あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

カテゴリ:大分小学校朝読( 231 )

5年生:
「うみさち やまさち」 いまにしすけゆき:文 おおただいはち:絵 (国土社)


 国土社の絵本むかしばなしシリーズは、約50年前に出版されたものです。作家も画家もそうそうたるメンバー。古い本ですが、立派なままなのをたくさん身近なところに持っています。活用しないともったいないなぁということで。
[PR]
by wkikyoko | 2017-02-22 10:11 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
4年生:
「この世でいちばん すばらしい馬」 チェン・ジャンホン:作 (徳間書店)
「ぼくと せかいの どこかの なにか」 むとうだいじろう:作 (扶桑社)


 今日は絵本の「絵」に注目して2冊選んでみました。「この世でいちばん すばらしい馬」は、1200年ほど前に実存した中国の絵師ハン・ガンの絵に構想を得て書かれた物語。作者のチェン・ジャンホンの絵にも迫力と気品があり、絵の中から生きた馬が飛び出してきそうです。読み手にも聞き手にも緊張間がありました。

 もう1冊の「ぼくと せかいの どこかの なにか」は、明るくはじけそうな感じ。僕の行動が世界のどこかで何かに繋がっているのかな…という発想は、すでに他の絵本でも描かれているなって感じたのですが、見開きごとに僕の行動と世界のどこかの絵のタッチが入れ替わりに出てきて、見ていて楽しい絵本です。
[PR]
by wkikyoko | 2017-02-08 10:39 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
2年2組:
「ガブルくんとコウモリオニ」 高谷まちこ:作 (福音館書店)
「しりとりあそび・ちゃいろ」 星川ひろ・星川治雄:作 (福音館書店)


 久々に引っ張り出した「ガブルくんとコウモリオニ」は、こどものとも年中向き1993年1月号です。裏表紙には長女自身の手で名前が書いてあります。絵がしゃれてて、ストーリー展開もおもしろくて好きな絵本でした。2年2組さん達もドキドキしたり笑ったりしながら楽しそうに聞いてくれました。その絵本の茶色が印象的だったので、もう1冊は写真絵本の「ちゃいろ」です。写真ならではのいろんな茶色がしりとりで繋がっています。ただちょっと2年生には難しいところもあったかな。

ガブルくんとコウモリオニ-改訂版-

高谷まちこ / 復刊ドットコム

しゃしんであそぼ3 しりとりあそび「ちゃいろ」 (しゃしんであそぼ 3)

星川 ひろ子 / 小学館


[PR]
by wkikyoko | 2017-01-18 17:39 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
3年生:
「でてきておひさま」 ほりうちみちこ:再話 ほりうちせいいち:絵 (福音館書店)
「いしになりたい」 まきたけいこ:作 (福音館書店)
「きゅうりさんあぶないよ」 スズキコージ:作 (福音館書店)


 「こどものとも」と「かがくのとも」だね…って、3年生に言われました。そうだね、「こどものとも」と「かがくのとも」だね。ついつい手が伸びるのですよ。楽しく聞いてくれてありがとう。3学期も風邪ひかないようにがんばろうね。

f0101679_10185675.jpg
写真は、図書室。季節のコーナーです。
奥のスペースが古い絨毯からふんわり床材に替わってました。気持ちよさそうね。

[PR]
by wkikyoko | 2017-01-11 10:21 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
いよいよ朝読仲間、鋭意募集中!よろしくお願いします。

f0101679_1944610.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-01-11 08:00 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
f0101679_1034455.jpg1年生:
「みんなびっくり」 長新太:作 (こぐま社)
「ねずみのほん1 ねずみのいえさがし」 ヘレン・ピアス:作 (童話屋)
「ねずみのほん2 ねずみのともだちさがし」 ヘレン・ピアス:作 (童話屋)
「ねずみのほん3 よかったねねずみさん」 ヘレン・ピアス:作 (童話屋)


