あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

河伯洞

f0101679_2244155.jpg 第10回第10回古民家×ビブリオバトルの会場となった河伯洞は作家火野葦平の旧居です。彼の父親である玉井金五郎が出兵中の息子のためにと葦平の印税で建てたものです。昭和15年、普通に家を建てるのに1000円あればという時代に11000円をかけて建てられたそうです。天井も高く欄間なども凝った造りです。葦平は昭和35年1月に亡くなるまでのほとんどをこの河伯洞で過ごし、多くの友人や文学仲間を招いた新年宴会を開くなど九州の文化人の交流の場としていました。

 建物自体も素晴らしいのですが、葦平の書斎をはじめ1階の部屋にもたくさんの本が本棚に入りきれないほどで、膨大な書籍の数々に圧倒されました。そしていたるところに河童の像や絵などがありました。若松駅の近くには火野葦平資料館があり、主な資料はそちらの方に移されているそうですが、それでもまだこんなに色々とのこっているものなのですね。河伯洞は現在、北九州市に寄贈されていて市の文化財となっています。館長は葦平の三男の史太郎氏で、興味深いお話を伺うことができました。

お庭から見たところ。
f0101679_22355585.jpg

2階にある書斎です。この手前のお部屋にも背の高い本棚が壁一面にあります。
f0101679_22361589.jpg

見にくいと思うけど欄間に河童・カッパ・かっぱ!本もたくさん!
f0101679_2236261.jpg

河童の欄間を裏から見たところです。家紋が彫り出してありました。
f0101679_2236387.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/23740177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wkikyoko | 2015-03-01 23:51 | 行事・お出かけ | Trackback | Comments(0)