あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

ふしぎなげんきの文化祭

f0101679_811446.jpg 先週水曜日からの1週間は、げんきの文化祭でした。発起人は志免町の変わりびとGao3さんで、1週間を通しての展示はGaoさんの写真&小説らしきものとかたつむり工房・入部さんの変り種陶芸作品。最終日の今夜は、旅する編集長・梅木さんの釜炊き飯の販売と創作わらべうたの深水郁さん&発起人のライブでした。

 ライブ会場はげんきの屋根裏で、20人も入れば後方は階段あたりの立ち見になっちゃうくらい。演者と客席の最前列はもうくっつかんばかりの距離感。そんな中での深水さんの歌声、圧巻でした。ほとんどおしゃべりすることなく曲をどんどんつないでいく形でしたが、深水さんが歌うとその周りに映像がくっきりと浮かび上がってくる感じ。ゆるい感じの線描きの絵がぽこぽこっと出てきて、それが動き出したりどんどん色が着いてったり。ピアノだけの曲のときは、青い空の下に広がる深い森や場所によって表情を豊かに変える川の流れが浮かんできます。何だかもう夢見心地。

 Gaoさんの歌はとっても懐かしい。そうね、70年代に青春時代をすごした人に共通する懐かしさを感じました。私はどちらかと言うと歌詞に聞き入るほうで、とても楽しく聞きました。二人そろってのアンコール曲「三郡山サイダーの歌」もよかったですね。久しぶりに聞いたけど、すごくよかった。三郡山サイダー飲みたくなりました。そんでもって、ライブ終了後に炊き立ての釜炊き飯を卵かけご飯で食べて帰りましたとさ。

f0101679_846288.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/26138608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wkikyoko | 2016-09-28 23:47 | その他鑑賞(舞台等) | Trackback | Comments(0)