あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

あわあわ~

立派なアワフキムシの巣を見つけました。巣の中にいるのはアワフキムシさんの幼虫です。
木や草の汁を吸って、おしっこをして、おしっこと空気を混ぜ合わせて作った自家製石鹸の巣だそうです。
f0101679_21145620.jpg
056.gif  色々面白アワフキムシ情報  056.gif
自然のおもしろクイズ・アワフキムシの巻
アワフキムシの泡の原理で未来のお風呂を作る研究


[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/22302040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yasu at 2014-06-16 21:28 x
そうでしたか、この泡の中には幼虫が住んでいるのですね。
それは知りませんでした。
成虫の巣かと思っていました。。。

ふむふむ、自然から学ぶことっていろいろあるのですね。。。
研究会の記事を読んで思いました。(^_^)

子供の頃に学校の裏庭でこの泡の塊を見つけたことがありました。
誰かがアワフキムシが中にいるんだと教えてくれました。
雨が降ったら溶けちゃうのではないか、と思っていたらそんなことはなくて、意外に丈夫なのだなと感心した覚えがあります。

ラピュタファームというところのそばで見つけたのでしょうか。
それにしても気持ちのいい場所ですね。
迷子になるほどの秘境なのですか。
ここすごくいいなぁ。(^_^)

ところでイトトンボって子供の頃はどこでも見れたのですが、この頃見ないなぁと、いま急に思い出しました。
Commented by wkikyoko at 2014-06-17 09:20
yasuさん
私はアワフキムシのこと知らないときは、
誰か(人か動物か)が、ぺっ!って唾吐いたんだろうか
汚いなぁ~なんて思ってました。びっくりです。
研究会の記事はいろいろ面白いでしょう~。

この写真はラピュタからもう少し行ったところ。
英彦山の参道近くで見つけました。

ラピュタは丘みたいなところにあって。
周りは農地だったり、ちょっと荒地だったりで、
農道みたいな細い道がいくつもあって、どこからでも行けるみたい。
だけどそれが難しかったのです。標識頼りで行きました。

イトトンボといえば、ちょうどこの季節。
紫陽花とペアで思い出します。水辺が好きなのかな。
そういえば見かけること少なくなりましたね。
by wkikyoko | 2014-06-14 21:27 | 日々の事など | Trackback | Comments(2)