可愛い姉妹とママ。しっかり絵本を楽しみました。絵本の中のわにわにくんの様子ににっこり喜び、帰りに借りていってくれました。おひなさまの折り紙は、簡単だけどちょっとこんがらがる所が。でもママもお姉ちゃんもすぐに覚えて、「お家でもまたつくろうね。」とおしゃべり。ゆったり楽しいお話会でした。

 お話会が終わってしまってからやって来た3歳になったばかりのになちゃん。とっても残念そうだったので、おまけのお話会をになちゃんとママのためにやりました。絵本を2冊、ととけっこう よがあけたわにわにのおふろ「グー・チョキ・パーで」の手遊びをひとつ。手遊びがとっても上手ね。子育て支援センターで遊んでいるんですって。今春から幼稚園のになちゃんです。
f0101679_1813762.jpg
おはなしコーナーの壁面はもう春です。

[PR]
by wkikyoko | 2007-02-24 18:01 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)

春ですね♪

f0101679_8205148.jpg
さくらんぼの花です。いつもより早めの開花かもしれません。
今年はどのくらいのさくらんぼが食べられるかな?

春ですねぇ。私の目が鼻が、春よ春よ~♪と敏感に反応しています。
今日もいいお天気。嬉し苦しの花粉症患者です。

[PR]
by wkikyoko | 2007-02-24 08:30 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
f0101679_2314524.jpg 「お母さん、はい。カエル好きやろ♪」と、Nちゃんが私に持ってきてくれたのは、ファミマで買ったお茶のおまけです。「Nちゃんは?」って聞くと、ジマイマが欲しかったのだそうです。ファミマのオリジナル企画です。ピーターラビットやベンジャミン・バニーや2ひきのわるいねずみなど5種類のフィギアが、絵本の世界そのままに作られています。さすが海洋堂のフィギア!
 「また買ってきてあげるよぉ。」とNちゃんの優しいお言葉と差し出される右手。欲しいのは欲しいんだけどなぁ‥

「ピーターラビットTM」
ボトルキャップフィギュアコレクション

[PR]
by wkikyoko | 2007-02-23 23:32 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)
6年2組:
あたまにつまった石ころが」 キャロル・ハースト:文 (光村教育図書)


 同じ学年の違う組を連続の週で読む場合、基本的に同じ選書にするのですが、今日は先週の6年1組とは違った本にしました。選書の気持ちは同じです。「好きなことは何?」「大きくなったら何になりたい?」「何にだってなれるんだよ。」というメッセージです。ただ、朝読は担任の先生も聞いてくださるので、I先生はこの本がいいかなぁと思ったものですから。どうだったでしょう?

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 朝読のあと図書室を借りて、その日の読み聞かせの反省や読んだ本の紹介や情報交換の時間を持っています。今朝の反省は2つ。

1年生でにぎりめし ごろごろを読んだ★さん
 しっかり下読みしてきたのよ。でもいざ絵本を持ってみんなの前に立ったら、絵本の文字が見にくくて慌てちゃった。あ~ん、どうしようって思ったんですって。どんなに読み込んだって、やっぱり、読み聞かせのスタイルでちゃんと練習してなくっちゃダメだよね。

3年生でわゴムはどのくらいのびるかしら?
     おもいついたらそのときに!を読んだ★さん

 「おもいついたらそのときに!」を読んでる途中で「長い」って言われちゃった。繰り返しが楽しいお話なのになぁ。本の順番を聞いたら、2冊目に読んだんですって。先に「おもいついたら‥」を読んで2冊目に「わゴム‥」を読んだ方がよかったんじゃない?来週は逆の順番で読んでみて、その反応教えてね。読む順番も大切だよね。

 こんなふうに言い合えるっていいなぁと思っています。選ぶ本にも個性があって、教えられたり教えたりです。
[PR]
by wkikyoko | 2007-02-21 18:00 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)

大きな苺♪

f0101679_20134352.jpgf0101679_2014757.jpg あまおう
  まい!
  るい!
  おきい!
  まい!