 久々の火曜日1年生です。行くと本係さんが、クラスのお友達のために5人で絵本を読んでいました。がんばって読んでたね。しばらく待ってバトンタッチ。

 今日はちょっとへんてこな絵本を準備していました。「ねずみのほん」3冊は繰り返しと積み重ねを楽しみます。最後の3冊目は、「最後だから死んじゃうの?」って心配する子もいたけれど。安心してください、ハッピーエンドですよ。よかったね。
[PR]
by wkikyoko | 2016-11-22 10:10 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
6年生:
「Life」 くすのきしげのり:作 松本春野:絵 (瑞雲舎)
「100」 名久井直子:作 井上佐由紀:写真 (福音館書店)


 町外れにある「Life」というお店は、誰かが働いているわけでもなく、何かを売っているわけでもありません。でもね、たくさんの人がそこを訪れ、誰かが何かを置いていき、そして何かを持って帰ります。伴侶を亡くしたばかりのおばあさんが持ってきた物は、おじいさんが育てた花の種…

 「100」は出来立てほやほや、ちいさなかがくのとも2016年12月号です。いろんなものの「1」と100」を、カラフルな写真で見せてくれます。「あなたのまわりに100はある?」で終わったので、教室を見渡し100を探してみました。6年生23人。机が23台。じゃあ机の脚は…92本かぁ。ちょっと足りないと残念がってたら、教室の前方にあと2台ありました。おおぉぉっ、児童用机の脚が100本!

 先生は絵や写真にも興味を持たれ、「今日の図工のヒントになるね」と喜ばれていました。カラフルな絵を描くことになってたのかな?図工の時間のお役にも立てて嬉しいです。
[PR]
by wkikyoko | 2016-11-16 09:55 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
5年生:
「ねずみのとうさんアナトール」 イブ・タイタス:作 ポール・ガルドン:絵 (童話館出版)


 大分小の朝毒の時間は15分。アナトールの絵本は少し早口で読んで14分。それでも紹介したかったので、机の移動はなしにして読み始めました。誇りを持ち仕事をするとうさんねずみのお話です。愛する妻と可愛い子ども、それに親友もいます。自分の力で勝ち得た誇り。

 みんなの協力のもと、時間内に読み上げることができました。世界地図が教室にかかっていて、お話の舞台「フランスはどこ?」って先生が尋ねました。みんなでフランスと日本とオーストラリアとアメリカを探しました。「アメリカでは今何があってる?」と質問したところ「大統領選挙!」としっかり答えることのできた5年生です。
[PR]
by wkikyoko | 2016-11-09 09:35 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
3年生:
「ねずみじょうど」 瀬田貞二:作 丸木位里:絵 (福音館書店)
「かにのニカ」 野坂勇:作 (福音館書店)


 予定が変わっての3年生でしたので、先生がうっかりしてプリントを始めようとしてるところでした。でも、先生はじめ3年生のみんなに歓迎してもらっての朝読。1年生の教室でも2日続けて登場のF市さんに歓声が上がってました。大分小のみんな、ありがとうございます。

 さて、「ねずみじょうど」です。浄土って言葉わかるかなぁと思っていましたが、「人が死んだときに行くところ」と答えた子がいました。極楽とか天国とか、楽園って感じかしらね。題名を聞いたときは「?」ってお顔でしたが、そうそうみんなのよく知ってるおはなしですよ。いろんなバージョンがありますね。「おむすびころりん」が一番身近だったようです。「かにのニカ」は、最後のページで「ええ~っ!」と叫ぶ子が何人もいて、面白かったね。

 朝読が終わったら図書室でミーティング。先生が選んだ本を読んで、自分も6年生もちょっと泣いちゃったという本を、T内さんに読んでもらいました。6年生は自分に向き合う時期ですものね。

6年生:
「ひとりひとりのやさしさ」 ジャクリーン・ウッドソン:作 E.B.ルイス:絵 (BL出版)
「ひとりぼっち?」 フィリップ・ヴェヒター (徳間書店)

[PR]
by wkikyoko | 2016-11-02 10:31 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)
4年生:
「オオカミのごちそう」 木村裕一:作 田島征三:絵 (偕成社)
「ヤマネコ毛布」 山福朱実:作 (復刊ドットコム)

[PR]
by wkikyoko | 2016-10-19 16:36 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)