あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

カテゴリ:被災地支援「こっこさこ」( 43 )

靴下大作戦!

f0101679_7442059.jpg
 写真は3月9日付の西日本新聞、3月30・31日の「こっこさこ」の紹介記事です。チラシを手渡しながら「こっこさこ」のお誘いをしていても、「あ、靴下のプレゼントね。」とおっしゃる方もいて、「こっこさこ=ペアの靴下」って覚えてくださってる方が周りに増えて嬉しい限りです。

 東日本大震災3年目になる今日を中心に、各地でいろいろな取り組みがなされると思います。「こっこさこ」は、お友達感覚の小さな支援です。10年間は続けていきたいねって話しています。どうぞよろしくお願いします。

 半年前の情報ですが、9日の記事を書いてくれたN記者さんのこんな記事も見てください。
[PR]
by wkikyoko | 2013-03-11 08:09 | 被災地支援「こっこさこ」 | Trackback | Comments(1)
3月最後の2日間。被災地に暮らす方達を想う気持ちを持ち寄りましょう。
これまでの活動の報告等はこちらからどうぞ。
f0101679_1532311.jpg
f0101679_1534796.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2013-02-28 10:53 | 被災地支援「こっこさこ」 | Trackback | Comments(0)
 こっこさこの被災地訪問(3回目)の報告会の続きです。

☆①子育て支援施設のお話☆ こっこさことつながりのある子育て支援施設は2か所あります。今回は震災前から活動を続けている施設1か所を訪問しました。震災直後に引っ越した場所からもう一度お引越しをして、仮設の商店街の一角にスペースを確保してありました。仮設商店街には優しい色のオブジェも飾られて、ちょっとホッとできる雰囲気もできています。そのオブジェに一番近いところにある子育て支援施設。内装もきれいに整えられていて、おもちゃも絵本も新しいものが充実。ハード面の整備は心配ないところまで来ている感じでした。

 その場所をお借りして、おかあさん達へ向けてのカラーキューブセラピー。現地にはこれまでも専門的なカウンセリングや相談事業なども行われていますが、おかあさん方はなかなかそういったものを受けずにおられたそうです。なぜ?そういったものを受けて、何らかの診断を下されることにおびえておられる。これまで頑張ってきてるのに、ここで病気ですと言われたりしたら、頑張れなくなる、働けなくなる、それが怖いのだそうです。でもから綺麗な色のキュービックなら緊張感も少なく話ができるというので、何人かのおかあさん達がセラピーを受けられました。震災前とがらりと変わってしまった環境や人間関係に疲れておられた様子がみられたそうです。それでも動き続けていないと、止まってはいけないと、そういう思いがつらいということでした。そんなおかあさん達やおかあさん達を支えてらっしゃる職員さんと、少しでもほっとできるような交流ができたらいいなと思っています。


☆②学童施設のお話☆

☆③街中をタクシーで走ってみて☆

[PR]
by wkikyoko | 2013-01-25 23:59 | 被災地支援「こっこさこ」 | Trackback | Comments(0)
f0101679_14512926.jpg 「こっこさこ」のからすちゃんが、1月14日から18日の日程で岩手県へ3回目の被災地訪問をしてきました。今日はその報告会です。

 こっこさこの支援先は陸前高田市ですが、まず盛岡市に行って知り合いの子ども達向けへ秘密の国語塾をして、それから陸前高田へというスケジュール。福岡から仙台まで飛行機、そこから新幹線で盛岡へと、通常であれば4~5時間程の道のりです。ところが1月14日は全国的に大雪の日。なんと11時発の飛行機が着陸空港封鎖のためとんぼ返り。すぐに振替え便を希望したものの東京も大阪も封鎖中。名古屋小牧空港行きをやっと押さえて、鉄道を乗り継いで、日付が変わる頃にやっと盛岡到着という波乱の幕開けだったそうです。

 昨年の春・夏に次いでの訪問でしたが、海岸沿いから町の中心地だったところは、がれき処理は進んでいるものの、依然荒涼たる茶色い広がりだということでした。山手を切り崩したり、そこに続く低地を5mほどかさ上げして新たな町を作る計画は5年10年とかかる大仕事なのでしょう。

 こっこさこは大掛かりな支援などで来ませんが、お揃いの靴下のプレゼントでつながったり、バザーなどで作ったお金を行き先のはっきりした使い方で活用したりして、お友達としての支援を模索しています。今回は、おかあさん達が少しでも気軽に悩みの相談ができるようにとカラーキュービックセラピーのYさんにも同行いただいて、その旅費の一部をこっこさこのお金から出すことができました。

