あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

筑豊文化体験子ども教室④ 9/8

―教室パート1― わらべうたあそび

聴いていると穏やかな気持ちになれるわらべうた。
たくさんのわらべうたを一緒に歌って遊びましょう。  講師は大屋省子さんです。


 お手玉遊び、小さい人達もとっても上手になりました。真剣な顔で「いちれつらんぱん」の歌を歌いながら、2個のお手玉をしっかり見て上手に繰っています。
f0101679_1992441.jpg

 今回新しく教えてもらったのは「いっせんどうかはおもたいな」という歌。
 ♪いっせんどうかは おもたいな てくてくくらべの おおげさよ きゅーうとん♪
 二人一組で楽しむ門くぐりの遊びです。「かごめかごめ」に似てるかな。鬼の二人が手を繋ぎ上に上げて門を作ります。残りの二人組も手を繋ぎ、一列になってになって歌いながら門をくぐります。歌の終り「きゅ~う・とん」で門を作っている鬼が、手を繋いで通る二人組の間をさえぎるように手を下ろします。ペアの間に手を下ろされた二人組も門になります。どんどん門が増えていくので、残った二人組は間をさえぎられないようにドキドキです。でも、途中でスピードを変えたり止まったりしないで歌に合わせて歩こうね。
f0101679_19135721.jpg


 「くまさんくまさん」の大縄跳びも、一人ずつ跳ぶのは大分上手になりました。今日は何人も一緒に跳ぶのに挑戦。でもそれが難しいのです。縄の係もやっぱり難しいのだけど、やりたい子が多くって順番で回しました。跳ぶのも回すのもみんな一所懸命頑張りました。
f0101679_19101686.jpg
f0101679_19102947.jpg
f0101679_19104274.jpg

 残念ながら、ここでデジカメのバッテリー切れです。この後、前回と同様に「ことしのぼたん」「こきりこ節」を楽しみました。写真・動画はありませんが、「こきりこ節」は二重唱にも挑戦しました。別のメロディーを聴きながら自分のパートを歌うだけでなく、こきりこにも注意を向けなければならないので、これには大変な集中力が必要です。でも、少しずつ形になってきています。

筑豊文化体験子ども教室

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/6303692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wkikyoko | 2007-09-08 19:47 | わいわいキッズ(活動) | Trackback | Comments(0)