 「博多あまおう」のキャッチフレーズは「甘い!」「丸い!」「大きい!」「旨い!」だけど、これは特に大きなあまおうです。手の出演は夫と娘。二人ともそんなに小さな手ではないのですよ。もう1粒でおなかいっぱい。こうなると、1粒じゃなくっもう1個って数えなくっちゃね!
[PR]
by wkikyoko | 2007-02-18 20:30 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)
―教室パート3― 筑豊の昔話
 筑豊を流れる遠賀川や彦山川。川は生活に欠かせない場所でした。
 川は大切で親しみ深い場所であり、時には恐ろしい場所でもありました。
 そして川といえば河童です!筑豊にもたくさんの河童伝説が残っています。 

 筑豊の昔話の先生はからすちゃんこと、芳野仁子(よしの・のりこ)さんです。


f0101679_20244277.jpg今日のプログラムは‥‥
「黒田のまさめずもう」を自分達のものにしよう♪

   ①配役を決める。
   ②台本を読んでみる。
   ③せりふを考える。
   ④ペープサートを作ろう!
f0101679_2020236.jpg
f0101679_20175452.jpg
f0101679_2018262.jpg
 ★からすちゃんにやり方を教えてもらって、ペープサート作りに挑戦!
  1時間ほどでみんな素敵な作品を描き上げました。

 ★次回は3月10日。いよいよペープサートの練習です。
  小さな発表会もしましょうね。お家の人を誘ってください。
  みんな忘れないように、それから遅刻しないように来てね。

 ★今日のおまけは、ちんどん隊の練習です。
   ちんどん太鼓も玉簾も上手に出来ました♪
f0101679_20184610.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2007-02-17 20:34 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(0)
2月16日(金) 13:00~13:30 飯塚市秋松「いおり」にて
参加費:2000円 講師:濱崎けい子さん(二人の会)


今日の参加者:3名

今日のメニュー:発声練習
          「これはのみのぴこ」 谷川俊太郎
          言葉遊びの詩 いろいろ
          「月夜のでんしんばしら」より 宮沢賢治
          「のはらうた」より 工藤直子


 今日は、初めてのM下さんが赤ちゃん連れで参加。1歳ちょっとのAちゃんは、大きな声の発声練習にも泣き出すことなく、興味津々の様子でした。言葉遊びでやった松岡享子さんの「それ ほんとう?」は、「あ」から「わ」までの音尽くし。「あ」の詩ならほとんどの行の行頭が「あ」で始まり、それ以外でも「あ」のつく言葉がたくさん使われているのです。長い詩あり短い詩あり、思わず笑ってしまいそうなものから恐れ入りました!という感じのものまで。お薦めは「よ」の詩です。


 それから、宮沢賢治の作品から取り上げて準備したものを読んでみました。宮沢賢治の作品はリズムが命。単調にならないように気をつけて読んでいきます。濱崎さんが合いの手を入れてくださるとぐんとよくなったような感じ。

     ~~「月夜のでんしんばしら」より~~

   ドッテテドッテテ ドッテテド
   でんしんばしらの ぐんたいは はやさ せかいに たぐいなし
   ドッテテドッテテ ドッテテド
   でんしんばしらの ぐんたいは きりつ せかいに ならびなし

   ドッテテドッテテ ドッテテド
   二本うで木の 工兵隊 六本うで木の 竜騎兵
   ドッテテドッテテ ドッテテド
   いちれつ 一万五千人 はりがね かたく むすびたり

   ドッテテドッテテ ドッテテド
   やりを かざれる とたん帽 すねは はしらの ごとくなり
   ドッテテドッテテ ドッテテド
   肩に かけたる エボレット 重きつとめを しめすなり

   ドッテテドッテテ ドッテテド
   寒さ はだえを つんざくも などて 腕木を おろすべき
   ドッテテドッテテ ドッテテド
   暑さ 硫黄を とかすとも いかで おとさん エボレット

   ドッテテドッテテ ドッテテド
   右と ひだりの サアベルは たぐいも あらぬ 細身なり

   ドッテテドッテテ ドッテテド
   タールを 塗れる なが靴の 歩はばは 三百六十尺

   ドッテテドッテテ ドッテテド
   でんしんばしらの ぐんたいの その名 せかいに とどろけり



 最後に「のはらうた」から10篇ばかりを選んで構成を考え、一つの作品として演じてみました。ソロで読んだり、群読したり。それぞれの声や雰囲気の違いを上手く活かすと楽しさも一段と大きくなってきます。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初心者大歓迎! お問合せはわいわいキッズいいづかまでお願いします。
            このブログのコメントでの問合せや参加申込みもOKです。
            非公開コメントにできますので、お気軽にどうぞ。
            次回は4月中旬の予定です。

        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

濱崎さんの公演・ワークショップ御希望の方は、
   このブログのコメント欄を利用してお問合せください。
   非公開コメントで連絡先を教えていただければお返事いたします。

[PR]
by wkikyoko | 2007-02-16 17:50 | 朗読勉強会「みみずく」 | Trackback | Comments(0)