あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

雲梯

うんてい【雲梯】 もとは雲にとどくほどの長いはしごの意味で,城攻めの道具であった。《墨子》には公輸般が製したと見えるが,朝鮮や日本でも用いられた。現在は,子どもたちが懸垂運動をするための体育・遊戯施設をいい,金属パイプ製のはしごを横にし,その両端を支柱で固定したもので,水平型,山型,太鼓橋型など各種ある。両手でぶら下がり,体を振動させながら手を握りかえて移動していくのが普通の使い方であるが,その上を四つんばいになったり立ったりして歩いて渡っていく使い方もある。 【世界大百科事典 第2版/出典は株式会社日立ソリューションズ・クリエイト】

f0101679_11362570.jpg
事務室の横の在田桜がきれいです。他の木も次々に咲き始めています。遊びに来てた女の子、うんてい上手でした。

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/27695980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gaya-san at 2017-04-04 19:24
そんな字を書くんだったんですね。うんてい、苦手でした~~~。
Commented by wkikyoko at 2017-04-05 07:37
gaya-sanさん♪
「くものはしご」って絵本か詩になりそうな名前ですよね。
う~ん、私も雲梯・鉄棒は苦手でした。
by wkikyoko | 2017-04-04 12:17 | つどいの広場いいづか | Trackback | Comments(2)