 陸前高田市の様子…いろいろ聞いたのですが、何とまとめたらいいのでしょう。なかなかうまくまとめられない。あとで3つの事例を紹介しますね。
[PR]
by wkikyoko | 2013-01-25 23:58 | 被災地支援「こっこさこ」 | Trackback | Comments(0)
f0101679_1264810.jpg こっこさこの被災地応援活動第2回くつしたでなかよし!の受付はいよいよ明日12月29日までです。ペアの靴下とメッセージカードを持って、からすのほんやさんへ急げや急げ。GO~!

 ママ用の靴下。親子でお揃いのセットになった靴下。子ども用の可愛い靴下。赤ちゃん用の小さな靴下。それから今回はパパ用の靴下もいくつも集まったそうです。遠く離れてるけど、「忘れないで思ってるよ」の気持ちを込めて送りましょう。

 ご持参の時は、事前の連絡をお願いします❤
[PR]
by wkikyoko | 2012-12-28 12:19 | 被災地支援「こっこさこ」 | Trackback | Comments(0)
 「くつしたでなかよし」っていうのは、ペアの靴下を用意して、その一組を陸前高田市のおかあさん達に届け、もう1組は自分が身に着けて、慌ただしい日常の中でも、被災地の事を忘れないでいようという活動です。

 今度は冬物の暖かな靴下を届けようと始まった第2回も、いよいよ残すところあと10日を切りました。女性だけでなく、男性は男性との、子ども達は子ども達とのペアも可能です。靴下で北と南のお友達が繋がりますように♪

集まった靴下は、こっこさこのからすちゃんが、直接お届けの予定です。
画像をクリックすると大きくなりますので、詳しくはチラシをお読みください。

f0101679_2049921.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2012-12-21 21:10 | 被災地支援「こっこさこ」 | Trackback | Comments(2)

私達にもできること

飯塚図書館まつり・特別企画講演会
『こっこさこ』
~おしゃべりしてみつけよう!今私にできること~


夏休みに訪れた陸前高田市の様子を、からすちゃんが語ります。
東北への訪問は今年の2月に次いで2回目。

お友達としての視点から、支援を考えあえるといいなって思います。
f0101679_11304432.jpg
【こっこさこ】の活動記録は、ここからどうぞ。

[PR]
by wkikyoko | 2012-10-24 11:38 | 被災地支援「こっこさこ」 | Trackback | Comments(2)
 こっこさこのからすちゃんが、7月下旬から8月上旬にかけて再び岩手県を訪れました。まず盛岡市で活動をした後、陸前高田市では仮設住宅にも泊まったんだそうです。

 盛岡市や陸前高田市で出会った人たちの様子や声。子ども達の様子や声。たった一晩だったけれど仮設住宅で生活して感じたこと。津波にさらわれてしまった街を案内してもらい、その場に立って周りを見渡した時に感じたこと。これから先、どんなふうにしていきたいかと考えたこと。そんなからすちゃんの体験と思いを聞いて、感じることの多い報告会でした。

【大人向】8月24日(金)19:00~『陸前高田市に再び行ってみた』
【小学生向】8月25日(土)11:00~『夏の陸前高田市からあなたへ』

 岩手から帰ってすぐのからすちゃんから電話をもらい、「報告会、今回は大人だけでなく子ども達にも聞いて欲しいけど、難しいかなぁ?」と相談を受けました。「無理に聞かせるんじゃなくって聞きたいと思った子が聞きに来てくれればいいんだから、小学校高学年ならきちんと聞けるんじゃないかしら。聞きたいと思ってる子はいると思うよ」と答えました。

 そうして今日の小学生向きの報告会。小学生じゃないけど、昨夜の大人向きに続きお話を聞きに行きました。小学生4人と大人ふたり。さんさ踊りの曲が静かに流れる中、まず最初に自己紹介をしあいました。「お引越しってしたことある?」「生まれてからずっとここで育ってきたんだね。」「旅行したことは?」「旅行していいなって思った場所ってある?」「ずっとそこに住みたいと思った?」…と何気ない話に故郷ってことを考えたりした後、からすちゃんが長いお手紙を読んでくれました。

