あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

こっこさこ、つづきのつづき

 東日本大震災から3年半。飯塚図書館の図書館まつり特別企画として行っている陸前高田の報告会も今年で3回目です。今年の報告はNPO法人サニークラウズの中田早苗さんと石田陽介さん。心理療法士やアートセラピストであるおふたりが、子育て支援の支援者の方達に会いに陸前高田市へ行かれたのは今年の7月。おふたりの目を通して感じられた当地の様子をお話くださいました。

 陸前高田市の復興計画は、これから先に前回と同じ規模の震災と津波が来ても大丈夫なように、海岸沿いに防潮堤を作り、周囲の山を削って市街地全体を10メートルかさ上げしてそこに町を作るというものです。復興のための工事が休むことなく続けられていて、広大な土地のかさ上げに必要な土砂を効率よく運ぶためのベルトコンベアが「希望のかけ橋」という名前で市街地をぐるりと取り囲むように動いているそうです。住民の方達は復興に希望を持ちつつも、故郷の形が変わってしまうことの寂しさや将来への展望に対する不安も同時に持ちながら暮らしてらっしゃいます。こっこさこがずっと応援している子育て支援の施設も仮設の商店街にあり、そこは5年間の期限付きでの契約。その後どこにどんな形で移転するのか、本当に移転できるのか心を悩ませておられることでしょう。

 時間の経過と物理的な距離の大きさから、ついつい忘れがちになりそうな3.11ですが、他人事としてしまうことはできません。心を寄せ続けること、それからほんの少しでもできることを続けて行きたいと思います。

f0101679_033016.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/23184191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wkikyoko | 2014-10-26 23:57 | 被災地支援「こっこさこ」 | Trackback | Comments(0)