あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

カテゴリ:その他の鑑賞( 242 )

 たのげい夏の恒例おばけ屋敷が、今年は田川市美術館で開催中。こわくないよぉ~。ほんとだよぉ~。どろどろどろ~ん。それでも小さい人たちの足は最初すくんでいましたが、だんだんおばけと仲良しになって、あちこちのおばけやしかけを楽しんでいました。協力作家は、そのだ正治さん・鶴岡誠さん・くみはなさん・久冨達也さん・坂本鷹也さん・其田脩さん・田中仁さん(順不同)の7名。どれも個性的です。そして写真は最年少の脩くんの百鬼夜行図。実物はとても大きいです。怖くないおばけ屋敷、すごく可愛いのや・へんてこりんのや・笑っちゃうのや・やっぱりちょっと怖いのや・色々と楽しめます。20日までのうらめしや~。表ではこの日、クリエーターズマーケットやってました♪

f0101679_935429.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-08-05 23:26 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)
福智町にできた新しい図書館・歴史資料館のふくちのちを初訪問。
『ボタ山であそんだころ』原画展~鉛筆から広がる 石川えりこの世界が、絶賛開催中です。

広々とした館内にはショップやカフェがあり、クッキングラボやものづくり体験コーナーもあります。
図書館スペースの書架、いろいろと凝ってて面白い。蔵書はこれから少しずつ増えていくんでしょうね。
f0101679_2354356.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-08-02 23:54 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)

2万年前の画家たち

九博で開催中の「世界遺産ラスコー展・クロマニョン人が見た世界」が面白い。真っ暗な洞窟の中、獣脂を使ったランプに火を灯して描かれた壮大な壁画。立派な角を持つ牛・力強いバイソン・野を駆ける馬、それに山羊・羊・鹿や当時はヨーロッパにも板とされるライオンなど猫科の動物など、そのどれもが躍動感をもっている。それらを描いたのは約2万年前のクロマニョン人だ。

 何のために描かれたのかは諸説あるようだけど、2万年以上も前から芸術的なものが芽生えていたことがすばらしい。生活に必要な道具でさえ、実用一点張りでなくそこに意匠が凝らされている。身を飾ることももちろん。小さな笛まであったということは、音楽の始まりもすでに有ったということかな。
f0101679_038428.jpg
f0101679_0381328.jpg
f0101679_0382191.jpg

今回の展示はピクチャーポイントもあって楽しかった。そして触っていいよって物は、やっぱり触ってみなくちゃね。
f0101679_043216.jpg
f0101679_0432940.jpg
f0101679_0435897.jpg


そんでもって、お昼はまたまたMIDLEへ。今日はランチプレートにしました。スープとご飯と飲み物付きで1100円。
f0101679_0472572.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-08-01 23:58 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)
 イリエトシユキさんの個展へ。衣食住…普段の生活に彩りを加えませんかというコンセプトです。お部屋に花を飾るような気持ちで、1枚の絵を飾ってみる。Tシャツやトートバッグなど普段使いのものに、手描きの絵の贅沢さを楽しむ。そして、食いしん坊画伯のスペシャルたこ焼きも食べられます。たこ焼き!?そう、「イリエトシユキ 2017 初夏展 ~彩りプラス衣食住~」の会場は、たこ道楽さん。たこ焼き屋さんに併設のギャラリーです。

f0101679_0505642.jpg
どんな彩りかは、ギャラリーでお確かめください。今日は、芸術論以外にも話が弾みましたね。

[PR]
by wkikyoko | 2017-06-14 23:57 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)

「鹿」だの「猫」だの♪

5月の末から6月にかけて、面白いことに動物をテーマの催しがあってます。どちらも面白いよ。

「鹿展」~鹿オマージュ作品10人展~
 さまざまなジャンルのアーティストが鹿をモチーフに出展
 会 期 5/28(日)~6/4(日)
 時 間 10:00~17:00(最終日16:00)
 会 場 風の音ギャラリー(さかえ屋本店2F)
f0101679_23174480.jpg

「げんき、猫カフェになる」
 猫づくしな5日間
猫の書籍のみを扱うネット書店『書肆 吾輩堂』の実店舗版
 猫をモチーフにした文具・雑貨・Tシャツなど
 期間限定カフェ・山猫軒での猫的メニュー
 会 期 5/30(火)~6/3(土)
 時 間 11:00~18:30
 会 場 宮ノ上げんき

f0101679_23175535.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-05-31 23:20 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)
ASiacの玄関がこんなことになってます。写真には写ってないけど、お人形も立体の絵も素敵なの♪
f0101679_22495396.jpg

そしてね、これはきっとくみはなさん自身のポートレートなんじゃないかなって思ってます。
f0101679_22523821.jpg
旅する雑貨卸Asiacでの【ハンドメイド多肉展】4月20日〜5月6日(木・金・土)11:00~17:00

        ★☆★ワークショップ★☆★ 
■4/28(金)Asiac ユキヨ  ~私だけの香り作り~ 13:00~14:00(ドリンク付)1500円 限定7人(予約可)
■4/29(土)くみはな&Hand Bar  ~かかしピック作り~ 11:00~17:00(ドリンク付)600円
■5/4(木)陶房Natsu  ~植木鉢や器作り~ 13:00~(ドリンク付)1500円~(大きさによる) 限定数あり(予約可)
■5/6(土)Asiac  多肉植物寄せ植え 11:00~17:00(好きな鉢を選んで500円~)
[PR]
by wkikyoko | 2017-04-27 23:05 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)
f0101679_7464320.jpg
f0101679_7491559.jpg
 あべ弘士さんの原画展が、到津の森公園で開催中。5月末までの会期中、どこかのタイミングで行けたらいいなぁっては思ってたんだけど、意外に早く行けちゃった。

