あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

カテゴリ:わいわいキッズ(鑑賞)( 156 )

言葉遊びワークショップ

 わいわいキッズいいづか、次回の高学年舞台鑑賞例会は舞台劇『人を食った話』です。濱崎けい子さんと男優二人が登場して繰り広げられる物語です。公務執行妨害と名誉棄損と脅迫及び爆発物取締法違反の疑いで取調べを受ける婆っこ。嘘は何にもついてないのに、話せば話すほど凶悪犯と思われていく。田舎の婆っこと東京からやってきた年若い検事さぁ。間を取り持つのは地元採用の年配書記…。2年前の「濱崎けい子の泣いて笑って70年!」での上演も大好評でした。乞うご期待!

 という訳で、えっ、濱崎さん?そう、濱崎さんです。朗読勉強会で長年お世話になっています。次回の鑑賞例会では『人を食った話』の他に、リクエストを受けて『のはらうた』の世界も楽しんでいただく予定。そこで、例会の事前活動として、小学4年生以上を対象にした言葉遊びのワークショップに取り組みました。

 参加者全員での発声練習のあと、グループに分かれての詩の朗読。自分の気持ちにぴったりの詩を選んでひとりずつの発表。身体いっぱいで表現。どんどん動いてみる。約1時間半をたっぷり楽しみました。ハアハア、ぜいぜい、動きすぎて途中で息切れする大人チーム。わいわいキッズの特徴は、子どもも大人も本気で取り組むこと。そして、自分なりの参加の仕方を見つけて参加できること。気持ちを出すことを恥ずかしがらないこと。それをみんなが自然な形で受け入れられること。

 『のはらうた』の中の詩を作ったのは、のはらに住むみんな。小さな虫や動物や草や木や風や月や星…。女の子も男の子も、子どもも大人もお年よりもいます。女の子だから女の子の作った詩を選ぶわけでなく、大人だって可愛らしい詩を選んで読むし、世間一般的な常識に縛られないのもいいところだなぁと思いました。でもね、中高生。そんな中でも自分を見つめる詩を選んでいた子が多かったように感じました。思春期の琴線に触れたのね。

 次回の高学年舞台鑑賞例会『人を食った話』&『のはらうた』は、4月29日です。どうぞよろしくお願いします。

f0101679_17433548.jpg

濱崎けい子さんも登場する映画「しゃぼん玉」は3月4日より公開中で、各方面より好評を頂いています。
お近くの劇場で上映の際はぜひご覧くださいね。主演は、林遣都さん×市原悦子さん!


濱崎さんの活動を紹介するブログ二人の会・濱崎けい子を作りました。どうぞご覧ください。

[PR]
by wkikyoko | 2017-03-15 23:59 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)

大入御礼 @ 牛若丸

f0101679_12162769.jpg
 子ども劇場50周年、前進座と嘉穂劇場は85周年を記念しての創作歌舞伎「牛若丸」。わいわいキッズいいづかの会員はじめ、各地の子ども劇場のお仲間・市民劇場さん・いろんな繋がりでチケット購入してくださった皆さん、多くの方が嘉穂劇場での歌舞伎を喜んでくださいました。当日スタッフは子ども達も含め70名を越えて、それぞれの役割も楽しみました。入場時には大入り袋を配って、終演後には餅まきと手ぬぐいまきもありました。ほんとにほんとに楽しかった!今回の公演に際しては協賛もたくさん頂きました。感謝いたします。

客入れ前、準備万端ですか?歌舞伎の隈取パンは大人気ですぐに売切れてしまいました。
f0101679_12265025.jpg
f0101679_12265917.jpg
f0101679_12271763.jpg
f0101679_12274211.jpg

会場がどんどん埋まっていきます。雪・月・花と歌舞伎のシーンに合わせた特注弁当も楽しみの一つです。
f0101679_12275034.jpg
f0101679_12281127.jpg

あ~、満足満足!手作り看板との記念撮影もお忘れなくね。
f0101679_12282158.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-02-04 23:57 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(3)
この記事は、2月4日まで上に来るようにしています。最新の記事はこの下からです。

入会して観るか、チケットを購入して観るか?
全席指定となっています。チケット購入で観る方は、当日の座席指定となります。
お問い合わせは…わいわいキッズいいづか 0948-28-7319 (月・木・金 10:00~16:00)
f0101679_22191599.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-02-04 17:45 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(1)

明日、嘉穂劇場へ!

嘉穂劇場で楽しむ創作歌舞伎「牛若丸」、とうとう明日になりました。
天気予報ばかり気にしています。暖かい日になりそう。雨も夜半までは大丈夫。当日券ありますよ!

f0101679_21225167.jpg
2017年2月3日付・西日本新聞筑豊版

[PR]
by wkikyoko | 2017-02-03 21:24 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)
 嘉穂劇場正面の大看板。海老蔵と文枝に並んで牛若丸が引けを取ってないでしょう。わいキッズいいづか主催で創作歌舞伎「牛若丸」を上演します。「わいわいキッズの子ども達が歌舞伎をするの?」ってよく聞かれるけど、演じるのは前進座の皆さんです!子どもから楽しめて大人も満足の作品となっています。わいわいキッズの会員だけでなく、一般の方にもたくさん来ていただこうと、現在鋭意準備中。嘉穂劇場でにも出向いて、打ち合わせをしています。

f0101679_1194124.jpg
f0101679_1194934.jpg

2月4日(土)18:45開演 創作歌舞伎「牛若丸」・併演「歌舞伎の楽しさ」 上演時間:2時間
前売り5000円。当日5500円。詳細はわいわいキッズいいづか(0948-28-7319)へお問合せください。

