あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

ちくほ図書館お話会スペシャル 7/25

手遊び「ズンズンチャッチャ」
絵本「かぼちゃばたけ」 片山令子:作 土橋とし子:絵 (福音館書店)
紙芝居「かっぱのすもう」 渋谷勲:脚本 梅田俊作:画 (童心社)
絵本「おばけがぞろぞろ」 ささきまき:作 (福音館書店)
絵本「おばけでんしゃ」 内田麟太郎:作 西村繁男:絵  (童心社)
パネルシアター「1丁目のおばけ」
絵本「ねぎぼうずのあさたろう」  飯野和好:作 (福音館書店)


 夏休みのお話会スペシャルとして、紙芝居やパネルシアターなど盛りだくさんのプログラムとなりました。テーマは日本の夏!

 まずは海の魚(①いわし・②にしん・③さんま・④しゃけ・⑤くじら!の開きが潮噴いて‥)の手遊びでオープニング。「かぼちゃばたけ」はこどものとも年少版1991年7月号です。独特の絵とリズム感あふれるキストがお気に入り。 (手遊び:F市・H//絵本:H)

 かぼちゃの絵本を読んだ後に「夏のお野菜、どんなものがある?」と問いかけると、いろんなお野菜の名前を挙げてくれました。で、きゅうりが好きなかっぱの紙芝居。 (紙芝居:A)

 かっぱも妖怪の一種なので、それに関連しておばけの絵本に移行。声を落として怖い雰囲気で子ども達に話しかけて「怖かったらみんなくっついて聞いていいよ。」と言うと、みんな本当にぎゅうぎゅうにくっついて。でもそのわりには2冊の絵本とパネルシアターは楽しいものでしたが、この辺りから子ども達ぐいぐいお話の世界に入り込んで、少しづつ少しづつ前に身を乗り出してきます。 (パネルシアター:F市//絵本:F中)

 最後にスペシャルな楽しみ。三線を入れた浪曲風語りでの「ねぎぼうずのあさたろう」です。今回初お披露目。これにはおばあちゃん達も大喜び。「ちょうど時間となりました。」でお話会を〆ました。 (三線&絵本:A子)
f0101679_23591919.jpg

 お話会終了後にFさんが、かぼちゃのお菓子を差し入れてくださいました。おやつまでテーマに沿ったものでした。かぼちゃの乱切りに砂糖とバターを加え牛乳で煮込んだものだとか。かぼちゃの形はそのままに優しい甘さを楽しんでお話会のまとめをして解散です。
[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/5970747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wkikyoko | 2007-07-25 13:39 | お話会・朗読会 | Trackback | Comments(0)