 3月20日は月曜日で祝日で、Nのお誕生日。どこかお出かけしようかって話になって、久しぶりに動物園がいいなって。動物園ならどこでもいいよってことなので、じゃあ到津の森へ行こう!到津遊園が到津の森公園になって初めてじゃないかしら。以前はカバもいましたよね。カバオくんが大きな口開けて餌を食べるのをびっくりしながら見てました。

 そんなわけで、早起きしておにぎり持って動物園にGO!ワクワクです。

 
 あべ弘士さんの原画展「地球はどうぶつでいっぱい」は、管理センターの2階が会場で、「オオカミの森」と「ライオンのよいいちにち」の原画が中心。「オオカミの森」は絵本のラフ?みたいなのもあって興味深く見ました。あと、動物の絵が色々ね。ご存知のように旭山動物園で飼育員をしていたあべ弘士さん。同じく管理センターの2階には、旭山動物園のライブ映像が見られるモニターもあって、ペンギンのヨチヨチ歩きが映し出されてました。

 こじんまりした動物園だけど、人気のゾウやキリン・ライオン・トラ・いろんな種類のおサルや鳥類をはじめ、触れ合える小動物、私たちの暮らしの身近なところにいる小動物など、充実の展示です。動物園の中をうろうろしてるニンゲンもやっぱり動物の一種類で、小さいさん達がワクワクしながら動物見たり触ったり、きゃあきゃあ声をあげたり、ときにぐずったりするのを見るのもすごく楽しい。原画展と動物園の写真はここで見てね。
[PR]
by wkikyoko | 2017-03-20 23:43 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)

沖ノ島に滑り込み

f0101679_14291819.jpg 会期が長いとうっかりしてて結局見逃しってこともあって。あぶない、あぶない!九博の「宗像・沖ノ島と大和朝廷」は今週末まででした。前の日に宗像大社に行って、神湊から大島も眺めやったのだから、行かなくっちゃね。沖ノ島本当に魅力的です。大和との関連も面白い。もう何日もありませんが、特別展のあとは、4階の文化交流展示室のテーマ1と2までを見ることをお勧めします。旧石器時代から大和朝廷の古墳時代までの展示です。スーパーハイビジョンシアターでは、5日まで「神やどる島 宗像 沖ノ島」が上映されています。

 そうそう、シアターといえば、宗像大社のすぐそばにある海の道むなかた館の3Dシアターで見る沖ノ島は凄く興味深いです。ここは入場無料の施設です。ワークショップなんかもやっていて、それは有料なんだけど時間があれば、挑戦したいと思っています。

…、ってことで、九博。年間パスポートを買ってます。凄くお得で全国の国立博物館で使えるのです♪

f0101679_1429477.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-03-02 23:24 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(3)

チョーフの魅力

 下関市立歴史博物館が新しくなったというので、長府にお出かけ。功山寺の斜め前にできた博物館は立派で、専用の駐車場も完備。特別展は、中世から近世にかけて交通の要所である下関で大きな役割を果たした伊藤家と佐甲家にまつわる展示で、興味深いものでした。
f0101679_1275121.jpg

 が、常設展も面白い。古代から終戦時までを網羅しつつ、やはりメインは近世から幕末で、龍馬愛用の食器などがさらりと置いてありました。でもって常設展は写真撮影OKの太っ腹。
f0101679_1371982.jpg

 気になったのは、江戸時代の女流俳人・田上菊舎。女性ながら全国を旅し、俳諧や漢詩やその他諸文芸を捧げたのですって。美しい自筆の本も残っています。あらま、写真に取ったのはキャプションの方でした。調べてみるとゆかりの地には顕彰会もあり、菊舎と彼女の生誕地を紹介する「菊舎の里」サイトもありました。
f0101679_1504669.jpg

 博物館の前にあるお店。もっと狭い道に沿ってあったような気がしてたのですが、博物館のエントランスが広々ととってあるので、通りの雰囲気がちょっと変わったような感じでした。あ、でもこの鬼たちは以前のままね。
f0101679_153539.jpg
f0101679_1542587.jpg

 でもって、やっぱりお楽しみのお昼ご飯は、壇具川のそばにある蛍遊苑に併設された喫茶四季庭で。蛍遊苑は長府製作所の記念館で、入場無料。お庭もきれいだし、つい長居してしまいました。立派なホールもあるの。それほど高くない金額で借りることができます。何か企画したくなりそうに…ってことはないか。
f0101679_23951.jpg
f0101679_232021.jpg

これは長府ボイラーの工場のミニチュア。作業工程を細かく説明してます。最後はダンボールで梱包よ♪
f0101679_254630.jpg

そしてOさん、今日も運転ありがとうございました♪帰りは日も差してきましたね。
f0101679_2183722.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-02-23 23:58 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)

嘉穂劇場のお雛様

今年のテーマは「秘密の花園」だそうで、お花がいっぱい。
マサジさんの作品と一緒に写真を撮れるコーナーも充実してて、ウキウキの嘉穂劇場です。
f0101679_22332334.jpg
f0101679_2231109.jpg
f0101679_22315523.jpg


でもね、もうひとつの注目ポイントは仮花道がわの人形展示。
嘉穂劇場&女将コレクションの逸品が毎年趣向を変えて飾ってあります。
どれもすばらしいのですが、私の今年の注目はこれ。犬山の土人形です。カッコいい!
f0101679_2242502.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-02-16 22:44 | その他の鑑賞 | Trackback | Comments(0)