あそびをせんとや ~あそびっこ~

wkikyoko.exblog.jp

本を読んだり、舞台を観たり、後は何をしようかな?実は虫好き。変なもの好き。

ブログトップ

大屋省子さんに学ぶわらべうた②

 福岡県地域福祉財団の助成を受けての「大屋省子さんに学ぶわらべうた」第2回目です。今回は、秋から冬にかけてのわらべうたを教えていただきます。「1・子ども達への実践」「2・実践に対する解説」、休憩を挟み「3・大人対象の遊びと理論」というプログラムでした。

 季節にぴったり、お月様の歌からの始まりです。大屋さんの素敵な歌声にうっとりしました。
おつきさま えらいの かがみのように なったり くしのように なったり
はる なつ あき ふゆ にほんじゅうを てらす
 その後、顔あそびの「ハナチャン」と、しぐさの「オモヤノモチツキ」をしました。ひとりひとりの子どもに向けて、大屋さんがそれぞれの遊びをしていきます。子どもがリラックスして繰り返しを望んでいる時は、何度も繰り返してなさいます。お顔を触られたくないというそぶりをする子には手や足やちょっと違う場所に優しく触れながら。あまり調子が出ない子には無理強いはせず、次の子へ移動されたりもします。

 目の前のひとりの子にしっかりと集中すること。子どもの発するサインをきちんと受け止めること。

 大屋さんがいつもおっしゃっていることです。大屋さんの事が大好きで、遊んでもらうのをとても楽しんでいる子、今日は体調が今一つで気分がのってない子、初めての参加で緊張してる子、大きくなってちょっとだけ恥ずかしいなって気持ちを持ってる子…今日もいろんな子がいてました。だんだん楽しくなってきて、ぐいぐい自分から近づいていく子もいました。そんな子ども達のサインを見逃さないこと。
f0101679_2016117.jpg
f0101679_2016203.jpg
f0101679_20161855.jpg
f0101679_20163778.jpg

 休憩の後は、大人だけで「どんぐりころちゃん」と「おおさむこさむ」を習いました。「どんぐりころちゃん」はしぐさ、最後にじゃんけんをします。2重の円でじゃんけんのあと相手を変えながら続けます。じゃんけんは本当に盛り上がりますね。「おおさむこさむ」は宮城のわらべうた。問いかけと応えの形になっています。円になって動いたり、向かい合わせの2列で動いて遊びました。
おおさむ こさむ やまから こぞうが とんできた
なんといって とんできた さむいといって とんできた
サムイゴッダラ アダレ アダレバ イダイ イダケリャ イタチノ クソツケロ

[PR]
トラックバックURL : http://wkikyoko.exblog.jp/tb/20416171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by wkikyoko | 2013-09-18 20:27 | あそびっこ | Trackback | Comments(0)