あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

2017年 06月 07日 ( 2 )

地元情報(生目神社)

祈願の歌が間違っていたと改めて工法が来ました。こちらでどうぞよろしくお願いします。6月20日に訂正しました。

かげ清く 照らす生目の 水かがみ 末の世までも かもらざりけり

f0101679_1915834.jpg

 月に2回来る回覧板には、市からの情報だけでなく地元自治会発のお知らせ等があって、なかなか面白い。今回の注目は、大分八幡宮にある末社のひとつ。そうなんだ、知らなかったなぁってことを、教えてもらえるのです。眼病祈願の際には、以下の言葉を3回唱えるとのこと。

かげ清く 照らす生目の 水かがみ 世の末までも かもらざりけり

f0101679_22271939.jpg

[PR]
by wkikyoko | 2017-06-07 22:33 | 日々の事など | Trackback | Comments(0)

大分小学校朝読 6/7

6年生:
「カエルのおよめさん」 清水たま子:文 武田鎮三郎:絵 (福音館書店)
「だれのかお?」 星川ふろ子:作 (福音館書店)
「月人石」 乾千恵:書 谷川俊太郎:文 川島敏生:写真 (福音館書店)


 「カエルのおよめさん」はメキシコ・ミヘ族の民話です。3人兄弟の末っ子が成功を収めるという、昔話による末子成功譚のひとつです。お嫁さんの代わりに連れてきた蛙が、王様の求めを見事にこなし、最後は人間の娘に変ります。蛙が実は魔法を掛けられていたお姫様…なんて種明かしなどないところが、昔話のよさですね。おまけの2冊は、6年生も喜んでくれました。
[PR]
by wkikyoko | 2017-06-07 16:09 | 大分小学校朝読 | Trackback | Comments(0)