あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

2017年 07月 31日 ( 2 )

 2014年春からNHK総合で放送が始まったダウントン・アビーも、この7月までに全6シーズンが放送されて終了しました。19世紀初頭のイギリス。ヨークシャーにある架空のカントリー・ハウス、ダウントン・アビーが舞台です。エドワード朝時代から続くグランサム伯爵のクローリー家の人々と、そこで働く使用人達の人間模様が歴史的背景の下に描かれています。

 物語の始まりは1912年。タイタニック号の沈没で、クローリー家の長女メアリーの婚約者が亡くなった。当時、相続権は男性のみにあり、メアリーは伯爵の相続権を持つ親戚と結婚するしかなかったのだ。婚約者の死により、次の相続人として中産階級のマシューがやってくる…という展開でシーズン1が始まり、第1次戦争が始まり、マシューを始め、使用人からも戦いに行くものが何人もあった。戦争の悲惨さと戦後の混乱。アイルランド独立戦争、社会主義の芽生え、時代と共に貴族の生活も変わらざるを得ず、社会の変化を受けいれようとする者や古きよき時代を守ろうとする者の対立や葛藤があり、様々な愛憎もある。

 第7代当主の伯爵夫妻・3人の娘達・先代伯爵夫人をはじめとする上の階の人達と、下の階で働く多くの使用人達。そのどちらにもそれぞれにドラマがあり、かなりはまって観ていました。何人もの人たちが物語の途中で死に、またダウントン・アビーから離れていった人もありましたが、物語の最後は1925年。お屋敷に関係のある人達はそれぞれに居場所を見つけ幸せをつかむ形で終わりました。でも、私達は知っています。幸せな形で終わった物語ですが、その後に世界恐慌と第2次世界大戦がやってくることを。それがちょっとせつないのです。
[PR]
by wkikyoko | 2017-07-31 23:59 | その他鑑賞(映画等) | Trackback | Comments(3)

お仕事お疲れ様でした。

 7月31日で長年のサラリーマン生活にピリオドを打ったHです。もうずいぶん前から仕事辞めた後のことを楽しみにしていたのに、最近になって腰痛が酷いらしいです。長距離運転・単身赴任・長期海外出張、それに転職もありましたからね。実は先週の木曜日が最後の出勤で、その夜は楽しい送別会もあったのですが、「月末まで籍はあります」とのことで、万が一のことがないよう、今日は私が運転してお昼を食べに行きましたとさ。何はともあれ、長い間ありがとうございました。明日から、私の生活はどう変るのでしょう?えっ、私?そう私のです。「僕のことは気にしないでいいよ」って、言ってもらってはいるんですけど…

f0101679_0121588.jpg
f0101679_0153975.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-07-31 23:58 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)