[PR]
by wkikyoko | 2017-01-22 23:53 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)
f0101679_2053570.jpg まるでサックスを演奏するみたい。ストラップにかけたピアニカを胸元で演奏するピアニカの魔術師ミッチュリーさん。なんと言えばいいんでしょう。ピアニカが歌っています。鍵盤楽器なんだけど、吹奏楽器でもあるんだもの。演奏者の息遣いや鼓動がストレートに伝わってきます。

 ピアニカって、幼稚園や小学校で少し習って、発表会や運動会のマーチングで披露して、それでおしまい…という印象ががらりと変わりました。ピアニカは魂を揺さぶる楽器です。

  ドレッドヘアも衣装もかっこよく決めて登場のミッチュリーさん。最初の曲はルパン3世のテーマです。それからゲームの曲や映画の主題歌、クラッシク・ロック・レゲエと様々なジャンルの曲が演奏されました。ギターとパーカッションとのアンサンブルもとってもよかったです。途中、子ども達と一緒に楽しむコーナーもあり、曲の間には思いのたけを熱く語ってくださって、予定時間をはるかに越えて盛り上がりました。

 ミッチュリーさんは大阪生まれ。音楽を始めたきっかけは、「やっぱりもてたいから」だったそうですが、プロの音楽家になって活動をするうちに、「音楽の楽しさを子ども達に伝え続け、音楽で世界を平和にすることが自分の使命」と思うようになったそうです。そのことを本当に何度も何度も話しておられました。会場には小さな子もたくさん居たけど、みんなそれぞれにミッチュリーさんのメッセージを受け取ったと思います。もちろん大人も大満足!

f0101679_22243178.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2016-12-15 22:25 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)

12月になりました!

もう来年のこと言っても大丈夫よね。ってことで、来年2月のPR大作戦を開始します。
わいわいキッズいいづか2月の舞台鑑賞例会は、嘉穂劇場で観る歌舞伎です。
f0101679_12281677.jpg
2017年2月4日(土)18:45~ 前進座創作歌舞伎『牛若丸』 於:嘉穂劇場
会員募集中です。 一般チケットも販売しています。
問合せ・申込は、わいわいキッズいいづかまで 0948-28-7319

[PR]
by wkikyoko | 2016-12-01 12:37 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)

「牛若丸」座席取り

f0101679_16292675.jpg

 さて!来年2月4日は、前進座の創作歌舞伎「牛若丸」を嘉穂劇場で観る日です。前進座85周年&子ども劇場50周年を記念した新作。わいわいキッズいいづかも舞台鑑賞会として取り組みます。全席指定。みんないい席で観たいよねぇ。希望の席は確保できたかな?でもでもご安心。嘉穂劇場は、どの席で観ても迫力ありますよ。来年が楽しみね。

f0101679_16294995.jpg
f0101679_16295862.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2016-11-23 16:31 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)
f0101679_0354835.jpg 人形劇団クラルテのおひさま劇場は、絵本を題材にした可愛い人形劇が多くて、いつも楽しみにしています。今回の作品は、「ねえとうさん」と「だってだってのおばあさん」でした。みんなも楽しみにたくさん集まってきました。劇が始まるまでは嬉しすぎてハイテンションになってた子ども達もいましたが、始まるとさっと舞台に集中して、ドキドキしたり、ハラハラしたり、くすくす笑ったり、思わず拍手したり…会場全体で楽しみました。「小さなとき、家族やお友達と一緒に人形劇見て楽しかったねぇ」って、いつまでもいい思い出になりますよ。人が好きって素敵なことです。

観客を入れる前と入った後の様子です。
f0101679_0453185.jpg

「ねえ とうさん」の人形は丸太作り。手足が動く仕組みにも興味津々。
f0101679_0513687.jpg

さっきまで舞台で活躍してたお人形。可愛いね。優しく触ってあげてね。
f0101679_0491611.jpg

ねえとうさん―ぼくとうさんの子でうれしいよ (創作絵本)

佐野 洋子 / 小学館

だってだってのおばあさん

佐野 洋子 / フレーベル館


[PR]
by wkikyoko | 2016-10-18 23:50 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(2)
 懐かしすぎる前進座の「龍の子太郎」です。新しい子ども歌舞伎へとつなげる大きな一歩として、9年前に劇団と子ども劇場がひとつになって取り組んだ「龍の子太郎」です。9年前には嘉穂劇場での上演を目指して、筑豊地区の3つ子ども劇場(わいわいキッズいいづか・直方鞍手子ども劇場・COCO田川)が実行委員会を組みました。その詳細はこちらでご覧ください。

 9年後の2016年、新しい「龍の子太郎」が、飯塚を皮切りに全国を巡ります。わいわいキッズいいづか5月の舞台鑑賞会、そんなわけで特別にわくわく!みんな、この日のために事前の活動をたくさんしてきました。この日を迎えられて本当にうれしいです。
f0101679_16222278.jpg
f0101679_16223352.jpg
f0101679_16224496.jpg
f0101679_16225199.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2016-05-25 23:57 | わいわいキッズ(鑑賞) | Trackback | Comments(0)