あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

飯塚市地域福祉&ボランティア入門講座

『飯塚市地域福祉&ボランティア入門講座』
~わたしたちの活動を知って、見てください!~
主催:社団法人 福岡県地域福祉財団・社会福祉法人 飯塚市社会福祉協議会
日時:1月27日9:30~15:00  場所:飯塚市穂波福祉総合センター

09:30 開会式
10:00 分科会(分野別活動発表・実践交流)
       ①高齢者分野「高齢者の介護について」
       ②児童分野「聞いてみよう、やってみよう~やってみなきゃおもしろくない~」
       ③障がい者分野「ボランティア活動について一緒に語り合いませんか!」
       ④環境分野「環境にやさしい、家計にやさしい、ひとにやさしい」
       ⑤災害分野「家庭でできる地震対策~それから~」
12:00 昼食・休憩・ボランティア団体活動PR
13:00 全体会
       ①分科会報告 & ②総括講演
        山下恭平さん「ボランティアって、福祉の防人だ」
15:00 閉会式

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

児童分野「聞いてみよう、やってみよう~やってみなきゃおもしろくない~」
基調講演:伊藤恵美香さん「えがおにさそわれて!」
 嘉穂布の絵本の会の伊藤さんは、穏やかで優しくユーモアもある素敵なおばあちゃまです。布の絵本を作る講座に参加して、1冊の布絵本を完成させたことがきっかけで、子ども達の前でお話をしたり絵本を読んだりする活動を始めて、もう10数年だそうです。その間仲間の輪を広げながら活動を続けてきたこと、ボランティアに行った先での子どもやお年寄りや障害者の人たちとの交流を通して、エネルギーを貰ったり感動したりしていますとお話をされた後、小さなお話会をひとつプレゼントしてくださいました。

実践活動:福っ子「お手玉遊びとお手玉作り」
 お手玉ひとつで本当にたくさんの遊びが広がります。片手で投げて両手で取ることから始めて、いろんな遊び方をわらべうたと一緒に楽しみました。「だんだん上手くなっていくのがうれしい!失敗しても笑っちゃう!いつもはうつむく姿勢が多いけど、お手玉で遊ぶときは胸を張って少し上を見て、その姿勢もとってもいいよ。」と福っ子の井上さん。家でも遊べるようにとお手玉5個分の材料もそろえてあって、作り方のポイントも教えてもらいました。丁寧な手作りキットは福っ子のメンバーがこの日のために時間をかけて準備してくださったものです。
f0101679_853471.jpg
f0101679_855295.jpg
f0101679_86724.jpg


総括講演:山下恭平さん「ボランティアって、福祉の防人だ」
 大学の講師、福祉サービス会社の経営者、それにミュージシャン。自らが車椅子ユーザーの山下さんのお話はかなり刺激的でした。

 ボランティアにプロとアマチュアの差はない。むしろプロよりも一歩先を走り、プロをリードしていくのがボランティアだ。先駆的であれ、クリエイティブであれ。ボランティアの先駆的な活動が社会全体に波及し、制度化していったものが福祉の分野ではたくさんある。自身を持って仲間を広げていって欲しい。

 ただし、ボランティアを受けた人に喜ばれてこそボランティア。パターナリズム(温情主義)は、ボランティアの動機付けにはなるが、「優しさ」で相手の人権を踏みにじることのないように。ボランティアはうけてなんぼ。ボランティアを受けた方がありがたがってる振りをせざるを得ないようなボランティアならしないほうがまし。ボランティアは決してナルシストになるべからず。
[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/7358532
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wkikyoko | 2008-01-27 23:50 | その他の活動 | Trackback | Comments(0)