 陸前高田市の小学生の男の子が福岡県の子ども達に書いたお手紙の形式をとったからすちゃんの報告書です。からすちゃんが今度の訪問で聞いた被災者の方達の声、ひとりの人の声でなく、たくさんの大人と子どもの体験や言葉をつなげてありました。被災した時の様子や、今の生活の状態、気持ちの移り変わり、これからの希望…男の子の語りかけで、いろんなことを私達に教えてくれました。

 聞いていて大人でも辛くなることの多いお話ですが、ぜひ聞いていただきたいお話です。時間が合いさいすれば小さな集まりでも行って話しますよと、からすちゃん。定期的に報告会を持つのもいいかもしれません。こっこさこの次のイベントも計画中。息の長いお付き合いを続けていきましょう。

 「こっこさこ」は、岩手の土地ことば「ここさこ」(こっちにおいで)をもじった言葉です。岩手では、自分の飲むお茶は「お茶」と言うのに、人に出すお茶には「お茶っこ」と言って、「こ」を付けます。「べこの子っこ」(牛の子)など、子どもにも「こ」を付けます。行ってみて感じたのは、人に優しく、子どもを大切にする岩手の方々の気質でした。陸前高田市は、25000人ほどの市でしたが、亡くなった方が1000人を超える、他にない大きな被害を受け、今日、今、この時を、みなさん、歯を食いしばって耐えておられます。何か私たちにできること。ささやかでもいいから、長く続けていきたいと思い、「こっこさこ」を発足いたします。

~2012年3月・からすちゃんのHPより~

「こっこさこ」の活動が分かるように、カテゴリを独立させました。
また、一連の流れとして、昨年の古本市も「こっこさこ」のカテゴリに入れています。

056.gif お・ま・け 056.gif
からすちゃんが子ども達に読んできた本

めでたしめでたしからはじまる絵本

デイヴィッド ラロシェル / あすなろ書房

パンツのはきかた (幼児絵本シリーズ)

岸田今日子 / 福音館書店

光の旅 かげの旅 (絵本の部屋―しかけ絵本の本棚)

アン・ジョナス / 評論社

おとしものしちゃた

中山 千夏 / 自由国民社


[PR]
by wkikyoko | 2012-08-25 16:51 | 被災地支援「こっこさこ」 | Trackback | Comments(0)

こっこさこ★3日目

今日のお話会は、F本さんの語り「さんまいのおふだ」が圧巻でした。⇒プログラム
f0101679_1925723.jpg

今日は午前と午後にカルタ大会。どちらも盛り上がりましたねぇ~。
午前の部ではI来さんが尻文字でお名前書くことになりました。お上手でした♪
f0101679_1945818.jpg

靴下のご協力も3日間で50足近くになりました。撮影姿も板についてきたからすちゃん。
f0101679_1964354.jpg

3日間を通して協力してくださったN村さんのパンとお菓子。今日の目玉は40cmのロングサイズ!
f0101679_1984296.jpg

カラスちゃんの予想とおりに桜の花もきれいに咲きました。
雨の予報にもかかわらずお天気に恵まれて、うれしい3日間でした。
ご参加してくださった方、気にかけてくださった方、ありがとうございました。

[PR]
by wkikyoko | 2012-03-31 19:15 | 被災地支援「こっこさこ」 | Trackback | Comments(2)

こっこさこ★2日目

今日は午前中、わりとゆっくりあったので、しっかりオズボーンコレクションを堪能。
1979年ほるぷ出版社による復刻版です。バラエティーに富んでいてとても贅沢な本の数々です。
f0101679_215135.jpg
f0101679_21559.jpg

今日のお話会はA子ちゃんと。バックの「雨ニモマケズ」のパネルもA子ちゃん作❤⇒プログラム
f0101679_216292.jpg

これが噂の「明がらす」です。お餅と落雁の中間みたいな食感???
f0101679_219889.jpg

今日のカルタ大会は、始める前にルールを決めて。負けた人の罰ゲームは尻文字だそうです。
f0101679_21102166.jpg

カルタ大会が始まったころから急ににぎわい始めた靴下コーナー。撮影風景。
プレゼントの靴下やメッセージと一緒に、ペアの靴下をはいた自分の写真も同封予定です。
f0101679_2113341.jpg

支援グッズもたくさんお買い上げいただきありがとうございます。
f0101679_21134392.jpg


その他に、パンやお菓子の販売、お茶のコーナーもあります。お隣の桜も咲き始めました。
「こっこさこ」は明日までです。雨が降ってもありますよ。午前中からどうぞ!

[PR]
by wkikyoko | 2012-03-30 21:16 | 被災地支援「こっこさこ」 | Trackback | Comments(2)