あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

大屋省子さんに学ぶわらべうた⑥

f0101679_20541343.jpg
 福岡県地域福祉財団の助成を受けての「大屋省子さんに学ぶわらべうた」も今回で最終回となりました。今日教えていただいたのは、お正月・節分・雛祭りにちなんだわらべうたです。

 あ、その前に私のリクエストで、わらべうたとタッチケアのコラボレーションでの親子の触れ合いを。先月のぷろほの集中講座で教えていただいたものがとてもよくて、あそびっこの講座でも教えてくださいとお願いしました。わらべうたを歌いながら、赤ちゃんを優しくタッチします。3歳くらいになったら、やってもらった子達がお返しにママにしてくれるかも。大人同士でも気持ちと身体がほぐれます。力を入れるわけではないのに触ってもらったところがポカポカしてとてもいい気持ちです。今日は「このこどこのこ」に合わせたタッチを教えていただきました。

f0101679_20423815.jpg さて、お正月といえばお餅ですよね。お餅つきのわらべうたを二つ歌いました。「ぺったらぺったん」「てんやのおもち」です。

   ぺったらぺったん もちつけもちつけ
   ぺったらぺったん もちつけもちつけ
   もちつけた


 お手玉をお餅に見立てて左手の掌に載せて右手の指で餅つきをします。つきあがったら神棚にあげたり、戸棚に仕舞ったり、お隣さんへおすそ分けしたりして遊びを広げます。みんなで輪になってお手玉を送るのもやってみました。おまけで「あんたがたどこさ」でもお手玉送りをしました。右手で回すのは簡単にできるのですが、逆で回すのはちょっと難しいです。

   てんやのおもち やぁらかいおもち
   あんこ ちょいとふんで しかられた


 歌詞もリズムもとってもユーモラスです。お手玉は使わずに両手を臼と杵に見立ててリズムをとって遊びました。

 はい、2月は節分です。節分といえば鬼と豆です。「オニサノ ルスニ マメイッテ ガラガラ」という愉快なわらべうたでいくつものしぐさ遊びを楽しみました。「オニサノ ルスニ マメイッテ…」で少しずつ近づいていって、思いっきり体を揺すりながら「…ガラガラ」と子どもの目の前でやってあげます。向かい合って手を繋いで、やはり最初はゆっくり振りながら、最後に大きくゆすってあげると子ども達大喜び。3枚連続の写真はその時の様子です。

 立ち上がっての遊びは、ふたりで手を繋いでお鍋の役。中に豆の役を入れて揺すってあげます。豆役は上手に動いて炒られてね。または大勢で手を繋いで大きなお鍋を作ってその中に入った豆役達がいろんな動きで炒られます。大豆を炒るってことがなかなかないのでイメージしにくいかもしれないけど、元気に動いたりおしりフリフリしたりで、みんな大笑いしました。

 そして3月、お雛様。優しいメロディーの「ひなさまこさま」を大屋さんに歌っていただきました。お手玉の小さなお雛様を持って。参加した子ども達に順番に渡して目の前で歌われました。何度も何度も。子ども達静かに聞いています。柔らかなお手玉のお雛様をそっとそっと持ってます。小っちゃい人もちゃんと順番待てました。

 その後、大人達だけで沖縄のわらべうた「なみなみわんちゃくり」を教えてもらって遊びました。わらべうたの講座は、子ども達の様子を見ながら一緒に遊ぶのも楽しいし、大人だけでも楽しく遊ぶことができます。童心にかえって遊べます。初めて聞くうたも懐かしく感じられてすぐに大好きになってしまいます。親から子へ子から孫へ、これからも脈々と受け継がれることを願っています。身近なところからわらべうたを伝えていけたらいいなと思います。

 大屋さん、2年間にわたる連続講座をありがとうございました。講座に協力してくれたわいわいキッズ「どろんこクラブ」のみんなもありがとうございました。また一緒に遊ぼうね。

f0101679_21425845.jpg
f0101679_20391471.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/23580803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wkikyoko | 2015-01-21 21:44 | あそびっこ | Trackback | Comments(0)