あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

人形劇一筋60有余年!

この記事は11月24日まで上に来るようにしています。

西川さんの人形劇をぜひご覧いただきたい。
残席あとわずかとなりました。観覧ご希望の方は早めに連絡ください。
f0101679_093826.jpg
人形劇団おひとり座「ばあさんの一人語り」
   と き  2017年11月24日(金)19:00~
   ところ  山田家小ホール「いおり」飯塚市秋松560-4
   参加費 おとな2000円・こども(小1~18歳)1000円

「毎年このころ」 のできたわけ  「毎年このころ」と題して、京都の人形劇師、おひとり座の西川さんをお呼びして、毎年いおりで人形劇公演をし、10年達成したのがちょうど10年前。

 それは、そのまた10年前に足の付け根の悪性腫瘍が見つかった西川さんが「腫瘍を全部摘出すると、もう足が曲がらなくなって人形劇ができなくなるから、病巣を残して手術した。だから僕の10年後の生存率3割なんだ」と私につぶやいたことが発端だった。その場で私は「じゃぁ、毎年いおりで西川さんの人形劇をしましょう!そして一緒に10年後を迎えましょう!」と叫んでいた。

 そして、10年上演を続け、11年目には「今年も このころ」12年目は「やっぱり このころ」と続けていた。それが、ひょんなことから久しぶりにいおり公演となり、記録を辿ったら「10年目達成から10年!」という記念すべき年だったというわけ! 見逃せない!!

 80歳を超えた人形劇の名人芸が、いおりにやってくる!    いおり家主 山田眞理子
[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/28653518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wkikyoko | 2017-11-24 19:00 | その他鑑賞(舞台等) | Trackback | Comments(0)