あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

<   2006年 08月 ( 44 )   > この月の画像一覧

「ロンポポ おおかみと三にんのむすめ」 エド・ヤング:再話/絵 古今社

 この絵本は1990年のコールデコット賞受賞作品です。中国に伝わる「虎姑婆(ロンポポ)」という昔話をもとにして作られたこのお話は、ヨーロッパの「おおかみと七ひきのこやぎ」「赤ずきん」によく似ています。また日本の「天道さま金の鎖」というお話にも共通点を見ることができます。そして同じような話でも、その国の文化や好みが反映されて少しずつ違っていることも大変興味深いところです。

 久山のブックオフで見つけました。赤い背景にすっくと立ち、じっとこちらを見つめている狼が印象的です。カバーもついて状態もいいのになぜか105円。どんな基準での値段設定なのかしら?迷わず購入です。
 
[PR]
by wkikyoko | 2006-08-31 23:54 | 読書(絵本) | Trackback | Comments(0)

To be continued.

「パイレーツ・オブ・カリビアン~デッドマンズ・チェスト」
PIRATES OF THE CARIBBEAN~DEAD MAN'S CHEST
 
             2006年 ゴア・ヴァービンスキー監督  米


 夏休み最後の日、女子中学生3人を引き連れて観て来ました。3作目のための2作目という評判は充分に聞いていたので、終わり方に不満はありませんでした。かえって早く3作目を観たくなったくらい。だって、ジョニー・デップのはじけ方は半端じゃないし。怪しいキャラクターが勢ぞろいのわりにはどことなく憎めないし。主役は絶対死なないって安心してられるしね。
 何だかもう、この映画自体が大掛かりなアトラクションみたいというか、サービス精神旺盛のエンターテイメントとして楽しく観ました。そして、観てるうちに、あ~~っもう、やっぱり行きたくなっちゃうTDL!「カリブの海賊」はもちろんだけど、「ジャングルクルーズ」にも乗りたい!「ジャングルクルーズ」は暗くなってからの方が断然雰囲気が出るのよ。ね、久々に行きたいよね、Nちゃん。
                                    TOHOシネマズ久山
[PR]
by wkikyoko | 2006-08-31 23:39 | その他鑑賞(映画等) | Trackback | Comments(0)
f0101679_1418032.jpg
f0101679_14183163.jpgf0101679_1419267.jpg








 夏休み恒例あそびっこの観劇会
怪しいマジック、驚きの大イリュージョン、人形劇、お芝居と盛りだくさんの1時間でした。ワクワク・ハラハラ・ドキドキしてる子ども達の様子が、一番後ろにいる私にも手に取るように分かりました。飯塚市になって初めての観劇会だったので、思いがけなくたくさんの人が押し寄せたらどうしようと心配していましたが、約80名とまあまあの人数でしたね。

 劇団道化のくすのせさん・川口さん、楽しい時間をどうもありがとうございました。センターのO課長が偶然にも太宰府の方ということが分かったので、開演前にいろいろと話が盛り上がったのも楽しかったです。いつものように観劇会のスタッフとして頑張ってくれたあそびっこの皆さん、会場に足を運んで一緒に楽しんでくださった皆さん、どうもありがとうございます。

f0101679_14352874.jpg 左の写真は開演前のロビーの様子。折り紙やちょっとした遊べるお人形を用意して、飽きずに開演を待てるようにしました。お母さん達も折り紙楽しそうです。小学生達は紙飛行機の飛ばしっこもしていました。

      ~~~~~~~~

 ところでこの日は、時々バケツをひっくり返したようなどしゃ降りでした。人数が増えなかったのは雨のせいかと思ってます。帰ってすぐに気象情報を確認してびっくり!なんと、筑豊地方には「大雨洪水警報」が出てたんです。しばらく影を潜めていたけど、私はやっぱりかなり強力な雨女だったみたい。参加者の皆さん、改めてありがとう。無事に観劇会ができて何よりでした。
[PR]
by wkikyoko | 2006-08-30 14:37 | あそびっこ | Trackback | Comments(2)
 行政・企業・NPO等の協働推進を進めるための会合に出席してきました。様々な活動を展開しているNPO・ボランティアの方達をはじめ、企業や行政の方達と親しくお話をさせていただきましたが、今日、一番心に残ったのは千鳥屋・原田社長のお話でした。

 若き日の原田氏が「SOSキンダードルフ(子どもの村)」に出会ったのは、40年前、菓子修行で出かけたオーストリアでした。SOSとはSave Our Souls(魂の救済)を意味し、戦争や災害、親の病気や離婚、虐待や育児放棄などの事情により、家庭を失い傷ついた子ども達の心身を癒し、実の家族に変わる新しい家庭を作って育ちを支えようとするものです。

 その理念と実践に感銘を受けた原田氏が日本にも「SOSキンダードルフ」を作りたいと地道な活動を続けてこられ、いよいよ福岡で「子どもの村」を作るためのNPOが動き始めたということでした。20代の若さでこの様な活動に感銘を受けられたということ、その思いを40年間ずっともち続けて実現なさったということに、尊敬と驚きをもってお話をうかがいました。

 「子どもの村福岡を設立する会」は、今年7月23日に設立総会を開きNPO法人を申請中だそうです。「子どもの村」ができた後も安定的な運営を続けていく為には、行政のバックアップはもとより、企業や市民の支援と参加が欠かせません。たくさんの人にこの取り組みを知ってもらって、まずは福岡に、そして日本の各地に子ども達が安心して暮らしていける場所が増えていったらいいなと思います。

