あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

カテゴリ:大分小学校朝読( 237 )

4年生:
「かえるのあまがさ」 与田準一:作 那須良輔:絵 (福音館書店)
「パンダにあった」 岩合光昭:写真・文 (福音館書店)
「ことばのしっぽ」 読売新聞生活部監修 (中央公論社)


 雨が降って梅雨らしくなりましたねと、上野動物園にパンダの赤ちゃんが生まれましたねと、18日は父の日でしたね、というトピックスにちなんでの選書でした。「ことばのしっぽ」は、読売新聞の生活面に50年もの間掲載されてきた子ども達の詩を集めたものです。昔の子どもも今の子どももお父さんを見る目は優しくてコミカルですね。
[PR]
by wkikyoko | 2017-06-21 16:35 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)

大分小学校朝読 6/7

6年生:
「カエルのおよめさん」 清水たま子:文 武田鎮三郎:絵 (福音館書店)
「だれのかお?」 星川ふろ子:作 (福音館書店)
「月人石」 乾千恵:書 谷川俊太郎:文 川島敏生:写真 (福音館書店)


 「カエルのおよめさん」はメキシコ・ミヘ族の民話です。3人兄弟の末っ子が成功を収めるという、昔話による末子成功譚のひとつです。お嫁さんの代わりに連れてきた蛙が、王様の求めを見事にこなし、最後は人間の娘に変ります。蛙が実は魔法を掛けられていたお姫様…なんて種明かしなどないところが、昔話のよさですね。おまけの2冊は、6年生も喜んでくれました。
[PR]
by wkikyoko | 2017-06-07 16:09 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)

大分小学校朝読 5/31

5年生:
「ものいうほね」 ウィリアム・スタイグ:作 (評論社)
「月人石」 乾千恵:書 谷川俊太郎:文 川島敏生:写真 (福音館書店)

[PR]
by wkikyoko | 2017-05-31 21:34 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)

大分小学校朝読 5/17

4年生:
「ねこのくにのおきゃくさま」 シビル・ウェッタシハンサ:作 (福音館書店)
「だれのかお?」 星川ふろ子:作 (福音館書店)


 おまけの1冊「だれのかお?」はこどものとも年少版ですが、4年生も楽しく一生懸命見てくれました。さすが4年生、観察力ありでしたね。物語のある絵本+おまけの1冊は、読み手にも聞き手にも楽しい組み合わせです。

f0101679_16252849.jpg

そしてまた、新しい朝読仲間が増えました。一緒に頑張りましょうね。

[PR]
by wkikyoko | 2017-05-17 10:50 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
f0101679_1855758.jpg

1年生:
「どれがぼくのおうちになるのかな?」 ロン・マリス:作 (アリス館)
「うえきばちです」 川端誠:作 (BL出版)
「あいうえおにぎり」 ねじめ正一:作 いとうひろし:絵 (偕成社)
手遊び「おてらのはなこさん」
「ピーターのいす」 エズラ・ジャック・キーツ:作 (偕成社) 
「はじめはタマゴ」 ローラ・ヴァッカロ・シーガー:作 (評論社)


 大分小学校の朝読が始まりました。最初は1年生。今年初参加のKさんと一緒にクラスに入りました。火曜日は今まで職員朝会の日でしたが、今年からはなくなったそうで、先生も一緒にいてくださいます。みんなで楽しい朝読の日にしましょうね。朝読仲間、募集中!
[PR]
by wkikyoko | 2017-05-16 18:06 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
f0101679_1611381.jpg

追記:5月31日訂正。新しい仲間が増えました。嬉しいなぁ。でも、まだまだ募集中で~す。

[PR]
by wkikyoko | 2017-05-11 00:35 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
5年生:
「うみさち やまさち」 いまにしすけゆき:文 おおただいはち:絵 (国土社)


 国土社の絵本むかしばなしシリーズは、約50年前に出版されたものです。作家も画家もそうそうたるメンバー。古い本ですが、立派なままなのをたくさん身近なところに持っています。活用しないともったいないなぁということで。
[PR]
by wkikyoko | 2017-02-22 10:11 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
4年生:
「この世でいちばん すばらしい馬」 チェン・ジャンホン:作 (徳間書店)
「ぼくと せかいの どこかの なにか」 むとうだいじろう:作 (扶桑社)


 今日は絵本の「絵」に注目して2冊選んでみました。「この世でいちばん すばらしい馬」は、1200年ほど前に実存した中国の絵師ハン・ガンの絵に構想を得て書かれた物語。作者のチェン・ジャンホンの絵にも迫力と気品があり、絵の中から生きた馬が飛び出してきそうです。読み手にも聞き手にも緊張間がありました。

 もう1冊の「ぼくと せかいの どこかの なにか」は、明るくはじけそうな感じ。僕の行動が世界のどこかで何かに繋がっているのかな…という発想は、すでに他の絵本でも描かれているなって感じたのですが、見開きごとに僕の行動と世界のどこかの絵のタッチが入れ替わりに出てきて、見ていて楽しい絵本です。
[PR]
by wkikyoko | 2017-02-08 10:39 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
2年2組:
「ガブルくんとコウモリオニ」 高谷まちこ:作 (福音館書店)
「しりとりあそび・ちゃいろ」 星川ひろ・星川治雄:作 (福音館書店)


 久々に引っ張り出した「ガブルくんとコウモリオニ」は、こどものとも年中向き1993年1月号です。裏表紙には長女自身の手で名前が書いてあります。絵がしゃれてて、ストーリー展開もおもしろくて好きな絵本でした。2年2組さん達もドキドキしたり笑ったりしながら楽しそうに聞いてくれました。その絵本の茶色が印象的だったので、もう1冊は写真絵本の「ちゃいろ」です。写真ならではのいろんな茶色がしりとりで繋がっています。ただちょっと2年生には難しいところもあったかな。

ガブルくんとコウモリオニ-改訂版-

高谷まちこ / 復刊ドットコム

しゃしんであそぼ3 しりとりあそび「ちゃいろ」 (しゃしんであそぼ 3)

星川 ひろ子 / 小学館


[PR]
by wkikyoko | 2017-01-18 17:39 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
3年生:
「でてきておひさま」 ほりうちみちこ:再話 ほりうちせいいち:絵 (福音館書店)
「いしになりたい」 まきたけいこ:作 (福音館書店)
「きゅうりさんあぶないよ」 スズキコージ:作 (福音館書店)


 「こどものとも」と「かがくのとも」だね…って、3年生に言われました。そうだね、「こどものとも」と「かがくのとも」だね。ついつい手が伸びるのですよ。楽しく聞いてくれてありがとう。3学期も風邪ひかないようにがんばろうね。

f0101679_10185675.jpg
写真は、図書室。季節のコーナーです。
奥のスペースが古い絨毯からふんわり床材に替わってました。気持ちよさそうね。

[PR]
by wkikyoko | 2017-01-11 10:21 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)