あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

ファシリテーション

 田坂逸朗さんを講師に迎えてのファシリテーション講座。記録をたどってみると、福岡大学理学部平松先生つながりの理科読のためのこの講座、ちょうど4年ぶりの第2回目です。


 今回はファシリテーションの一般論として「ワークショップ」と「ファシリテーション」のお話から。生徒や学生を前にひとりの教師がひたすらしゃべりながら授業を続ける様子を「まるでファクトリー教育だ」と批判し、「もうひとつの前の時代のワークショップ(家内制手工業)に戻ろう」と提唱したのはシカゴ大のデューイ。受身ではなく自ら動くことで学びを得ることの大切さを訴えたのが、今から100年以上も前のことだなんて。そして、そのワークショップをワークショップとしてならしめるための案内役がファシリテーターでありその手法がファシリテーション…かな?

 という訳で、グループワークをいろいろやりながら、ファシリテーションの基本のところを体験し振り返り、自分の言葉で語ってみようと努力している所です。

f0101679_5351182.jpg
f0101679_8545357.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/27643423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ういろう at 2017-03-17 04:54 x
以前田坂さんが司会をされた“かすや未来カフェ”に私も2回参加しました。シンポジウムの会場のしつらえが面白かったです。津屋崎ブランチの山口さんが進行されたのも楽しい経験になりました。↑
Commented by wkikyoko at 2017-03-17 09:41
ういろうさん、そうなのね。
図書館で次やるときは実際に議題を設定してやってみると面白いだろうと思ってます。
by wkikyoko | 2017-03-15 23:30 | 図書V(交流・学習etc) | Trackback | Comments(2)