                   参考までにこんな記事その1 その2 その3
[PR]
by wkikyoko | 2006-08-29 23:39 | その他の活動 | Trackback | Comments(0)

そんなもんでしょ

先週の月曜日、美容院へ。いつまでたっても気づかない夫に、
「ねぇ、お母さんの髪型変わったの分からんと?」と娘。
「全然分からんかった。」と夫。「お父さんってそんなもんよ。」と私。
ま、そんなもんでしょ。でも、この1週間でかなりの人に会ったのに、
「髪、切ったのね。」と言葉をかけてくれた人はなかった。
くせっ毛でいつも毛先がはねてはいるんだけど、
え~~っ、10cm以上短くしたのになぁ。          ま、そんなもんでしょ。
[PR]
by wkikyoko | 2006-08-28 23:32 | 日々の事など | Trackback | Comments(6)
f0101679_20595441.jpg
始めの歌  「あたまかたひざぽん」
大型絵本  「かばくん」 岸田衿子:作 中谷千代子:絵 (福音館書店)
わらべうた 「おてびしてぶし」
あってっこ 「だれかがりんごをかくしてる」
大型紙芝居「あひるのおうさま」 堀尾青史:脚本 田島征三:絵 (童心社)
終りの歌  「さよならあんころもち」

[PR]
by wkikyoko | 2006-08-27 22:02 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)
f0101679_21151042.jpg
f0101679_21161586.jpg 高学年キャンプを企画運営してくれた青年と高校生達に感謝を込めて、保護者主催の「高キャンお疲れさん会」を行いました。8月上旬の高キャンのために3月から動き始め、今日の午前中に子ども達とのまとめ会を終えたみんな、本当にお疲れさんでした。美味しい昼食を一緒に食べて、キャンプの様子をビデオや写真やみんなの言葉で報告を受けて、今年もとてもいいキャンプができたと、みんなの頑張りに感謝です。

 堂々4時間もの超大作ビデオを1時間のダイジェスト版にまとめたものを観た後、保護者からのお礼と感想、青年・高校生からの報告と感想を出し合いました。青年・高校生の感想を聞いて、このキャンプを成功させる為にみんなが頑張った様子や、真剣に取り組んできたことが分かり、改めて彼らのすばらしさを感じました。

 「僕のうちは両親とも教師で、教師なんてという思いもあったけど、今回初めて青年としてキャンプに参加し、子ども達を預かる責任の重さと子ども達と共に活動する楽しさを味わった。両親のことを尊敬します。」と言ったS君。後輩青年や高校生の言葉に感激の涙を流したHちゃん。キャンプ実行委員長のUぼう。他のみんなも本当に本当にありがとう!

f0101679_21122869.jpgf0101679_21124029.jpg
[PR]
by wkikyoko | 2006-08-27 21:40 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(0)

ちっちゃなお花

f0101679_745919.jpg 庭の隅っこに咲いてたの。つる性の植物で葉っぱもあっさりとしてて暑苦しくないし、私はこの花が好き。子どもの頃はこの花を摘んで、先っぽをなめて、ぺたんと自分の鼻にくっつけて遊んでたっけ。そんなに臭くないのにへくそかずら(屁糞葛)っていうの。

f0101679_6331265.jpg こっちの花は最近あんまり見かけないなぁ。この花も好き。ぷつぷつと粟粒みたいなピンク色の花が密生して咲くの。三角形の葉っぱがきゅっとくっつき合ってて、緑の色が薄いのも可愛い。小さな棘が身を守ってるのもいじらしい。なのに、ままこのしりぬぐい(継子の尻拭)って名前。

 かわいそうな名前。どちらもちっちゃくって可憐なお花なのに。でも、私はきっと名前のせいでこのお花達がいっそう好きなのかも。「いいよ、気にしなくっていいよ。そんな理不尽な名前付けられたって、お前達は可愛いよ。」っていい人ぶってるんだ。だけど、どうであれ、雑草のちっちゃなお花は可愛いよ。
[PR]
by wkikyoko | 2006-08-27 06:51 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)
手遊び  「あたまかたひざぽん」
絵本   「かくれんぼ」 たむらたいへい:作  (戸田デザイン研究室)
絵本   「うちのかぞく」 谷口国博:作 村上康成:絵 (世界文化社)
絵本   「かばくん」 岸田衿子:作 中谷千代子:絵 (福音館書店)
絵描き歌 「おつかいありさん」
手遊び  「キャベツの中から」
絵本   「はらぺこあおむし」 エリック・カール:作 (偕成社)
折り紙  「2枚使いの紙飛行機」


 毎月第4土曜日のお話会も先月から正式に始まりました。今日はTさんとAさんが担当。落ち着いた中にも楽しい雰囲気のお話会でした。始まったばかりだし、参加者が少ないのはそんなに気にしないでね。
[PR]
by wkikyoko | 2006-08-26 21:04 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(1)
   「体験」「子ども」なんだから、その様子を知らせなくちゃなんだけど‥
         えいっ、まずは安達さんのアップを載せてみよう!
f0101679_18275588.jpg
f0101679_1829796.jpg
f0101679_18282066.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2006-08-25 23:30 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(0)